LINE、送信メッセージを時間限定で取り消しできる「送信取消」機能を12月以降に実装 実装に先駆け、誤送信の思い出を精算する『#LINE誤爆 Black FRIDAY』キャンペーンを本日より開始

2017.11.16 All

間違ってしまったLINEを消せない時代が終わる前に、誤送信の体験談をみんなで笑い飛ばそう


LINE株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛)は、同社が運営するコミュニケーションアプリ「LINE」 https://line.me/ja/ にて、2017年12月以降に送信したメッセージを時間限定で取り消しできる「送信取消」機能を実装する運びとなりましたことをお知らせいたします。

また、実装に先駆け、LINEを誤送信した体験談をユーザーの皆様から募集する『#LINE誤爆 Black FRIDAY』キャンペーンを本日から開始しましたので、ご案内いたします。

キャンペーンサイト https://campaign.line.me/bf/
Twitter https://twitter.com/LINEjp_official

/stf/linecorp/ja/pr/171116torikeshi2.png

LINEでは、ユーザビリティの向上及びコミュニケーションの選択肢を拡大させるための機能拡充の一環として、12月以降に「送信取消」機能を実装する運びとなりました。送信取消の対象となるメッセージは、機能提供開始時は24時間以内に送信したメッセージとする予定で、以降ユーザーの皆様の反応を見ながら検討してまいります。なお、「送信取消」機能の詳細については、実装時にお知らせいたします。

この「送信取消」機能の実装を前に、11月16日(木)から11月24日(金)の期間、『#LINE誤爆 Black FRIDAY』キャンペーンを開催します。『#LINE誤爆 Black FRIDAY』キャンペーンは、LINEを誤送信した体験談(黒歴史)をユーザーの皆様から募集し、LINEの黒歴史のトップである『Best of #LINE誤爆』をみんなで決定するオンライン上のお祭りです。リツイート投票日程は、ブラックフライデー当日である11月24日(金)で、ブラックフライデーの開催時間と「送信取消」機能のメッセージ取消時間にちなみ、24時間限定とします。

間違ってしまったLINEを消すことができない時代の幕が降りる前に、LINEにまつわる黒歴史を共有し、これまでの甘くほろ苦い誤送信の思い出を懐かしみつつ、みんなで笑って苦い思い出を精算しましょう。秀逸なエピソードを投稿した方には、なにが入っているかお楽しみの特製ブラックボックスやLINEポイント(1万円相当)をプレゼントいたします。また、リツイート投票に参加した方にもLINEギフトコード(1,000円分)のプレゼントのチャンスがあります。

今回が最初で最後となる『LINE Black FRIDAY』キャンペーンに是非、この機会にご参加ください。
■『#LINE誤爆 Black FRIDAY』キャンペーン概要

【実施場所】キャンペーンサイト https://campaign.line.me/bf/
       Twitter https://twitter.com/LINEjp_official
【実施期間】2017年11月16日(木)~11月24日(金)
【実施概要】
①LINE TimelineとTwitterで、LINEでの苦い思い出をキャプチャーもしくはテキストにハッシュタグ「#LINE誤爆」をつけた投稿を募集する。
②募集作品の中から、LINE選考委員会に選ばれた優秀作品20作品が、11月24日(金)10時30分にキャンペーンサイト内の黒歴史の殿堂「BLACK SHOWROOM」に掲載される。
③11月24日(金)10時30分~11月25日(土)10時29分の期間、LINEの公式Twitterアカウント(@LINEjp_official)がつぶやく優秀作品5作品のツイートに対し、24時間限定リツイート投票を募る。
【プレゼント】

/stf/linecorp/ja/pr/171116torikeshi3.png
・「Best of #LINE誤爆」に選ばれた方(1名)には、特製サプライズ ブラックボックスをプレゼントいたします。
・優秀作品に選ばれた方(20名)には、LINEポイント1万ポイントを進呈いたします。
・リツイートで投票してくれた方の中から抽選で選ばれた方(100名)には、LINEギフトコード1,000円分をプレゼントいたします。

【BLACK SHOWROOM展示内容】
BLACK SHOWROOMには、『#LINE誤爆 Black FRIDAY』キャンペーン開始時、黒歴史の実例を掲載しています。ぜひ、ご注目ください。

/stf/linecorp/ja/pr/171116torikeshi4.png
【参考資料】
LINEは、「送信取消」機能実装と『LINE Black FRIDAY』キャンペーン開催を発表するにあたり、LINEの誤爆に関する動向を把握するため、インターネット調査を実施いたしましたので、その結果をお知らせいたします。

【調査概要】
調査方法:LINE公式アカウント「LINEチーム」 Research Platformを利用した、スマートフォンによるモバイルアンケート
調査対象:LINEユーザー男女      最終有効回答数:8,577サンプル          調査期間:2017年11月10日~12日

/stf/linecorp/ja/pr/171116torikeshi5.jpg

「LINEで誤ってメッセージを送信した経験」について聞いたところ、LINEで誤送信した経験がある方は約85%もいる結果となりました。また、「LINEでどのように誤ってメッセージを送信しましたか?」という問に対しては、「誤字脱字があるメッセージを送ってしまった」の回答がトップとなりました。

また、「LINEでメッセージを送信したことに気づいた際、どのような行動をとりますか?」の問に対しては「すぐ謝る」と回答した方が57%と過半数を超え、続いて「間違ったことに呆然とする」の回答が15%の結果となりました。
なお、「その他」を選択した方の中には、「正しいメッセージを送りなおす」「スタンプを打ってごまかす」「自分で突っ込んでギャグにする」「とりあえず笑う」「とりあえず自分の方だけメッセージを消す」という回答も見られました。