LINE、PC向けゲームプラットフォーム「LINE POD」を発表!台湾・タイ・インドネシア及び東南アジアにて提供開始決定

2020.05.14 LINE GAME

LINE株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛)は、PC向けゲームプラットフォーム「LINE POD」を、台湾・タイ・インドネシア及び東南アジアにて提供開始が決定いたしましたので、お知らせいたします。また、本日より事前登録を開始いたします。

「LINE POD」は、ユーザーが1つのプラットフォームでモバイルゲームとPCゲームをプレイできます。ユーザーは、LINEアカウントを活用して簡単にログインできるほか、「OpenChat(オープンチャット)」機能と連携し、ゲームを楽しみながら友だちや他のゲームユーザーとコミュニケーションをとることができます。

中国語、タイ語、インドネシア語、英語で利用可能となっており、LINEが長年に渡ってグローバルでサービスプラットフォームを運用してきた経験から得たセキュリティとサービスのノウハウを活かして開発しました。

サービス開始当初のタイトルラインナップから、MMORPGやPC戦略ゲームなど様々なジャンルのタイトルを公開します。

・Joy Cityによる究極のオンラインストリートバスケットボールゲーム「Free Style」
・YOOZOO GamesによるPC戦略ゲーム「Game of Thrones Winter is Coming」
・XLGAMESの究極のファンタジーサンドボックスMMORPGである「ArcheAge」
・MantiscoによるアクションRPGとバトルロワイヤルのハイブリッドである「Hunter's Arena:Legends」
・印象的なグラフィックと広大でオープンな世界を特徴とするCaret GamesによるMMORPG「Rebirth Online」
※各タイトルの事前登録および提供開始は、地域によって異なります。
 
「LINE POD」では、無料ゲーム(一部アイテム課金)と有料ゲームの両方を提供します。ユーザーはLINE PODストア内からコイン等を購入し、ゲームアイテムまたはゲームパッケージを入手できます。

今後も様々なゲームタイトルの追加を予定しており、多くのユーザーはゲームを楽しめる環境を提供します。

 

■「LINE POD」概要
サービス名:LINE POD
サービスの種類:PCゲームプラットフォーム
サービス開始:2020年5月
利用可能な地域:台湾、インドネシア、タイ、シンガポール、香港、マレーシア、フィリピン
利用可能な言語:中国語(繁体字)、インドネシア語、タイ語、英語
価格:無料ゲーム(一部アイテム課金)、有料ゲーム
開発者:LINE Corporation
運営会社:LINE Corporation
著作権:©LINE PLUS Corp.