[NAVERまとめ] サービス開始5周年の実績値を公開、9月より、優秀なまとめ作成者を対象とした「奨励制度」も刷新・拡充

2014.07.29 LINE

月間23億PV・6,700万UUを超えるキュレーションプラットフォームに成長
まとめ作成者へのインセンティブ総額は4億円を突破、上位100人の平均受取額は約150万円

LINE株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:森川 亮)は、同社が運営するキュレーションプラットフォーム「NAVERまとめ」http://matome.naver.jp が本年7月にサービス公開から5周年を迎え、これまでの実績値を公開いたしましたので、お知らせいたします。

NAVERまとめは、インターネット上のあらゆる情報を対象に、リンク・画像・動画・つぶやき等を自由に組み合わせ、ひとつのページに整理した「まとめ記事」を閲覧・作成することで情報の収集・発信ができるキュレーションプラットフォームです。2009年7月1日よりサービスを公開、幅広い情報を短時間で入手できるプラットフォームとして利用が広がっています。

サービス開始以降、これまでに作成されたまとめ記事は約150万本に及び、2014年6月期には約23億PV、また、過去最高値となる約6,700万UUを記録するなど成長が続いています*1。最も閲覧されているまとめ記事の累計PVは2億に迫り、お気に入り登録が1,000以上のまとめ記事が7,500本を超えるなど、価値あるまとめ記事が数多く作成されることでユーザー・閲覧数がさらに増加する好循環を生んでいます。
*1:PV(ページ・ビュー)=総ページ閲覧数/UU(ユニーク・ユーザー)=サイト訪問者数、それぞれPC・スマートフォン・フィーチャーフォンの総計

グラフ1
また、NAVERまとめでは、2010年11月より、まとめ作成者の活動を支援・奨励する「まとめインセンティブプログラム」を採用しています。さらに、2012年2月より、良質なまとめ記事の作成を支援することを目的として、特に優秀なまとめ作成者に対して高いレートでインセンティブを支払う「奨励制度」を開始しています。

なお、「まとめインセンティブプログラム」開始以降、これまでのインセンティブ総額は現時点で4億円を突破しています。また、最も多くインセンティブを獲得した作成者は1,500万円以上の報酬を獲得しており、上位10名の平均額が約570万円、上位100名の平均額が約150万円と高い収益を上げています。

グラフ2

さらに、NAVERまとめでは、スマートデバイスのさらなる普及などによって生まれてくる新しい情報ニーズに応えるため、これまで以上に良質なまとめ記事の作成および作成者を積極的に支援することを目的に、来る9月に優秀なまとめ作成者を評価する「奨励制度」を刷新いたします。

【新奨励制度の主な変更点】
・奨励金の原資の拡大
・奨励金対象者選定の審査期間短縮
・奨励金レート適用のインセンティブ支払いの早期化

詳細は、NAVERまとめ公式ブログ「NAVER LAND」( http://naverland.naver.jp/?p=7583 )にてご確認ください。

NAVERまとめでは、今後も良質なまとめ記事の作成を支援する取り組みを積極的に行い、ユーザーにとって価値ある情報が集まるキュレーションプラットフォームとしての成長を図ってまいります。

 

リスト