今年のGWは大切な人とLINEのビデオ通話で「オンライン帰省」しよう!シニア世代からお子さんまで簡単にできるビデオ通話の使い方やオンライン帰省を手軽に楽しむコツを紹介する特設サイトをオープン

2020.05.01 LINE

「LINEリサーチ」によるGW中の実家とのコンタクト方法は「電話」が最多、「ビデオ通話」でオンライン帰省すると回答した約9割は「LINEのビデオ通話」を利用予定

 

LINE株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社⻑:出澤 剛) は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、政府からゴールデンウィーク期間中の外出自粛による「オンライン帰省」の呼びかけが行われていることをうけ、LINEのビデオ通話を使ってオンライン帰省する方法や楽しむコツをまとめて紹介する特設サイトをオープンし、オンライン帰省を検討しているユーザーをサポートいたします。

併せて、4月28日〜30日に当社が運営するリサーチプラットフォーム「LINEリサーチ」において、緊急事態宣言下のゴールデンウィークにおける実家とのコンタクト方法について調査しましたので、お知らせいたします。

特設サイト「ビデオ通話でオンライン帰省しよう」:https://linecorp.com/ja/covid19/online-kisei/

 

「LINE」は、2011年3月の東日本大震災をきっかけとして「こうした非常事態にこそ大切な人と連絡を取り合えるサービスが必要だ」という想いから生まれました。その経験から、いざという時に役立つ機能やサービスの拡充に力を注いでいます。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、政府から臨時休校やリモートワークを要請された2020年2月以降は、トークや音声通話はもちろん、ビデオ通話を利用する傾向が非常に高くなっています。

・2020年4月7日:「LINE」利用動向に関するレポートを発表 https://linecorp.com/ja/pr/news/ja/2020/3174

 

4月には緊急事態宣言が発令され、今年のゴールデンウィークは「オンライン帰省」を行うよう政府から呼びかけが行われています。4月28日〜30日に当社が運営するリサーチプラットフォーム「LINEリサーチ」で実施した調査では、こうした状況の中、今年のゴールデンウィーク中に何らかの形で実家とコンタクトをとる予定がある、と回答した人は8割弱に上りました。コンタクト方法は「電話」が最多で、次いで「LINEでメッセージを送る」となっています。「ビデオ通話」を利用したオンライン帰省を予定している人も一定数見られるものの、まだ馴染みがないユーザーがいることもわかりました。なお、オンライン帰省を予定している人については、その約9割が「LINEのビデオ通話」を利用する予定だという結果も出ています。

 

■調査サマリー

・通常時において、長期休みに実家へ帰省をする習慣がある人は、実家のある人のなかで約9割

・実家に帰省することがある人に、2020年のゴールデンウィークに実家とコンタクトをとる予定があるか聞いたところ、8割弱の人が何らかの形で実家とコンタクトをとると回答

・具体的なコンタクト方法については、「電話をする予定(音声だけの通話)」が36%と最多、「LINEでメッセージを送る予定」が26%、「ビデオ通話をする予定」が14%となった

・「オンライン帰省」で利用する予定のツールは、「LINEのビデオ通話」が87%と圧倒的多数。次いで「Face Time(14%)」「Zoom(9%)」と続いた

 

【調査概要】

LINEユーザーを対象にしたスマートフォンWeb調査

調査対象:日本全国 20歳~59歳までの男女

実施時期:2020年4月28日~30日

有効回収数:5,222サンプル

※市場の性年代構成比に合わせて回収

 

出典:LINEリサーチ ゴールデンウィークの帰省に関する調査 http://research-platform.line.me/archives/35036529.html

 

■普段利用している「LINE」だからこそ特別なことをしなくても簡単にできる「オンライン帰省」をサポート

こうした状況を受け、LINEでは、より多くのユーザーにLINEのビデオ通話を活用いただき、ご家族での再会や楽しい時間を過ごす一助となるよう「オンライン帰省」をサポートするための特設サイト「ビデオ通話でオンライン帰省しよう」をオープンしました。特設サイトでは、これまで「ビデオ通話」になじみがなかったユーザーや、なにか特別な設定が必要なのでは、とハードルの高さを感じていたユーザーにも、ビデオ通話のやり方やエフェクトの使い方などを画像や動画を交えてわかりやすく紹介しています。「LINE」を利用することで特別な設定や別のアプリをダウンロードすることなく、シニア世代からお子さんまで手軽にすぐ「オンライン帰省」を楽しむことができます。

 

特設サイト「ビデオ通話でオンライン帰省しよう」:https://linecorp.com/ja/covid19/online-kisei/

 

【オンライン帰省を楽しむコツ】

・スマホスタンドで楽に通話を

・エフェクトで会話を盛り上げよう

・みんなで写真を撮ろう、等

 

また、ビデオ通話中にバーチャルな装飾を設定できるエフェクト機能では、家庭の雰囲気を感じられるパターンや飛行機や電車などのパターンを提供しています。エフェクトを使うことで、実家に帰ったり、飛行機や電車に乗っているかのような演出をしながら、より楽しくビデオ通話をお使いいただけます。

 

【エフェクト例】

普段使っているLINEのトークや電話をそのまま簡単にビデオ通話に切り替えることができるので、この機会に、遠く離れた家族や友達とぜひ一瞬で会える「オンライン帰省」でのコミュニケーションにご活用ください。

 

また、本日から5月6日まで、オンライン帰省やオンライン飲み会、オンラインランチ会など、家族や友だちと「オンライン○○」を楽しむためのTwitter投稿キャンペーンを開催しています。TwitterでLINE公式Twitter( @LINEjp_official )をフォローし「#オンラインを楽しもう」のハッシュタグを付けて投稿すると、豪華プレゼントが総勢100名様に当たります。是非、ご参加ください。

【豪華プレゼントがもらえる!「#オンラインを楽しもう」キャンペーン開催】

http://official-blog.line.me/ja/archives/81946027.html

 

 

今後も「LINE」は友だちや家族などの親しい人とのコミュニケーションをコアバリューとしながらも、個々人に最適化されたコミュニケーションと情報の出会いを提供し、皆様の生活により密接な存在となることを目指します。

 

 

※LINEでは、新型コロナウイルス感染症に対する様々な取り組みを行っています。

◼️うちで過ごそう! https://guide.line.me/ja/covid19/stayhome/

在宅で過ごす毎日を楽しく、快適にできるLINEの各種サービスや機能を紹介しています。

 

◼️新型コロナウイルス、LINEで何ができる? https://linecorp.com/ja/covid19/

みなさまの生活の不便や不安を解消するためにLINEを使ってできることをまとめています。