メッセージ

  • LINEというチームには、エンジニアの力が欠かせません。
    コミュニケーションアプリ「LINE」は2011年に生まれ、以降様々な機能を追加し多数の関連サービスが開発されました。
    また、AIアシスタント「Clova」やFintech領域など多種多様な新規事業にも取り組み、今後も多くのサービスが生まれていきます。

    サービスを生むことはゴールではありません。
    より多くのユーザーに利用され愛されるために、様々な面において成長することが求められます。
    サービスの成長にゴールはありません。

    「LINE」をはじめ既にあるサービスも未だ成長過程であり、これから生まれるサービスにも公開した瞬間から大きな成長が求められます。

    LINE Growth Technologyは、サービスの成長を開発主導で進める会社です。
    サービスが育つ過程で生じる様々な段階において課題を解決し成長を牽引する、Growth開発領域の高い専門性を持つチームとして、非常に重要な役割を担います。
  • LINE Growth Technologyという社名には、サービスの成長とともに働くエンジニアの成長も支えたいという想いも込めています。

    時に長い坂道を計画的に進み、時に急な崖を短期間で登る、これほど起伏の激しい多様なサービス開発に携わる環境は他にないでしょう。

    そして、サービスが成長する喜び・多くのユーザーに愛される喜びを感じることは、エンジニアにとっての何よりの財産になるはずです。

    ともに成長を。

    LINE Growth Technology株式会社 
    代表取締役社長

ミッション

Webサービスはリリース後の運営フェーズが非常に重要です。
LINE Growth Technologyでは、成長に向けた施策実施や運営効率化のためのツール開発等の改善活動など、
Growth開発の領域からLINEが運営する様々なサービスを支えていきます。

  • サービスの分析と課題解決
  • ユーザーエクスペリエンスの向上
  • サービスの継続的な成長

サポート

LINE Growth Technologyでは、働くエンジニアの成長のためにあらゆるサポートを行います。

  • Education

    入社後OJTを含む社内研修、日本語・英語・韓国語の語学研修、LINE社エンジニア開催の勉強会、業務に必要となる書籍購入費サポートなどの各種学習サポートがあります。

  • Opportunity

    国内外で実施される各種カンファレンスへの参加費用負担、LINE社エンジニアとカジュアルにslack上で情報交換可能、年に1度のLINEグループ全エンジニアによるWORK SHOP開催など、成長機会を多く提供しています。

  • Evaluation

    上司は全員エンジニアなので、エンジニアによるエンジニアの評価を行い、マネージャーとの定期1on1でのキャリア相談、キャリア希望・現場の問題や会社への要望を年2回伝えられる自己申告制度など、ご自身の価値を最大化するための支援制度が整っています。

  • & More

    最新スペックのPC貸与、メンバーをランダムにグルーピングしたシャッフルランチ、社内交流費補助、お菓子常備などなど環境整備を含め順次追加してまいります。もちろん、これがほしいというご提案もお待ちしています!

インタビュー

Needs of
Growth Engineering

一緒に働く仲間と文化や制度など成長できる開発組織を作っていきたい

取締役

片野 秀人

取締役

福島 英児

対談を詳しく見る

“自分の成長のため”を一番に考え、それが結果的に会社のプラスになる

会社概要

  • 名称 LINE Growth Technology株式会社
    設立 2018年6月1日
    資本金 ¥100,000,000(2018年6月30日時点)
    取締役

    代表取締役社長 池邉智洋

    取締役 片野秀人

    取締役 福島英児

  • 事業内容 LINE各種サービス運営のための継続的開発業務
    所在地

    〒160-0022
    東京都新宿区新宿四丁目1番6号 JR新宿ミライナタワー23階

    株主構成 LINE株式会社