[コーポレート] 講談社・小学館・メディアドゥ・LINEの4社による「LINE マンガ」のグローバル展開を目的とした合弁会社「LINE Book Distribution」に関する基本合意のお知らせ

2014.10.08 LINEマンガ

株式会社 講談社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:野間 省伸、以下:講談社)、株式会社 小学館(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:相賀 昌宏、以下:小学館)、株式会社 メディアドゥ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田 恭嗣、以下:メディアドゥ)、およびLINE株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:森川 亮、以下:LINE)は、この度、コミックを中心とするデジタルコンテンツ配信のグローバル展開を推進するためのLINEの連結子会社である「LINE Book Distribution 株式会社」(ライン ブック ディストリビューション、以下LINE Book Distribution)において、新たに講談社・小学館・メディアドゥの3社と資本業務提携を行い、LINEを含めた4社の合弁事業会社として発足いたしましたので、お知らせいたします。

 

【本事業の背景と目的】
2013年4月にLINEが国内向けにサービスを開始したスマートフォン向け電子コミックプラットフォーム「LINE マンガ」は、大手出版社をはじめ、約50社以上の出版社・レーベルからコンテンツの提供の協力を受け、現在までに8万点以上のバリエーション豊富なタイトルを提供しています。LINEと連携することにより、ユーザー間のコミュニケーションを通じた新たなコンテンツと出会う機会を創出し、累計ダウンロード数800万件を超える国内最大規模のスマートフォン向け電子コミックプラットフォームへと成長いたしました。

 

一方、海外のマンガを取り巻く環境においては、特にアジア圏を中心に、日本の魅力あるマンガ文化へのニーズが多くあるにも関わらず、デジタルコンテンツをグローバル展開しているプラットフォームが少ないことから正規版コンテンツがなかなか手に入らず、海賊版の横行が未だ改善されていないのが現状です。また、日本の出版社においては、海外でコンテンツのニーズがあるにもかかわらず、資金面や人材雇用面などで容易に海外展開ができないといった課題がありました。

 

本合弁事業会社である「LINE Book Distribution」では、それぞれ各社の強みである、①LINEがこれまで培った日本国内における「LINE マンガ」の開発・運営基盤および、アジアをはじめとしたグローバルでの大規模なLINEのユーザーベース、②講談社・小学館が持つ豊富で魅力あるコンテンツ力、③メディアドゥの取次として提供するコンテンツと安全かつ強固なデジタルコンテンツ配信システムを結集した「LINE マンガ」グローバル版の提供を通じ、世界に向けて日本の良質なコンテンツの流通を推進してまいります。今後、「LINE マンガ」グローバル版を通じて世界のユーザーとデジタルコンテンツの接点を創出することはもちろん、スマートフォン時代における新たなマンガの楽しみ方を世界のユーザーに提案することで、日本のマンガ市場の更なる発展と活性化を目指します。

 

なお、実際のサービス開始は年内を予定しており、講談社・小学館をはじめとした国内出版社・レーベルから提供を受けた作品を、まずは、英語・中国語(繁体字)版にて配信していく計画です。提供内容の詳細などについては、今後サービス開始時に改めてお知らせいたします。




【合弁事業会社の概要】
社名:LINE Book Distribution 株式会社 
所在地:東京都渋谷区渋谷2-21-1 ヒカリエ27階
資本金:3億円(資本準備金含む)
役員構成:
代表取締役社長 舛田 淳(株式会社LINE 上級執行役員 CSMO)
取締役 大西 豊(株式会社小学館 取締役 デジタル事業局担当)
取締役 吉羽 治(株式会社講談社 国際事業局長兼デジタルビジネス局長)
取締役 溝口 敦(株式会社メディアドゥ 取締役 事業統括本部長)
取締役 出澤 剛(LINE株式会社 代表取締役 COO)
取締役 田中 健一(LINE株式会社 財務経理室 副室長)
取締役 森 啓(LINE株式会社 LINEコンテンツ事業部 事業部長)
監査役 山本 治(株式会社メディアドゥ 取締役 経営企画室長兼管理本部長)
監査役 落合 紀貴(LINE株式会社 執行役員)
主な事業内容:「LINE マンガ」グローバル版の運営、デジタルコンテンツ配信サービス等
株主:講談社、小学館、メディアドゥ、LINE(50音順)

 

【提供予定サービス】
サービス名:「LINE マンガ」グローバル版
提供言語:英語・中国語(繁体字)(スタート時)
提供時期:年内予定