LINE

ユーザーファーストのベストプラクティスを。プロダクト開発に込める想い。

LINE KYOTOには様々なキャリアのエンジニアが在籍しており、受託開発からキャリアチェンジをしてLINEで活躍しているエンジニアも多くいます。今回は大阪在住、LINE KYOTOで働くフロントエンドエンジニアの岡本に自社サービス開発の面白みやLINEのフロントエンドの技術・開発体制について聞きました。

1番ベストだと思う技術で開発したい

これまでのキャリアを教えてください

ゲーム業界でエンジニアとしてキャリアをスタート。その後Web業界に転職し、Webアプリケーションエンジニアとしてサーバー、フロントエンド、時々インフラも触りながらPHPメインで開発していました。前職はWebサービスの受託開発会社でフロントエンド寄りの開発とプロジェクトマネージャーのキャリアを積みました。

LINEで働きたいと思ったきっかけは何ですか?

これまで受託会社でやってきたので、“何故このように開発するのか”“この技術の方がいいと思う”という意図や、やりたいことを捨てることが普通でした。
そのような葛藤を繰り返し、やっぱり自分たちがベストだと思う技術や開発手法でプロダクト・サービスをつくっていきたいという気持ちが強くなり、去年の秋頃にLINEに入社しました。
私は、生まれも育ちも関西なので、関西圏で転職先を探したのですが、自社サービスの開発ができて、且つプロダクトインパクトを持つ会社はまだあまり多くない印象で、自然とLINEに入社を決めていたという感じですね。

入社後のギャップはありましたか?

技術面でいうと、開発スタイルを自由にエンジニア同士で決められる環境で、ギャップはなく、むしろ理想通りです。入社してみて、外から見ていたようにやっぱり技術力が高い人が多くいるので、一緒に開発ができることがとても魅力的だなと思っています。
カルチャーに関しても、大企業なのでもう少し堅い印象をもっていたのですが、思っていた以上に自由度が高いなと感じています。その分エンジニア一人ひとりがオーナーシップを持つことは重要なんですけどね。

よりよいパフォーマンスを目指して

業務内容を教えてください

私はLINEログインを中心として複数のプロジェクトでフロントエンド開発を行っています。LINEログインは自然と利用してくれている方が多いと思うのですが、LINEのアカウントやサービスで他のサービスにログインできる仕組みです。プロジェクトメンバーとして顔を合わせるエンジニアは5、6名程なのですが、認証などの領域を担当するステークホルダーも含めると30名程と多くのメンバーが関わっているサービスです。
開発に関しては東京と京都のメンバーで構成されており、オンラインミーティングなどで意見交換しながら進めています。また月に1回程度は東京に出張し、face to faceでコミュニケーションを取りプロジェクトが円滑に進むようにしています。プロジェクトメンバーは外国籍のエンジニアもいるので、言語はその時々によって使い分けていますが、このプロジェクトでは日本語がメインですね。

どんな技術を使っていますか?

LINEの中でもブランチや組織の体制によってエンジニアリングポジションも多少違いがありまして、例えば、東京だとマークアップエンジニアとフロントエンドエンジニアを明確に分けていたりします。LINE KYOTOは少数精鋭の組織ということもあり、その辺の区分はせずフロントエンドエンジニアとしてやっています。言語はJavaScriptやTypeScript、マークアップよりだとCSSやHTMLも使います。
フレームワークは、Vue.js、Reactあたりがメインですね。

共通のフレームワークを使っているエンジニア同士だと、フランクに声を掛け合ってナレッジをシェアしますし、LINEで内製している領域のベストプラクティスが知りたいときは、部署を横断したグループに質問したり、知見を求めたりすることもあります。また、LINEでは他サービスのコードも社内に全て公開されているので技術的なヒントを拾える機会は多くあります。

チャレンジしていることや面白みを教えてください

私の担当しているプロジェクトは昔から稼働しているサービスであることもあり、フロントエンドの開発の仕方や構成が少々古くユニークで、多少やりにくさを感じたことがありました。そこでフロントエンドの開発フローを含めて技術刷新を行い、フロントエンドとサーバーサイドのスコープを明確にわけ、さらに新しく入社したエンジニアでもわかりやすい構成にできるよう改善を行っています。
今は私みたいに入社したばかりのエンジニア含め、マークアップ・フロントエンドエンジニア両方にとってやりやすい構成になってきたと感じています。また、プロジェクト全体の観点でいうと、フロントエンドとサーバーサイドどちらもバランスをとって開発していくことも大事で、ステークホルダーが多い分の難しさもありますが、そこは新たなチャレンジだと思っています。

私は現在LINEのコアな部分に携わっているので、UIを変えたからといってユーザーが急激に増えるわけではないですが、携わったサービスが世の中にインパクトを与えている、LINE流に言うと誰かの生活の“WOW”になっていることがやりがいですね。

ユーザーファーストなプロダクトを世の中に。

仕事をする上で大事にしていることは?

「ユーザーの立場になって考える」ということを大事にしています。
このページをみたユーザーが何を思うのかを、ユーザー目線で考えて開発に落とし込むようにしています。
そのためデザインのドラフトをプランナーやクリエイティブからもらった際に、ユーザーに対して本当にこれでいいのか?と疑問に思ったときはフィードバックしたり、逆にエンジニア目線での提案をしたりしています。
よりいいサービスにしたいという想いは共通なので、いい議論ができますね。

これまでは受託会社にいたので、“プロジェクト”を考えていれば事足りたのですが、今は“プロダクト”のことを考える、その先にいるユーザーのことを想像して開発できることがとても楽しいです。
今後は、“これは自分がつくった”と言えるような開発を増やしていきたいです。それには、言われたものをつくるのではなく、そのプロダクトに自分の考えや思想が入っている必要があると思うので、そのような開発を1つでも多くやって行きたいと思っています。

ワークスタイルについて教えてください

エンジニアは裁量労働制なので出勤時間は自由です。私は大阪から毎日通勤しているのですが、時間をずらせるので阪急京都線の通勤ラッシュに被らず、余裕をもって通勤できます。片道45分くらいかかるのですが、その時間は技術情報のキャッチアップや英語の勉強などに充てています。毎日の習慣として積み重ねていけるので、少し遠いですが全然苦ではありませんね。
正直、私は入社するまで英語を勉強していたわけではないので、日々メンバーとのコミュニケーションや移動時間を有効に使って学びながらキャッチアップしています。外から見るとハードルが高そうに見えると思うので、そのような環境に希望を感じてもらえたら嬉しいですね(笑)

どんな人と働きたいですか?

“技術オタクだけじゃない人”でしょうか(笑)
もちろん技術オタクでもいいんですが、それだけを突き詰めるというよりは、サービスやプロダクトのことも考えられる人と一緒に働きたいと思います。共にベストプラクティスを議論できるような関係性が理想ですね。
また外国籍エンジニアが多い環境なので、ダイバーシティな環境に抵抗感がなく、逆に自分のキャリアパスとして面白みがありそうだと前向きなスタンスで入ってもらえると嬉しいなと思います。

あとは、「もっと自由に開発を行いたい」「言われて作るだけの開発をしたくない」という思いを持っている人でしょうか。例えば、何かしらの縛りがあって思ったような開発ができない、周りの理解が無く古い技術スタックをつかわないといけないような、いまひとつ目の前の開発に納得感を持てていない方にLINEを選択肢に入れてもらいたいです。

LINEは新しい技術をどんどん取り入れていて、自分たちの技術的なチャレンジを世界のユーザーに見てもらえるサービスでもあるので、刺激的な開発環境だと思います。