LINE's Mission

MISSION,LINE STYLE,LINE CODEの関係

「MISSION」を達成するために、LINEグループのメンバーには、
「LINE STYLE」と「LINE CODE」に沿った行動が求められます。
「MISSION」,「LINE STYLE」,「LINE CODE」の関係は以下の通りです。

「LINEグループ行動規範」
(CoC)についてはこちらをご参照ください。

「LINEグループ行動規範」(CoC)については
こちらをご参照ください。

私たちのミッションは、世界中の人と人、
人と情報・サービスとの距離を縮めることです。

LINEは、2011年3月11日に日本で発生した震災をきっかけに、モバイルメッセンジャーとして生まれました。

家族や友人・恋人など、身近な大切な人との関係性を深め、絆を強くするコミュニケーション手段こそが日本のみならず、世界中で求められていると考え、2011年6月にサービスを開始しました。

いまや、LINEは日本を始め、力強い成長を続けるアジア地域を中心に、世界で数億人に利用されるモバイルメッセンジャーへと成長を続けています。

私たちは、単に世界共通に画一化されたグローバルサービスではなく、各国毎の多種多様な文化・慣習を尊重し、”サービスをカルチャライズ(文化化)“していくことこそがその国で、その土地で、サービスを真に根付かせ、成長させていくために大切なことだと強く信じています。

成長させていくために大切なことだと強く信じています。

これから、モバイルメッセンジャーとして誕生したLINEは、モバイル上のユーザーニーズを統合的に解決していく、スマートポータルへと進化していきます。

人や情報/コンテンツ、オンライン/オフラインサービスなどあらゆるものとユーザーがいつでも、どこでも、最適な距離でシームレスに繋がっていく、LINEを入り口として生活の全てが完結する世界の実現を目指していきます。

LINEは、あなたと世界をつなぎ、毎日を共に過ごしてくれる、そんな、家族や友人のような存在になりたいと思っています。

LINEという会社を一言で表すとしたら何か?それは「チャレンジし続ける会社」です。

競争が激しく、変化の速い市場のなかで、生き残り、成功するために、私たちの会社では、ユーザーと市場の変化に合わせて進化をし続けること、そして、失敗を恐れることなく、絶えず新しい価値を開発・創造し、常に革新的な方法を模索することを重視しています。現状に安住することなく、進化を続け、革新的な価値を提供するために、私たちがこれまで拠り所としてきた価値基準が “WOW”です。

どんなに流行した製品やサービスも、その原点は個々のユーザーの“WOW”という感動、驚きから生まれています。

一人一人の“WOW”が友達や家族、恋人など周りの人に連鎖し、国境や言語の壁を越え、世界中に広がる。その積み重ねが、結果としてイノベーションと呼ばれ、人々の生活を変えていくー私たちはそう考えています。

“WOW”の精神は製品やサービス作りに限った話ではありません。LINEという会社はあらゆる活動全てにおいて、いたずらに他社に追従することなく、常に期待を超える“WOW”を提供することを是としてきました。

そして、これまでも、そしてこれからも、“WOW”を生み出し続けていくために、私たちが常に心がけるべき6つのキーワードがあります。6つのキーワードに優劣はありません。すべてがそろうことではじめて“WOW”を生み出すことができます。

  • NEEDS

    Understanding user needs unlocks everything

    “WOW”を生み出すために最初に考えるべきこと、それがニーズです。ユーザーニーズこそが全てのスタート地点であり、原点です。その上で、最も大事なことは、ただユーザーの声に耳を傾けるのではなく、声になっていない本質的なニーズを見極め、適切なタイミングで提供することです。

    ユーザーに欲しいものは?と聞くだけでは答えは見つかりません。ユーザーの気持ちになり切り、ユーザー以上にユーザーのことを考え、彼らが真に何を望んでいるのか想像力を膨らませること、それこそが“WOW”につながります。

  • SPEED

    Survival of the fastest

    ユーザーが喜ぶ姿=ニーズが想像できたら、その後はどうするか?真っ先に形にすることが重要です。卓越したアイデアに価値があるのではなく、戦略に価値があるのでもありません。変化の速い市場の中で、チャンスを掴むには、スピードこそが重要です。

    私たちの中に正解はありません。正解を持っているのはユーザーです。果たしてそれはニーズに合致しているのか、していないのか、まずは世に出してみて、ユーザーに審判を問うてみるー私たちはこれまで、愚直に、泥臭く、このトライアンドエラーを何百回、何千回と繰り返し、ユーザーと共にサービスを磨き上げてきました。世に出す速さ、改善する速さ、一つところに留まらず、絶えず変化し続ける速さ、それこそが、私たちの競争力です。

  • DETAIL

    The devil is in the details

    スピードとクォリティは相反する概念か?私たちはそうではないと考えています。スピードは非常に重要ですが、拙速にやれ、ということではありません。

    私たちはプロダクト・サービスの企画・開発を行う「ものづくり」の会社です。メニューボタンのラベリング、レスポンスの速さ、文字の大きさ…ユーザーの気持ちを想像し、ユーザーになり切って、どうしたら喜んでもらえるか?一つ一つ、細部まで考え抜き、こだわること。緻密に改善を重ねること。その小さなこだわりこそが、最終的に大きな差となり、勝負の決め手になります。その私たちの「ものづくり」にゴールはありません。

  • DATA

    Numbers don't lie

    私たちは全ての判断基準を数字=データに置いています。データは単なる数字の羅列ではなく、ユーザーニーズの総体であり、ユーザーの率直な評価そのものであり、全ての戦略と行動を決定する羅針盤である-私たちはそう考えています。

    個人の経験は嘘をつきますが、数字は嘘をつきません。先入観や固定観念を廃してデータを素直に事実として受け入れ、目標とのギャップを認識し、泥臭く地道に改善を繰り返す、それが私たちのスタイルです。

  • TEAMWORK

    1 + 1 = 11

    私たちは凡人の集まりであり、一人でできることの限界も知っています。私たちの会社にはカリスマも、ヒーローもいませんが、それでもグローバルへの壮大な挑戦を続けてこれたのは、LINEで働く個々のメンバーが、一つの共通のゴールに向かって、それぞれ全力を傾けつつも、自分の能力でできること、できないことを謙虚に自覚し、仲間を信頼し、協力し合ってきたからです。

    国籍も言語も違う、多種多様な価値観を持ったメンバーが、互いの強みを持ち寄り、掛け合わさることで生まれる強さを私たちは信じています。

  • ENJOY

    Pleasure makes perfect

    LINEという会社は、前例の無いことに無謀に挑み、失敗し、それでもくじけずに戦い続けて生き残ってきた会社です。そして、この挑戦はこれからも続いていきます。もしかしたら、うまくいかないことの方が多いかもしれません。苦しくて逃げ出したいと思うかもしれません。だからこそ、敢えて言います「楽しみましょう」。

    人一倍の苦労と失敗を乗り越えた先に、自分が手がけたサービスが、世界中のユーザーから“WOW”と感動されること。生活習慣を一変してしまうこと。想像しただけでワクワクしませんか?

    私たちの会社には、うまくいってもいかなくても、情熱を持って挑戦し続ける人・チームを奨励する文化があります。飽くなき情熱を持って無我夢中で頑張る、没頭してみる、そのプロセスの中にこそ、楽しさが潜んでいます。

私たちが生み出そうとしている“WOW”は、イノベーティブであるだけでは実現することができません。
私たちがチャレンジを続け、絶えず新しい価値を開発・創造していくためには、社会におけるルールを守り、周囲の人を尊重し、謙虚な姿勢で、透明性をもった行動を取らなければなりません。

どんなに革新的な価値も、独りよがりであったり、誰かを悲しませたり、社会に受け入れられなければ、大きな“WOW”をもたらすことはできません。
社会や外部パートナー、チーム、そして隣に座っている同僚とお互いを認め尊重し合い、手を携えてこそ、その価値は何倍にも大きなものとなります。

私たちは、常に自分に問いかけます。
自分のその行動は、両親、パートナー、子ども、友人、同僚など自分を信頼する大切な人に対し、胸を張って見せることができるのか。恥ずかしくない行動を取れているか。そして、自分のプライドにかなっているのか。

私たちが行動を起こすとき、心に留めるべき3つのキーワードがあります。
私たちは、LINEの社員として、サービスの提供者として、そして一人の人間として、常に”PRIDE“を持ち、
LINEのサービスを通じて、社会と共存し、誠実に向き合っていきます。

  • RESPECT

    多様性を認め互いを尊重し信じあう

    私たちは、挑み、失敗し、それでもまたチャレンジを続けています。
    私たちが多くのチャレンジをするためには、人種、宗教、性別、国籍、社会的関係などの多様性を理解し合える環境が必要です。多種多様な価値観は、私たちが生み出すサービスの幅をより一層広げるものとなります。

    また、私たちの働く会社が、私たちにとって、心地よい職場、成長できる職場となるように、ハラスメントや弱い者いじめの無い快適でやりがいのある職場環境をつくっていきます。国や組織、職位の壁を越え、互いを尊重しあい、コミュニケーションを交わすことで、イノベーティブな会社をつくっていきます。

  • COLLABORATION

    謙虚な姿勢で社会やパートナーと一体となっ
    て協力し合う

    私たちは、社会の一員として、社会に広く受け入れられる価値をつくっていきます。そして、LINEのサービスを通じ、積極的に社会と共存していきます。
    私たちのサービスは、多くの外部パートナーとの協力により形作られます。広告主、ゲーム会社、スタンプクリエイターなど、様々なパートナーに参画いただくことで、ユーザーにイノベーティブな価値を提供することができるようになります。パートナーと良好な関係を築くためには、パートナーに対して不当な圧力をかけたり、不当な要求をすることなく、Win-Winの関係となるよう常に意識しなければなりません。

    そのためには、社会における最低限のルールをきちんと守ることは勿論のこと、常に謙虚な姿勢を忘れず、自身のやるべき行動を自覚し、その行動の結果に責任を持たなければなりません。私たちは、日々のコミュニケーションを通じてパートナーと信頼関係を築き、一体となって価値提供をしていきます。

  • FAIRNESS

    公平で健全、正直な行動をとり、透明性をもって
    誠実に向き合う

    私たちがミッションを遂行して継続的に成長していくためには、各国や各地域の法令やルールを遵守していくことが不可欠です。失敗を恐れる必要はありませんが、うそをついたり、ずるをしたり、ごまかしたりすることで成功を勝ち取ることはいけない行為です。また、それを見てしまった場合、「いけないことである」と勇気をもって発信することも必要です。常に家族や同僚、友人や社会全体に誇りをもてるような、正直な行動に努めます。

    また、私たちは、様々なサービスを提供するプラットフォーム事業者として、特定のユーザーや国・地域・社会階層などに過度に偏ることなく、全てのユーザーや社会に対してフェアな姿勢で振舞います。利便性だけではなく、文化や思想、表現などに対する自由や中立、公正さを備えることで、多くのユーザーや社会からの支持を得られるものとなります。
    そして、私たちのサービスは、ユーザーのプライバシーを適切に保護することによって生まれる信頼の上に成り立っており、情報の管理に責任をもち、徹底していく姿勢が求められます。私たちは、透明性をもって、ユーザーや社会に誠実に向かい合っていきます。