CSR活動の取り組み

企業の社会的責任を果たすためにLINE株式会社が推進する、
より良いコミュニケーションと地域貢献に向けた活動を紹介します。

  • より良いコミュニケーション
    のために
    インターネットにおけるコミュニケーションの課題と向き合いながら、青少年を中心とした教育活動やサービスの機能改善に取り組んでいます。
    詳細を見る
  • 地域社会とともに
    より安全で、コミュニケーションと活気にあふれた地域社会を実現するための活動に取り組んでいます。
    詳細を見る

より良いコミュニケーションのために

全国の学校や自治体と連携しながら。またユーザーの皆さまの意見に耳を傾けながら。
「LINE」をより身近なコミュニケーションツールとして、より安心してご利用頂くための活動を展開しています。

リテラシー教育

講演

全国の学校や自治体からの申し込みを受け付けて、青少年の健全なインターネット利用を啓発する講演活動を行っています。専門の講師を派遣し、子どもたちにはインターネットやSNSにおけるコミュニケーションの特徴や利用時の注意点を、保護者・教職員の皆さまには子どもたちをトラブルから守るためのポイントを伝えています。

詳細を見る
教材開発

「インターネット上でのコミュニケーション」と「対面のコミュニケーション」の違いを子どもたちに学んでもらうための教材を開発しています。子どもたちにネットの特性や問題点を理解し、トラブルが起きた場合の対応を自ら考えてもらうことを目的としたカード教材やマンガ教材を専門家とともに作成し、どなたでもご利用いただけるよう、弊社ウェブサイト(https://linecorp.com/ja/safety)で無料公開しています。

詳細を見る
調査研究

情報モラル・情報リテラシーの啓発活動の強化やネットトラブル防止を目的に、自治体や専門家と協力しながら、青少年のネット利用についての調査研究を行っています。

詳細を見る

いじめ相談

自治体の実施するいじめ相談は、これまでは電話やメール、対面で受け付けるものが中心でした。より子どもたちが相談しやすい環境となるよう、自治体をはじめ、各専門組織や団体などと協力しながら、「LINE」を活用したいじめ相談窓口の運用を進めています。

詳細を見る

機能面での対応

安心安全に「LINE」を利用いただくため、機能面でも対応を進めています。登録時の「年齢認証」によりID検索利用を制限することで、18歳未満のユーザーが見知らぬ人と「LINE」でつながることによってトラブルに巻き込まれることを防止しています。また、「友だち」以外からのメッセージを通報する機能を設けて、迷惑行為の防止に努めています。

詳細を見る

セキュリティ

LINE株式会社は、ユーザーに安心安全にサービスを利用していただくことは、何よりも大切だと考えています。セキュリティについては、社内に厳格なマネジメント体制を確立するとともに、社外の専門家やユーザーの皆さまとも連携しながら、プライバシー保護やアプリケーションのセキュアプログラミングなどを徹底しています。

詳細を見る

地域社会とともに

LINE株式会社は、ユーザーの皆さまのコミュニティに積極的に参画し、より豊かな社会の実現に貢献したいと考えています。「LINE」が提供するサービスを通して、あるいは「LINE」から広がる人や情報のネットワークを活かして、より安全でコミュニケーションと活気にあふれた社会を実現するための活動に取り組んでいます。

自治体との連携

自治体と連携し、各地の社会課題やニーズに応じて、「行政サービスの向上」「情報モラル・情報リテラシー教育の推進」「地域ブランドの発信」などに貢献する施策を行っています。

詳細を見る

中央省庁へ公式アカウントの提供

公共的な情報やサービスにアクセスしやすい社会の実現を目指し、各省庁に公式アカウントを提供しています。

詳細を見る

防災・減災

「LINE」は、2011年3月の東日本大震災の直後、「こういう時にこそ大切な人と連絡を取ることができるサービスが必要だ」という想いから生まれました。その経験から、いざという時に役立つ機能の充実に力を注いでいます。

詳細を見る

寄付

東日本大震災をはじめ、国内外の被災地の復興を支援しています。スタンプなどの弊社サービスを通じた募金活動やLINE Outの現地への通話の一定期間の無償化などを実施しています。

詳細を見る