LINE NEXT、グローバルNFTプラットフォーム「DOSI」の 専用ウォレット「DOSI Wallet」を提供開始

2022.05.17 LINE

NFT取引など様々な体験が可能な「ソーシャルパスポート」を提供

韓国のテーマパーク「ロッテワールド・アドベンチャー釜山」オープン記念キャンペーンにおける限定NFTの無償配布に「DOSI Wallet」を採用

 

LINE株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛、以下「LINE」)のグループ会社でグローバルNFT(Non-Fungible Token、代替不可能なトークン 以下「NFT」)プラットフォーム事業の運営を行うLINE NEXT Inc. (CEO:高 永受、以下「LINE NEXT」)は、グローバルNFTプラットフォーム「DOSI」の専用ウォレット「DOSI Wallet」の提供を開始しましたのでお知らせいたします。 

 

 

「DOSI Wallet」は、決済・取引サービスを提供するだけでなく、ユーザーが「DOSI」のエコシステム上で多様なNFT体験やソーシャル機能を利用できる「ソーシャルパスポート」ウォレットです。※1 また、クレジットカードやLINE Pay、Naver Payなどのデジタル決済及び暗号資産支払い等、ユーザーにとって使いやすい様々な決済方法を提供し、NFT取引をより身近にしていきます。「DOSI Wallet」へのユーザー登録は公式ウェブサイト(https://dosi.world)から簡単に行うことができ、LINEやFacebook、Google等のアカウントを利用したソーシャルログインも可能です。サービス提供国は、日本を除く180ヵ国を予定しております。※2

 

また、今回の提供開始に伴い、2022年3月31日に新しくオープンした韓国のテーマパーク「ロッテワールド・アドベンチャー釜山(プサン)」のオープン記念として、「DOSI Wallet」を採用したNFT無償配布イベントを開催しています。※3 ロッテワールドのキャラクター「ロッティー」と「ローリー」が登場する4種類のショート動画形式で限定NFTを発行し、当選したユーザーの「DOSI Wallet」に送られます。

 

1 決済機能は、2022年上半期中に予定されている「DOSI」提供後に利用可能です

2  日本では、デジタルアセット管理ウォレット「LINE BITMAX Wallet」を提供しています

 3  本イベントは韓国国内ユーザー限定のイベントとなります

 

■LINE NEXT CEO高 永受(コ ヨンス)コメント

「グローバルNFTプラットフォーム『DOSI』の軸となるのが『DOSI Wallet』です。NFTを初めて使うユーザーでも簡単に利用できるよう、今後さらに機能を追加していきます。」

 

DOSIは、一般ユーザーがNFTを購入し取引できる市場やコミュニティーを提供する企業やクリエイターを支援するグローバルNFTプラットフォームです。なお、日本では、LINEの暗号資産事業及びブロックチェーン関連事業を展開するLINE Xenesis株式会社が4月13日にNFT総合マーケットプレイス「LINE NFT」の提供を開始しています。※4

 

4 参考プレスリリース:NFT総合マーケットプレイス「LINE NFT」 本日より提供開始

https://linecorp.com/ja/pr/news/ja/2022/4197

 

■LINE NEXT Inc.

LINE NEXT Inc.は、LINEの独自ブロックチェーン「LINE Blockchain」およびNFT(Non-Fungible Token)プラットフォームの事業運営を行う法人です。グローバルNFTおよびWeb3.0のエコシステム構築を目指しています。