【LINE LIVE】ライブ配信をしながらクイズに挑む「LIVE Q」と、ゲーム実況等を簡単に配信できる「スクリーン配信」が登場

2019.04.15 LINE LIVE

配信方法がさらに多様化、配信者と視聴者とのコミュニケーションもより活発に

 

LINE株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛)は、当社が運営するライブ配信サービス「LINE LIVE https://live.line.me/ において、ライブ配信時に視聴者とコミュニケーションをとりながらクイズ大会に参加出来る応援型ライブクイズ「LIVE Q」を本日21時よりスタートいたしますので、お知らせいたします。1

1iOSにて実装、Androidでは4月末を予定しております。

LINE LIVE」は、LINEアカウントやTwitterアカウントがあれば誰でも簡単に配信が可能なライブ配信サービスです。配信者は芸能人から一般ユーザーと幅広く、日常の出来事や心境を日記のように話したり、音楽演奏や歌唱など自身のパフォーマンスを披露したり、時間や場所に捉われず、それぞれが自由にライブ配信を楽しんでおります。また、視聴者はただ単に視聴するだけでなく、コメントやハート・応援アイテムで配信者の夢や目標を応援するなど、各々好きな楽しみ方でリアルタイムのコミュニケーションを楽しんでいます。

  

今回追加する「LIVE Q」は、ライブ配信者が視聴者と一緒になってクイズに答えていく視聴者応援型のクイズ機能です。クイズに挑戦できるのは、ライブ配信中のユーザーのみ。ライブ配信中に出題される様々なジャンルのクイズに回答していくことで予選を勝ち進み、決勝で見事優勝すると、アプリ内での配信表示が優遇されるなどの特典を獲得することができます。

 

LINE LIVE」では、昨年よりライブ配信でクイズが楽しめる「LINEトリビア」を展開、有名人を中心としたクイズ出題者と視聴者がリアルタイムで掛け合いを楽しめるエンターテインメントショーとして多くのユーザーに支持いただいており、「LIVE Q」は、全ての配信者が視聴者と一緒に楽しめる機能として、今回さらにパワーアップいたします。

 

毎日21時に開催されるこのクイズ大会の特徴は、視聴者の応援がクイズ正解への鍵となることです。視聴者は、応援アイテムを送ることで4択クイズを2択まで減らすことができるため、クイズに参加している配信者とのコミュニケーションが重要となります。

 

クイズは1回につき全46問で、1問目はLINE LIVEに関わるクイズ、そして2問目以降は雑学系のクイズを出題いたします。第1回目は本日より開始いたしますので、ぜひチャレンジしてください。

https://live.line.me/event/1607

 

■「LIVE Q」の流れ

 

 また、スマートフォンの画面をそのまま配信出来る「スクリーン配信」機能を新たに追加*1いたしました。

*1:IOSにて実装、Androidは今後実装予定。

今回追加する「スクリーン配信」機能は、スマートフォンやタブレットの画面をそのまま配信出来る機能です。これまで、ゲーム実況やアプリ紹介などをライブ配信する際は、スマートフォンとPCを用意して配信するなど工夫が必要でしたが、本機能を活用することで、スマートフォン1台で簡単に配信することができます。

 

また、LINE LIVEアプリを立ち上げることなく、ゲーム画面の状態から配信を開始することができたり、配信中の通知が映りこまないように通知部分をぼかしたりすることが可能となっており*2、ユーザーが快適かつ安全にライブ配信を楽しむ環境を提供いたします。

*2:通信環境やスマートフォンの状況によりぼかせない場合がございます。

 

■「スクリーン配信」機能の流れ

LINE LIVEでは、今後も配信者と視聴者を繋ぐ仕組みを通して、LINEならではの感動やエンターテイメントを創出してまいります。