LINE、アジア企業で初めて「The Global Network Initiative」にオブザーバーとして加盟

2019.04.15 コーポレート

グローバル規模でインターネット上のプライバシー保護と表現の自由を促進することに貢献

LINE株式会社(所在地:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤剛)は、「The Global Network Initiative」(本社:ワシントンD.C、以下:GNI)に4月15日より1年間、オブザーバーとして加盟することとなりましたので、お知らせいたします。GNIは2008年10月に設立以降、GNIの活動内容に賛同したグローバル企業や団体、専門家などが多数加盟していますが、アジアに本社がある企業の中でGNIに加盟するのはLINEが初めてのこととなります。

 

「The Global Network Initiative」GNI Welcomes LINE Corporation as an Observer

https://globalnetworkinitiative.org/line-corp-joins-gni/

 

LINE は、グローバルで広く使用されているコミュニケーションアプリ「LINE」をはじめ、幅広いモバイルアプリ・サービスを全世界で提供しており、積極的にプライバシーの保護やセキュリティの強化に取り組んでいます。全世界で安心してサービスをご利用いただくため、日本はじめ欧州含む各国の法規制を基に、ユーザー情報を保護するための仕組みを内部ポリシーとして厳格に定め運用しております。

 

この度LINEは、インターネット上のプライバシー保護と表現の自由を推進する世界的な組織GNIに1年間の期限付きでオブザーバーとして加盟し、GNIが行う活動に協力することとなりました。GNIは世界人権宣言などの国際的に認知された人権保護の枠組みなどに基づく独自の規範やガイドラインを作成・公開しており、特にICT企業に対してユーザーのプライバシーや表現の自由を尊重し、促進することを求めています。また、プライバシーや表現の自由を尊重・促進するための規制や政策の提言を政府や国際機関とともに発表したり、このような動きを促進するためのセミナーを開催したりしています。LINEはアジア地域を中心としたこれまでのプライバシー保護に関する取り組みの実績を活かし、これらの活動に貢献することが期待されています。

 

LINE では、今後も、ユーザーの皆様が、より安心・安全に利用できるサービスを目指し、プライバシー保護やセキュリティ強化に向けた取り組みや体制づくりを積極的に行います。

 

参考:LINEのセキュリティとプライバシーへの取り組み
https://linecorp.com/ja/security/