取り組み

社会

LINE株式会社は、ユーザーの皆さまのコミュニティに積極的に参画し、より豊かな社会の実現に貢献したいと考えています。「LINE」が提供するサービスを通して、あるいは「LINE」から広がる人や情報のネットワークを活かして、より安全でコミュニケーションと活気にあふれた社会を実現するための活動に取り組んでいます。

デジタルリテラシー教育

未来を担う子どもたちに向けて、これからのデジタル社会で必要となる様々なリテラシー向上に取り組んでいます。

詳細を見る
情報モラル教育

青少年の健全なインターネット利用を啓発するため、全国各地の学校などを訪問し、講演やワークショップを無償で行っています。専門の講師を派遣し、子どもたちにはインターネットやSNSにおけるコミュニケーションの特徴や利用時の注意点を、保護者・教員の皆さまには子どもたちをトラブルから守るためのポイントを伝えています。ここで利用している独自開発した教材は、弊社ウェブサイトで無料公開しています。これらの活動の基盤とするため、教育機関や専門家などと共同で調査研究を行っています。

講演内容 無料公開の教材
プログラミング教育

子どもたちが楽しくプログラミング的思考を身に付けられる、プログラミング学習プラットフォーム「LINE entry」を公開しています。また、初めてプログラミング教育を実施する教職員の皆さまがスムーズに導入できるよう、教材提供や出前授業など様々なサポートも無償で行っています。

LINE entry 公式ブログ 公式アカウント 公式Twitter
サイバーセキュリティ教育

サイバーセキュリティの脅威への対処能力を向上することを目指し、メルカリ・警視庁サイバーセキュリティ対策本部・中央大学と「サイバーセキュリティ人材の育成に関する産官学連携についての協定」を締結し、産官学の知見を持ち寄りながらサイバーセキュリティ人材の育成を推進しています。

金融・情報リテラシー教育

昨今のデジタル社会では、お金が数字(データ)として扱われ、信用が可視化されるようになってきました。そのため、金融に関する教育は、従来の社会科や家庭科だけでなく、「情報」の分野でも必要となってきています。このような状況を踏まえ、子どもたちが金融に向き合う姿勢について自ら考え、見えないお金(キャッシュレス)との付き合い方を学べる「金融・情報リテラシー教育」の準備を進めています。

LINE相談

自治体などの実施する相談窓口は、これまでは電話やメール、対面で受け付けるものが中心でした。よりユーザーが相談しやすい環境となるよう、行政機関をはじめ、各専門組織や団体などと協力しながら、「LINE」を活用した相談窓口の運用を進めています。

詳細を見る

防災・減災

「LINE」は、2011年3月の東日本大震災の直後、「こういう時にこそ大切な人と連絡を取ることができるサービスが必要だ」という想いから生まれました。その経験から、いざという時に役立つ機能の充実や、災害対応や被災者支援のための取組みに力を注いでいます。

詳細を見る

行政でのLINE活用

公共的な情報やサービスにアクセスしやすい社会の実現を目指し、自治体や省庁と連携し、社会課題やニーズに応じて、行政サービスの向上や施策の実施に貢献しています。

詳細を見る

安全利用の促進

より良いコミュニケーションのために、安心して「LINE」を利用できる環境の整備に取り組んでいます。インターネットにおけるコミュニケーションの課題と向き合いながら、青少年を中心とした教育活動や、年齢認証による一部機能の制限、「通報」機能の実装など、安全に「LINE」を利用するためにサービス面での施策を行っています。また、安心安全なインターネット利用の環境整備のために、関係官庁とも連携し、インターネット業界としての取組みも進めています。

詳細を見る

社会貢献

LINE PayやLINEポイント、スタンプなどの弊社サービスを通じた募金活動など国内外の被災地復興を支援しています。また災害時はLINE Outの現地への通話の一定期間の無償化などを実施しています。

社員や雇用への責任

LINEは文化や考え方の異なる様々な国や地域で事業活動を行いながら成長を続けています。相互に多様性を理解するとともに、法令やルールを遵守して快適な職場環境づくりに努めています。また、社員が健康で快適に働くための様々な仕組みや設備など、労働環境の整備にも取り組んでいます。

福利厚生と各種制度

企業統治

株主共同の利益の実現のため継続的に収益を拡大し企業価値を高めるための体制と仕組みを整えています。

コーポレートガバナンス

経営管理体制の整備による迅速な意思決定と適切な業務執行を行い、重要事項の検討では独立社外取締役の関与・助言による任意の報酬委員会、社外取締役推薦委員会および諮問委員会を設置し経営監視システムを強化するなど、コーポレートガバナンス体制の充実を図っています。

詳細を見る

コンプライアンス

従業員が法律や倫理などルールを守り企業活動を行うよう、LINE CODE、LINE STYLE、LINEグループ行動規範を定めるとともに、コンプライアンス遵守の組織、体制、研修、内部通報制度などを整えています。

詳細を見る

リスクマネジメント

リスクマネジメント体制を整え、事業やブランド、従業員、災害などさまざまなリスクの識別、評価、管理、コントロールを行い、事業の継続と安定的発展を確保しています。

セキュリティ・プライバシー保護

ユーザー情報を保護するために、高度な暗号化技術の採用や世界最高水準のセキュリティ設備が組み込まれたデータセンターの利用等、あらゆる対策を施しています。

詳細を見る

環境

環境に関する法令等を遵守し、環境保全に努めています。あわせてLINEのサービスはさまざまな利用者間の移動エネルギーや紙資源の消費を不要とするなど環境負荷低減に貢献しています。

詳細を見る