【コーポレート】米・仏ベンチャーキャピタル 「DAG Ventures」および「Korelya」への出資に関するお知らせ

2016.09.29 Corporate Announcement

LINE株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:出澤 剛)は、2016年9月29日開催の取締役会において、当社子会社であるLINE Plus Corporation(本社:韓国京畿道城南市、代表:慎 ジュンホ)を通じ、ベンチャーキャピタル「DAG Ventures」(本社:アメリカ合衆国・カリフォルニア州)および、「Korelya Capital」(本社:フランス・パリ、代表:Fleur Pellerin)が組成するファンド「K-Fund 1」に出資を実行することを決議いたしましたので、お知らせいたします。

 

なお、「K-Fund 1」への出資は、当社親会社であるNAVER Corporation(本社:韓国城南市、CEO:Sang Hun Kim)との共同出資となり、各社5000万ユーロ、合計1億ユーロを出資いたします。

 

1.本件出資の理由

LINEでは、現在、日本・タイ・台湾・インドネシアの4カ国に戦略的に集中し、投資戦略に関しても、これまでこの4カ国における既存LINE事業に関連した投資を中心に推進してまいりました。一方、将来的な観点においては、世界的な有力企業からスタートアップまで、多くのテック企業が集中する最先端エリアである、米国・欧州・中国・インドなどでの継続的な情報収集やネットワークの構築など、未来を見据えた投資活動が必要であると判断し、今回アメリカとフランスのベンチャーキャピタル2社への出資を決定いたしました。

 

「DAG Ventures」は、過去4年間のテック部門における投資案件で最も結果を残したベンチャーキャピタルとして8位*1 となるなど、活発な投資実績を誇るベンチャーキャピタルです。「Korelya Capital」は、前・フランス文化大臣としてフランスのIT主権を確立し、テックスタートアップへの支援を唱えていたフルール・ぺルラン氏が設立したIT部門を中心とする投資会社であり、欧州におけるスタートアップへの投資と育成を推進しています。2社ともに当社の意向とニーズに合致したことから出資先に決定いたしました。

*1ソース:CB Insights「INVESTORS IN THE TOP 100 VC-BACKED US TECH EXITS Q4’12-Q2’16」

 

現地でプレゼンスを構築するベンチャーキャピタルへの出資を通じ、間接的に現地スタートアップへの投資を行うとともに、トレンド・市場情報の収集やネットワーク構築を行うことに加え、ひいては、当社の今後のビジネスおよびサービスの拡大、LINEユーザーへの新たな価値の提供につながることを期待しております。

 

LINEでは、今後も、長期的観点からグローバル市場における投資を視野にいれた様々な取り組みを展開してまいります。

 

2.出資先の概要

「DAG Ventures」

■名称:DAG Ventures

■所在地:251 Lytton Avenue, Suite 200, Palo Alto, CA, 94301

 

「Korelya Capital」

■名称:Korelya Capital

■所在地:Paris, France

■代表者:Fleur Pellerin

 

<LINE Plus Corporationについて>

■名称:LINE Plus Corporation

■所在地:韓国京畿道城南市

■代表取締役:慎 ジュンホ

■事業内容:海外マーケティング及びLINE関連の各種海外サービスの開発

■資本金:199億6,924万ウォン(LINE株式会社100%子会社)