【LINE】モバイル送金・決済サービス「LINE Pay」、加盟店申し込み受付を開始、加盟手数料不要・決済手数料0%で導入が可能

2014.12.19 LINE

EC・デジタルコンテンツ販売サイトなどを対象とし、

国内5,400万人を超えるLINEユーザーからの決済利用を見込む

 

LINE株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:森川 亮)は、同社が運営する無料通話・無料メールスマートフォンアプリ「LINE(ライン)」に搭載するモバイル送金・決済サービス「LINE Pay」http://line.me/pay において、ECサイト・デジタルコンテンツ販売サイト・アプリ事業者などを対象に、LINE Pay加盟店の申し込み受付を開始いたしましたので、お知らせいたします。

 

■LINE Pay加盟店申請サイト

https://pay.line.me 

 

LINE Payは、キャリアやOSに左右されることなく、世界で1ヶ月に1億7,000万人以上が利用するLINE(iPhone/Android)を通じてユーザー間での送金や、提携サービス・店舗での決済を簡単・便利に行うことができるモバイル送金・決済サービスです。

*詳細はサービス公開時のプレスリリース(http://linecorp.com/ja/pr/news/ja/2014/891 )を参照ください。

 

LINE Payは、豊富なユーザー基盤を持ち、日常的な利用頻度も高いLINE上から、個別サイトへの利用登録が不要で簡単に決済ができるため、利用者の購入手続きの簡略化を実現し、LINE Pay加盟店においてはサービス利用・流通額の増加や成約率の向上を見込むことができます。

 

本日より、LINE Payによる決済導入を希望するECサイト・デジタルコンテンツ販売サイト・アプリ事業者などを対象に、加盟店の申し込み受付を開始いたしました。事業者は、LINE Pay加盟店申請サイトにて加盟店申請および書類の提出を行い*1、出店審査を通過すると、LINE Pay決済を導入いただくことが可能になります。

*1:申請方法の詳細は、上記サイトにてご確認いただけます。

 

なお、加盟店手数料は、導入から2年間は月間決済額100万円まで0%*2で利用でき、100万円超えた分については物販が3.45%、デジタルコンテンツが5.5%を基本とし、国内主要ID決済サービスよりも格安の料率で運用いただくことが可能です。

*2:LINE Pay加盟店申請サイトから直接申請があった場合のみ適応

LINE Payでは、既に来春を目処に数十件の大型加盟店による導入も見込んでおり、今後、LINEのユーザー基盤を活かした送客キャンペーンやパートナーシップ施策なども随時実施していくことにより、LINE Pay加盟店および決済利用の拡大を図ってまいります。