沿革

  • 202103Zホールディングス株式会社との経営統合が完了

  • 2020 12東京証券取引所及びニューヨーク証券取引所において、当社株式を上場廃止

    10 [タイ]子会社であるLINE Financial Asia Corporation Limitedと、カシコン銀行の子会社であるKASIKORN Vision Company Limitedとの合弁会社であるKASIKORN LINEにて、銀行サービス「LINE BK」の提供を開始

    09 [タイ]オンデマンド型アシスタントアプリ「LINE MAN」を展開する子会社LINE Man Corporation PTE.LTDが、飲食レビュープラットフォーム「Wongnai」を運営するWongnai Media Pte. Ltd.を吸収合併し、第三者割当増資を実施
    子会社LINE Digital Frontier株式会社の株式をWebtoon Entertainment Inc.に譲渡し、LINE株式会社としてWebtoon Entertainment Inc.の一部株式を取得

    03 株式会社出前館が実施する第三者割当の株式を追加取得し、資本業務提携を締結

  • 2019 12 Zホールディングス株式会社との対等な精神に基づく両社グループの経営統合について、資本提携に関する最終合意を締結

    09 株式会社IBJのグループ企業の株式会社Diverseとの共同出資による新会社HOP株式会社を設立

    05 子会社LINE Financial株式会社および株式会社みずほ銀行を通じた共同出資による準備会社の設立に関する合意に基づき(2018年11月)、LINE Bank設立準備株式会社を設立

    04 取締役CWO(Chief WOW Officer)である慎 ジュンホ(シン ジュンホ)が、代表取締役CWOに就任し、代表取締役社長CEO 出澤 剛と代表取締役CWO 慎 ジュンホによる代表取締役2名体制に変更

    01 子会社LVC株式会社が実施する普通株式第三者割当増資を野村ホールディングス株式会社が引き受ける資本提携により、ブロックチェーン領域を中心とした金融事業における業務提携の検討開始に関し、当社、LVC、野村ホールディングス の三社間で基本合意書を締結
    エムスリー株式会社との共同出資による、オンライン医療事業を目的とした新会社「LINEヘルスケア株式会社」を設立

  • 2018 12 タイの商業銀行大手カシコン銀行と「KASIKORN LINE」を設立

    09 独自のブロックチェーン技術を活用し、ユーザーとサービス提供者の共創関係の構築を目指す「LINE Token Economy」構想を発表

    08 子会社LVC株式会社およびそのグループ会社を通じ、 独自に開発したブロックチェーンネットワーク「LINK Chain」を基盤とした「LINKエコシステム」を公開。併せて、「LINKエコシステム」内で利用できる汎用コイン「LINK Point(日本向け)」と「LINK(海外向け)」も公開

    07 LINEマンガおよびLINEコミックス事業を、新会社LINE Digital Frontier株式会社に継承

    06 当社が提供する様々なサービスの成長領域に特化した開発を専門に行う子会社LINE Growth Technology株式会社を設立

    04 金融事業領域を強化する子会社LINE Financial株式会社の第三者割当増資を引き受け、同社を特定子会社化
    エン・ジャパン株式会社と合弁契約書を締結し、共同出資による 転職求人情報等の掲載・配信事業を展開する新サービスを提供する新会社「LENSA株式会社」を設立

    03 子会社LINEモバイルが実施する第三者割当増資をソフトバンクが引き受ける資本提携、およびMVNO事業推進のための業務提携に関する契約書を締結

    01 株式会社FOLIOと、「LINE」上での次世代型投資サービス「FOLIO」展開を目的とした資本業務提携を締結

  • 2017 12 スマートフォン向け動画配信プラットフォームの開発・運営を行うファイブ株式会社の全株式を取得し、子会社化

    11 子会社であるLINE Pay株式会社およびLINE Business Partners株式会社が合併
    株式会社アミューズおよび株式会社テイパーズとの共同出資により、次世代の電子チケットサービス創出を目指す新会社「LINE TICKET株式会社」を設立、あわせて、株式会社バンダイナムコライブクリエイティブおよび株式会社エンジンと資本業務提携を締結

    09 LINEキャラクター等を活用した公式グッズの製造・販売を行うLINE Friends Store事業を、 新会社LINE Friends Japan株式会社に継承

    04 本社を新宿ミライナタワー(新宿区新宿四丁目1番6号)に移転

    03 Epic Voyage株式会社と資本業務提携を行い、同社を連結子会社化

    02 子会社LINE Plus Corporationが運営するカメラ事業を、顔認識スタンプ機能等を搭載した自撮アプリの開発、運営を行うSnow Corporationへと吸収分割により承継

  • 2016 07 ニューヨーク証券取引所(NYSE:LN)および東京証券取引所市場第一部(TSE:3938)に上場

    05 トランスコスモス株式会社との共同出資による新会社「transcosmos online communications株式会社」設立

    04 [タイ] 「LINE Pay」を展開する連結子会社のLINE Biz Plus Limitedがタイ大手オフライン決済プラットフォーム「Rabbit」を提供するBSS Holdings Co., Ltdと資本提携

    03 事業戦略発表イベント「LINE CONFERENCE TOKYO 2016」を開催―コーポレートミッション「CLOSING THE DISTANCE」および「スマートポータル構想」を発表

  • 2015 08 LongTu Koreaとの共同出資による新会社Lantu Games Limitedを設立

    03 EMA「モバイルコンテンツ運用管理体制認定制度」適合認定を取得

    02 O2O、EC、決済、メディア、エンターテイメント領域のサービスを展開する事業者を支援する投資ファンド「LINE Life Global Gateway」を設立
    株式会社インテリジェンスホールディングス(現・パーソルキャリア株式会社)との共同出資による合弁会社として、株式会社AUBEを設立、アルバイト求人情報サービス「LINEバイト」を公開
    個人情報関連サービスに関する内部統制の国際認証SOC2、SOC3(SysTrust) を2013年に続き2年連続で取得

  • 2014 12 音楽配信事業において、エイベックス・デジタル株式会社および株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメントとの共同出資による合弁会社として、LINE MUSIC株式会社を設立
    日本初の公式キャラクターグッズショップ「LINE FRIENDS STORE」を原宿にオープン

    10 国内のゲームコンテンツ開発会社およびゲームコンテンツを対象とした投資ファンド「LINE GAME Global Gateway」を設立
    株式会社講談社、株式会社小学館、株式会社メディアドゥの3社と資本業務提携を行い、4社の合弁事業会社として「LINE Book Distribution 株式会社」を発足
    事業戦略発表イベント「LINE CONFERENCE2014」にて、 LIFEプラットフォーム構想に基づく新事業を発表
    ゲーム事業において、グリー株式会社との共同出資による合弁会社として、Epic Voyage株式会社を設立

    09 株式会社gumiと資本業務提携
    子会社株式会社データホテル(現:テコラス株式会社)をNHN PlayArt 株式会社に譲渡

  • 2013 11 子会社として、LINE Fukuoka株式会社を設立

    04 ウェブサービス事業とゲーム事業を分割し、ウェブサービス事業を、NHN Japan株式会社が商号変更したLINE株式会社が承継
    ゲーム事業は、新設分割によって設立するNHN Japan株式会社が承継(2013年8月に「NHN PlayArt」に商号変更)
    子会社であるジェイ・リスティング株式会社をLINE Business Partners株式会社に商号変更

    03 個人情報関連サービスに関する内部統制管理システムの国際認証SOC2、SOC3(SysTrust) を世界で初めて同時取得

    02 海外事業展開を行う子会社として、LINE Plus Corporationを設立

  • 2012 10 本社を渋谷ヒカリエ(渋谷区渋谷2-21-1)に移転

    07 「LINE」事業において、プラットフォーム戦略を発表

    01 NHN Japan株式会社、ネイバージャパン株式会社および株式会社ライブドアの3社が経営統合

  • 2011 06 コミュニケーションアプリ「LINE」提供開始

  • 2010 05 インターネット企業株式会社ライブドアの株式を取得、子会社化

  • 2009 07 子会社であるネイバージャパン株式会社が検索サービス「NAVER」キュレーションプラットフォーム「NAVERまとめ」提供開始(2020年9月30日をもってサービス提供を終了)

  • 2007 11 子会社として、ネイバージャパン株式会社を設立

  • 2003 08 NHN Japan 株式会社に商号変更

  • 2000 09 ハンゲームジャパン株式会社設立