【LINE MUSIC】4周年を迎え、NEXT-LINE MUSIC構想を発表。独自の音楽フリーミアムモデル「ONE PLAY(仮)」など大型アップデート

2019.06.27 LINE MUSIC

AIを活用した楽曲レコメンド機能により、音楽との出会いを強化

様々なアーティストのMUSIC VIDEOも視聴可能に

LINE MUSIC株式会社(所在地:東京都新宿区、代表取締役社長:舛田 淳)は、当社が運営する音楽ストリーミングサービス「LINE MUSIC」は、2015年6月11日のサービス開始から4周年を迎え、音楽とのさらなる出会いを創出するべく大型アップデートを実施いたしますことを、お知らせいたします。

 

近年、スマホの普及やデバイスの進化に伴い、音楽の聴き方も変化してきています。生活スタイルに合わせ、より自由に、より自分らしく音楽を楽しむユーザーが増えており、日本レコード協会(RIAJ)が発表した2019年第1四半期の音楽配信売上のストリーミングシェアは60%とダウンロードを大きく上回り、ストリーミングサービスが音楽市場を活性化すると期待も寄せられています。「LINE MUSIC」は、ストリーミング元年とも呼ばれる2015年6月11日にいち早くサービスを開始し、音楽市場の発展に一翼を担って参りました。

 

この4年間で配信楽曲数は5,400万曲を突破、気分に合わせてお気に入りの音楽を設定できる「プロフィールBGM」の有効設定数は830万人を超え、「LINE」アプリと連携した独自の機能が若年層を中心に注目を集めております。また、音楽をコミュニケーションの一環として楽しんでいただくことも増え、MAU(月間アクティブユーザー)は1,100万人を突破、ダウンロード数も3,200万を超えるなど年々成長しています。*1:2019年5月時点

 

そして、4周年を迎えた「LINE MUSIC」は、音楽とのさらなる出会いを創出するNEXT-LINE MUSIC構想として、大型アップデートを実施いたします。

 

【大型アップデート内容】

◆世界初となる独自の音楽フリーミアムモデル「ONE PLAY(仮)」を実装 ―開始予定:2019年内

誰でも5,400万曲が聴き放題となる世界初の独自音楽フリーミアムモデル「ONE PLAY(仮)」を2019年内にスタートいたします。「ONE PLAY(仮)」は、今まで30秒尺でしかお楽しみいただけなかった非課金ユーザーでも、5,400万曲全ての楽曲を1回ずつフル尺再生することができ、友だち同士の会話で登場した楽曲や、話題の楽曲を聴きたいと思ったときにすぐ聴くことができます。1回視聴した楽曲は、一定期間経過すると再び視聴可能となり、音楽との出会いの入り口をよりオープンすることで、さらなるストリーミング市場の活性化を目指します。

 

◆UIをスタイリッシュに、AIを活用した楽曲レコメンドなど大型アップデートを実施―開始予定:2019年秋

好みや時間にあわせて背景の色が選べる「ライト&ダークテーマ」や音質調整などができるイコライザー機能を追加し、よりスタイリッシュに、より便利に音楽を楽しめるようUIを大幅に改善いたします。さらにユーザー個人の最適化を図るため、好みに合わせたジャンル・ムード別のデイリー更新型プレイリストやシチュエーション・ジャンルをテーマに自動再生するラジオ機能も搭載します。今後は、AIとの連携を強化し、OCR技術を活用した簡単プレイリスト移行機能やVOICE Searchも実装予定です。

 

◆話題のミュージックビデオも楽しめる「MUSIC VIDEO」―開始予定:2019年夏

アーティストのミュージックビデオを見ることができる機能を新たに搭載、音楽を聴いていて気になったアーティストのミュージックビデオも、そのまま「LINE MUSIC」内で視聴することができます。

 

【LINE MUSICスタートから4年間で最も聴かれた楽曲ランキングを発表】

1位は、Ed Sheeran「Shape of You」。LINEの「BGM」や「着うた®️」に設定される楽曲が上位にランクイン

「4周年ランキングTOP100」、「4周年BGMランキングTOP100」プレイリスト:

 LINE MUSICで4年の間に支持された人気の曲TOP100を発表!

 今までLINEに設定された人気曲は?LINE MUSIC4周年ランキング発表

 

 4年間で最も聴かれた楽曲は、2017年1月に配信スタートしたEd Sheeran 「Shape of You」。同曲は「LINE MUSIC 2017 年間ランキング」においても総合ランキング1位、同ランキング内「BGMを設定された日数の長さランキング」や「着うた®️(呼出音+着信音)に設定された曲ランキング」でも1位を獲得するなど、ランキングを独占しました。

 

また、4年間で最もLINEのプロフィールに設定された楽曲は、清水 翔太「My Boo」。リリース当初から人気は高く、2018年春には、「プロフィールBGM」を軸に「LINE MUSIC」を利用するイマドキ高校生の恋愛模様を描いたCMソング(「#キミのBGM 片想い篇」)として起用しています。参考:【LINE MUSIC】2017年の年間ランキングを発表 LINEで最も聞かれた楽曲は、Ed Sheeranの「Shape of You」

※本ランキングは、再生回数を含むLINE MUSICの独自のロジックにて算出しています(ダウンロード限定楽曲は除く)

 

 

【LINE MUSICヒストリー】

「プロフィールBGM」をはじめLINEアプリと連携した機能が若年層のあいだで人気に。

「LINE MUSIC」では、LINEプロフィール上で自分の好きな音楽をBGMとして設定できる「プロフィールBGM」を2016年2月より提供、若年層を中心に、気分やシチュエーションに合わせた音楽が設定できる”自己表現ツール”としてお楽しみいただき、設定数の増加と合わせて、アプリのダウンロード数も拡大していきました。

 

2016年8月には、無料通話をかけた相手に聞こえる“呼出音”や、無料通話がかかった際に鳴る“着信音”が設定できる「LINE着うた®」を、2017年5月には月額480円の「学生プラン」を発表しました。さらに、翌年2018年には「ファミリープラン」を開始するなど、学生や家族みんなで楽しめる環境を提供してまいりました。今年2019年4月には「LINE」と連携した新機能、各トークルームに音楽が設定できる「トークBGM」機能を開始しさらなる拡大を続けています。

 

 今後も、継続的なサービスの機能追加・改善を積極的に行い、音楽との新たな出会いの場を提供して参ります。NEXT LINE MUSICにどうぞご期待ください。

 

 

【LINE MUSIC 概要】

「LINE MUSIC」は、邦楽・洋楽問わず5,400万曲以上の幅広いジャンルの楽曲を利用シーンや気分に応じていつでもどこでも音楽を聴くことができる日本発の音楽ストリーミングサービスです。今後も新たなレーベル・プロダクションやアーティスト・楽曲の追加や継続的なサービスの機能追加・改善を積極的に行い、音楽との出会いを創出して参ります。