【LINE NEWS】中村倫也さん、日向坂46、新海誠さんなど7部門の受賞者を表彰 LINE NEWSが選ぶ、令和元年を彩った“話題の人”を発表! 新設の“LINEジャーナリズム賞”にはハフポスト日本版・吉田遥さんの記事

2019.12.16 LINE NEWS

ニュースの祭典LINE NEWS Presents「NEWS AWARDS 2019」を開催

 

LINE株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛)は、芸能・文化・スポーツ・アーティストなど、各分野でNEWSになった2019年を彩る「話題の人」や、新しい切り口や見せ方でLINEユーザーの心を動かした「記事」、LINEユーザーに支持された「メディア」を、当社が運営するスマートフォンニュースサービス「LINE NEWS」が独自の基準で選出・表彰する、ニュースの祭典LINE NEWS Presents 「NEWS AWARDS 2019」を本日開催し、同アワードにおける「話題の人」7部門および「LINEジャーナリズム賞」の受賞者を発表いたしましたので、お知らせいたします。

 

LINE NEWS Presents 「NEWS AWARDS 2019」特設サイト: https://lin.ee/qY2b1iS/lnnw

 

■令和元年を彩った「話題の人」は、中村倫也さん、日向坂46、新海誠さんなどが受賞

第2回開催となるLINE NEWS Presents 「NEWS AWARDS 2019」では、「話題の人」そして今年から新設された「LINEジャーナリズム賞」の各受賞者を発表いたしました。

 

「話題の人」では、LINE NEWSにおける記事掲出数・前年との注目度の変化・PV数などを基に、LINE NEWSが独自に選出した「アイドル」「アーティスト」「アスリート」「芸人」「実業家・政治家」「俳優」「文化人」の7部門35組がノミネートされ、各部門1組の受賞者を発表いたしました。各部門の受賞者および受賞理由は以下の通りです。

 

/stf/linecorp/ja/pr/wadainohito.png

<アイドル: 日向坂46>

2016年にけやき坂46として結成し、今年2月に改名。1stシングルが「女性アーティストの1stシングルによる初週売上枚数」歴代1位を記録したのを皮切りに、3作連続でオリコン週間ランキング1位を獲得。9月に開催した過去最大規模のワンマンライブで2万席を即完売させ、勢いそのまま「紅白歌合戦」初出場を決めた。

 

<アーティスト: Official髭男dism>

"ヒゲダン"の愛称で親しまれる4人組バンド。5月に公開された長澤まさみ主演映画「コンフィデンスマンJP -ロマンス編-」の主題歌「Pretender」が、史上最速でストリーミング1億回再生を突破するなど大ブレイク。

7月に初の単独日本武道館公演を成功させ、年末には「紅白歌合戦」初出場が決まっている。

 

<アスリート: ラグビー日本代表>

今年行われたラグビーW杯日本大会で史上初のベスト8入り。世界ランキング上位の国を相手に次々と勝利を挙げる選手の姿に日本中が注目し、全国でラグビーブームが巻き起こる。「2019ユーキャン新語・流行語大賞」の候補30語に「ONE TEAM」など関連ワードが5つノミネートされ今年の顔とも言える存在に。

 

<芸人: 夢屋まさる>

現役で慶應義塾大学に通う傍ら、「パンケーキ食べたい」のリズムネタでブレイクしたピン芸人。元日放送の「ぐるナイ おもしろ荘」をきっかけに注目を集め、多数の番組に出演。夏にはファッションモデルに挑戦したほか、「東京ガールズコレクション」でランウェイを飾るなど、芸人とは違った一面も見せた。

 

<実業家・政治家: ROLAND>

歌舞伎町で数々の伝説を残した「現代ホスト界の帝王」。現在はホストクラブを中心に、脱毛サロン、飲食店など様々な事業を展開しながらメディアにも多数出演。「世の中には二種類の男しかいない。俺か、俺以外か」といった"ローランド節"が話題となり、今年ブレイク。3月に出版した初著書は大ヒットを記録した。

 

<俳優: 中村倫也>

変幻自在の演技で「カメレオン俳優」と呼ばれ、今年はドラマや映画、CMなどに多数出演。ドラマ「凪のお暇」では、"天性の人たらし"安良城ゴンを演じ、女性視聴者の心を鷲づかみに。6月に公開されたディズニー映画「アラジン」では、主人公・アラジンの日本語吹き替え声優を務め、美声も披露した。

 

<文化人: 新海誠>

映画「言の葉の庭」や「君の名は。」などを手掛け、“新海ワールド”と呼ばれる美しい風景描写が魅力のアニメーション監督。今年7月には最新作となる劇場アニメーション映画「天気の子」を発表し、国内観客動員数は1,000万人を突破。 

歴代日本映画の興行収入ランキングトップ10入りを果たし、2019年最大のヒット作となっている。

 

 

■初のLINEジャーナリズム賞は、「ヒジャブの彼女が東京でクリエーターとして生きる訳」が受賞

また、「LINEジャーナリズム賞」では、LINE NEWSで2019年に配信された220万本を超える記事の中から、記事閲覧数・ユーザーのアクションなどをベースに、"新しい角度で物事を取り上げた" "新しい見せ方で伝えた" "読んだ人の心を深く動かした"といった観点に基づき、LINE NEWSが独自に選出した10記事の中から、特に優れた1記事を表彰いたしました。「LINEジャーナリズム賞」は、メディアだけではなく優れた記事そのもの、そしてその記事を書いた方個人に焦点を当てようと、今年から新設されました。

 

/stf/linecorp/ja/pr/kiji.png

 

初の受賞となったのは、ヒジャブを身に着け、モデストファッションを東京の街で表現する女性クリエーターの考え方・生き方を描いた「ヒジャブの彼女が東京でクリエーターとして生きる訳」(https://lin.ee/2Ci1OYq/lnnw)。書き手である、ハフポスト日本版ニュースエディター 吉田遥さんが受賞しました。「SNSでの発信」「映える写真」といった興味を持ちやすい話題から、宗教に関する様々なイシューへと繋げ、日本で暮らす外国人の立場や視点を伝えています。2018年末現在、在留外国人の数が約273万人と過去最高を記録するなか、"多様性"への対応が求められる、現在の日本の姿も表しています。

 

LINEでは、今後も様々な取り組みを通じてユーザーにとって価値のある情報接点を提供するとともに、メディア各社との連携を強化することで、コミュニケーションプラットフォームとしての更なる成長・拡大を図ってまいります。

 

 

<LINE NEWS Presents NEWS AWARDS 2019について>

「LINE NEWS Presents NEWS AWARDS 2019」は、芸能・文化・スポーツ・アーティストなど各分野でNEWSになった、その年を彩る「話題の人」や「記事」、「メディア」から、LINE NEWSが独自の基準で受賞者を選出・表彰するNEWSの祭典です。

 

<LINE NEWSについて>

スマートフォン時代の新しいニュースの形を追求する「LINE NEWS」は、2019年7月末時点で6,800万人の月間利用者数を擁し、月間PV数は2019年7月末時点で120億を突破しております。また、800を超えるパートナーメディアとともに、1日8,000件以上のコンテンツを6,800万人のユーザー一人ひとりにパーソナライズし配信する、国内最大規模のコンテンツプラットフォームとして成長を続けております。