CSR

CSRの考え方

―様々なステークホルダーとの絆を大切にしながら「CLOSING THE DISTANCE」の実現を目指す―

LINE株式会社は、「CLOSING THE DISTANCE」 (世界中の人と人、人と情報・サービスとの距離を縮める)を
ミッションに掲げています。
皆さまが家族や友人とのコミュニケーションをより安心して楽しんでいただけるように。
また、皆さまが暮らす地域がより豊かで便利になるように。
LINE株式会社では、個人、学校、企業、自治体、政府機関などの皆さまと積極的に協力し合いながら、
コミュニケーションを通じて社会課題の解決と新たな社会価値の創造に取り組んでいます。

LINE株式会社が向き合う社会課題

「LINE」はアジア地域を中心に、月間利用者数2億人を超えるコミュニケーションアプリとして、多くの方にご利用いただいています。特に日本においては、青少年の多くが、電話や電子メールよりもよく使うコミュニケーションツールとなっています。そうした中で、特に成長過程にあるお子さまにおいては、コミュニケーションにおける行きすぎた言葉遣いなど、インターネット上のトラブル事例が出てきているのも事実です。安心・安全なコミュニケーションを楽しんでいただきたいと考えるLINE株式会社では、青少年や教職員、保護者、さらに行政の皆さまと連携しながら、サービスの機能改善や情報モラル・情報リテラシーの啓発活動を推進しています。

ステークホルダーとつくる社会価値

いつでもどこからでも身近な人とつながる手段であると同時に、弊社では「LINE」及びその他サービスを通じて、皆さまの生活をより豊かにすることに貢献したいと考えています。たとえば「行政や企業のサービスを、もっと便利に利用できるように」、あるいは「専門家への悩みや疑問の相談が、もっと気軽にできるように」「街の魅力の発信が、もっと広く展開できるように」。「LINE」が持つ「人と人をつなげる力」「情報や感動を広める力」をいかして新しい社会価値を追求していきます。

CSR活動の基盤にある“社会との約束”

LINE株式会社では、社会から信頼される企業づくりに取り組み、それをCSR活動推進の基盤としています。『LINEグループ行動規範』をまとめ、「法令の遵守」「多様性を理解した経営」「社会貢献活動」(災害支援、環境保護、 社会福祉、教育、芸術、文化推進)などへ最大限の努力を払うことを皆さまとお約束しています。

CSR活動の取り組み

企業の社会的責任を果たすためにLINE株式会社が推進する、より良いコミュニケーションと地域貢献に向けた活動を紹介します。

  • より良いコミュニケーション
    のために
    インターネットにおけるコミュニケーションの課題と向き合いながら、青少年を中心とした教育活動やサービスの機能改善に取り組んでいます。
    詳細を見る
  • 地域社会とともに
    より安全で、コミュニケーションと活気にあふれた地域社会を実現するための活動に取り組んでいます。
    詳細を見る