スマホ投資サービス「LINE証券」新たに投資信託の取扱いを開始! 業界唯一、全ての投資信託の購入手数料が0円!

2019.11.27 金融関連サービス

厳選した28銘柄の投資信託が、「LINE」上で簡単に100円から取引可能

LINE証券株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役Co-CEO:落合 紀貴・米永 吉和、以下「当社」)は、「LINE」上で取引ができるスマホ投資サービス「LINE証券」において、第二弾サービスとして、新たに投資信託の取扱いを本日より開始いたしましたので、お知らせいたします。

「働く世代」のユーザーの長期的な資産形成を一番にサポートするパートナーになることを目指し、全ての取扱銘柄の購入手数料を0円としております*1。投資金額や投資方法を限定することなく、全てのユーザーを対象として投資信託を購入手数料無料でお取引いただけるサービスとしては業界唯一となります*2。

「LINE証券」は、“投資をもっと身近に、もっと手軽に”をミッションに、第二弾として、厳選した28銘柄の投資信託を「LINE」上で、100円から1円単位、購入手数料0円で取引を可能とするサービスを提供いたします。第一弾と同様、直感的でシンプルなデザインとなっており、簡単・便利で分かりやすくご利用いただけるサービス設計となっております。

1.「LINE証券」第二弾サービス、投資信託の提供背景

人生100年時代を迎え、資産形成を中心としたお金との向き合い方への関心が高まっている今、「働く世代」の投資信託へのニーズも高まっております。一方で、購入手数料の設定がある投資信託の中には、過去の運用パフォーマンスが良好な銘柄が多数あるにもかかわらず、投資信託の売上ランキング上位の多くを購入手数料0円の銘柄が占めており、パフォーマンス以前に購入手数料の有無を銘柄選択時の判断基準としているユーザーが少なくありません。このような状況を受け、「LINE証券」では、投資未経験者から投資経験者まで、全ての「働く世代」のユーザーに、購入手数料を気にすることなく、ユーザーごとのニーズに合った優良な銘柄を選択いただくべく、このたび全ての投資信託の購入手数料を0円に設定することにいたしました。ユーザーの未来のお金をつくるサービスとして、今後もユーザーの長期的な資産形成に寄り添ったサービスの提供を目指してまいります。

 

2.「LINE証券」の投資信託の5つのポイント

(1)低コストで運用可能、業界唯一全ての投資信託の購入手数料が0円

過去の運用パフォーマンスが良好な受賞歴のある投資信託や、ブル・ベア型ファンドを含む全ての取扱銘柄を、購入手数料0円で、100円からお取引いただけます。また、スイッチング取引が可能なブル・ベア型ファンドについては、スイッチング手数料0円でお取引いただけます*3。

(2)最低投資金額100円、LINEポイントを利用した買付も可能

全ての銘柄が100円から1円単位で購入できるため、少額での投資が可能です*5 。また、貯めたLINEポイントを証券口座への入金に充当し、投資信託の買付にご利用いただくこともできます。

(3)投資未経験者から投資経験者まで幅広いユーザーに対応した厳選28銘柄をご用意

国内・海外の運用会社13社から、28銘柄を厳選いたしました。インデックス・ファンド7銘柄(内6銘柄は業界最安値の信託報酬を目指し続ける「eMAXIS Slimシリーズ」)、独自の運用方針により高い成果を目指すアクティブ・ファンド18銘柄、ブル・ベア型ファンド3銘柄をご用意しました。「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2018」、「R&Iファンド大賞2019」、「FUND OF THE YEAR 2018」、「一億人の投信大賞2018」、等の受賞歴のある投資信託を多数取り揃えています。

(4)「LINE証券」専用の投資信託3銘柄をご用意

「働く世代」のユーザーの長期的な資産形成にご活用いただきたく、新たに「LINE証券」でのみ取引可能な、「LINE証券」専用の投資信託を3銘柄設定いたしました。投資信託本来の価値である「ファンドマネージャーに運用を任せて高パフォーマンスを目指す」という点に注目をしたアクティブ・ファンドとなっており、購入手数料が0円は元より、運用手数料(信託報酬)の水準にも拘っております。

(5)「LINE」上でさくさく銘柄検索、カテゴリー・ランキング・商品紹介動画で、簡単に商品を理解して取引ができる直感的でシンプルなデザイン

「はじめての方におすすめ」、「低コスト」、「リターン重視」、「ブルベア型ファンド」という投資未経験者から投資経験者までを想定した4つのカテゴリーとランキングをご用意し、銘柄選定が容易になるようサービス設計しています。また、各銘柄について、分かりやすい概要説明文や紹介動画をご用意しているため、簡単に商品を理解して取引することが可能です。

 

3.今後の展開

第二弾となる本サービスは、今後も積立機能の実装等、幅広いユーザーのニーズに応えるため、サービスの拡充を進めてまいります。

「LINE証券」は、今後も、“投資をもっと身近に、もっと手軽に”をミッションに、「働く世代」のユーザーが、より簡単、便利にご利用いただけるようなサービスを充実させ、ユーザーの生活に溶け込んだ新しい総合証券サービスを目指してまいります。

 

*1:保有期間に応じて信託報酬等が別途かかります。詳しくは目論見書をご確認ください。
*2:インデックス型、アクティブ型、ブルベア型を取り扱う国内証券会社との比較において、全ての取扱銘柄の購入手数料を永続的に無料としている証券会社としては、業界初となります。(2019年11月26日当社調べ)「投資金額や投資方法」とは、スポット買付、積立買付、スイッチング買付といった注文方法および対面、非対面(インターネット、電話)等といった取引形態のことを指します。
*3:14:50までにご注文頂くことで、売りと買いの同日取引(スイッチング取引)を行うことが可能です。
*4:各ファンドの特色や主な投資対象を考慮しLINE証券で分類しました。
*5:ブル・ベア型ファンドは100円または100口から購入可能です。スイッチング注文は口数指定のみ、1口以上1口単位でご注文いただけます。
*6:2018年12月31日時点のグローバルの運用資産残高5.98兆米ドルに基づいて世界最大級と定義
*7:ノムラ・ジャパン・バリュー・オープン マザーファンド
*8:グローバル・マルチテーマ マザーファンド
*9:MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(税引後配当込み・円換算ベース)

 

インデックス・ファンド:日経平均株価やTOPIXなど株価や債券の指数(インデックス)に、投資信託の基準価額が連動するような運用を目指す投資信託のことです。インデックスの構成比に合わせて構成銘柄を組み入れることから、銘柄入れ替えの頻度も少なくなるので、信託報酬なども低めに設定されています。

アクティブ・ファンド:運用会社やファンドマネージャーが独自の見通しや投資判断に基づいて、ベンチマーク以上の収益を目指す投資信託のことです。銘柄の入れ替えや情報収集などにコストがかかるため、インデックスファンドに比べて信託報酬が高めに設定されています。

ブル・ベア型ファンド:ブルベア型ファンドは、対象とする市場の値動きに対して概ね2倍~5倍となるように、指数先物取引などを利用して運用する証券投資信託で、一般的な証券投資信託と比べ値動きは大きくなります。そのため市場を上回る上昇(リターン)を得ることができる一方、市場動向などによっては、大きく下落する可能性もあります。基準となる指数が上昇と下落を繰り返すボックス相場になると、ブルベア型ファンドの価格は思うように伸びてくれません。対象指数が上昇したときに利益がでる(基準価額が上昇する)タイプがブル型、反対に下落したときに利益が出る(基準価額が上昇する)タイプがベア型と呼ばれます。あらかじめ目論見書をご覧いただき、リスクについてご理解いただいたうえで、投資をお願いいたします。

【ブルベア型ファンドの注意点】

(1)対象となる指数に対してある一定の倍率での収益の獲得を目指して運用されており、

対象指数の急激な変化により大きな損失が生じる可能性があるためハイリスク・ハイリターンとなる可能性があります。

(2)ベア型については、対象となる指数に対して一定倍率反対となる投資効果を目指して運用されるため、対象となる指数が上昇した場合に、当該指数に比べて大きな損失が生じる可能性があります。

 

■LINE証券サービストップ画面:(※スマートフォンでのみ閲覧可能です)https://lin.ee/c9vIlh6/yvrk
■LINE証券株式会社コーポレートサイト:https://line-sec.co.jp/corp
■LINE公式アカウント: LINE ID:@linesec
■公式サイト:https://line-sec.co.jp/
■公式Twitter:https://twitter.com/linesec_jp
■公式note:https://note.mu/line_sec
■LINE証券株式会社の概要

(1) 名称:LINE証券株式会社
(2) 所在地:東京都品川区西品川一丁目1番1号 住友不動産大崎ガーデンタワー22階
(3) 代表者:代表取締役Co-CEO落合 紀貴(LINE株式会社)、米永 吉和(野村證券株式会社)
(4) 事業内容:資産形成層をターゲットとした非対面証券ブローカレッジおよび非対面証券投資コンサルティングサービスの提供等
(5) 資本金及び資本準備金:20,000百万円(2019年6月末時点)
(6) 設立年月日:2018年6月1日

 

ご注意事項

・当社でのお取引にあたっては、各商品毎に所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります
・国内株式(国内ETFを含む)の売買取引は、市場価格に取引コストを適用した価格でお取引いただきます。投資信託のお申込み(一部の投資信託はご換金)にあたっては、購入時手数料(換金時手数料)はかかりません。また、換金時に直接ご負担いただく費用として、換金時の基準価額に対して最大0.5%の信託財産留保額をご負担いただく場合があります。投資信託の保有期間中に間接的にご負担いただく費用として、国内投資信託の場合には、信託財産の純資産総額に対する運用管理費用(信託報酬)(最大2.09%(税込み・年率))のほか、運用成績に応じた成功報酬をご負担いただく場合があります。また、その他の費用を間接的にご負担いただく場合があります。外国投資信託の場合も同様に、運用会社報酬等の名目で、保有期間中に間接的にご負担いただく費用があります。なお、上記記載の手数料等の費用の最大値は今後変更される場合があります。
・金融商品のお取引においては、株価の変動、為替その他の指標の変動等により損失が生じるおそれがあります。
・国内株式は株価の変動により損失が生じるおそれがあります。また、国内ETFは連動する指数等の変動により損失が生じるおそれがあります。投資信託は、主に国内外の株式や公社債等の値動きのある資産を投資対象としています。投資信託の基準価額は、組み入れた資産の取引価格の変動や為替の変動等により上下するため、これにより損失が生じるおそれがあります。
・お取引に際しては、契約締結前交付書面および目論見書等の内容をよくお読みください。

 

金融商品取引業者 LINE証券株式会社 関東財務局長(金商)第3144号

加入協会/日本証券業協会