大人向けの情報モラル教育教材「家庭での対話」編を発表しました!

LINE株式会社では、2014年よりオリジナルの情報モラル教育教材を開発し、ウェブサイトで公開しておりますが、この度、最新版『「楽しいコミュニケーション」を考えよう!家庭での対話編』をリリースしました。

 

『「楽しいコミュニケーション」を考えよう!家庭での対話編』は保護者を対象としており、「スマホを持たせるのはなんとなく不安」「ルールをつくってもなかなか守られない」といった悩みに応える教材です。具体的には子どものネット利用においてトラブルの要因となる行動を3つに整理し、それぞれの要因に対応した1設定の確認,2ルールの工夫,3コミュニケーションのトレーニングという3つの対策から家庭での「自律を促す指導」を考える内容になっています。

 

 

 

 

教材は、スライド、ワークシートに加え、教材利用のガイドブックと合わせてウェブサイトで無料公開しているほか、弊社の講師によるリテラシー講演も実施しています。

■ 教材の対象年齢 保護者

■ 授業の設定

60-90分
*ワークの時間によって調整できます
*スライドを使わず、ワークシートのみで授業を薦める場合は、15~20分で実施できます 

■ 準備物

-スライドデータ
-ワークシート1人1枚
-カード1人1セット
-指導用ガイドブック
-パソコン、プロジェクタ、スクリーン

▶これまでの教材については、以下のリンクをご覧ください

LINEワークショップ 「楽しいコミュニケーション」を考えよう!  カード版第2弾

LINEワークショップ 「楽しいコミュニケーション」を考えよう! カード版「リスクの見積り」編

LINEワークショップ「楽しいコミュニケーション」を考えよう! マンガ版 

 

▶教材のお申し込みはこちらから 

▶講師派遣のお申し込みはこちらから