プロダクトマーケティングマネージャー・PMM / LINE(コミュニケーションアプリ)

求人概要 / Role and Responsibility
■業務概要
コミュニケーションアプリ「LINE」はグローバルMAU1億6,600万人(2020年6月末時点)、230以上の国と地域で利用される、非常に大きなスケールと影響力を持つプラットフォームです。
ニューノーマルの時代、変化するコミュニケーションの在り方を捉え、よりコミュニケーションプラットフォームとしての価値を高めるためのマーケティング課題に取り組んで頂くポジションです。

■業務のミッション
プロダクト企画チームや組織を横断した各ステークホルダーと協働しながら、ユーザーにWOWを届けることが主なミッションです。

< 求められる役割 >
・LINEプラットフォームが保有するマーケティングチャネルの強化
・プラットフォームを活用し、ユーザー体験を向上させながら成果を生み出す新たなマーケティングスキームの開発
・マーケティング・ユーザーコミュニケーション観点でプロダクトチームにフィードバックすることによる、プロダクトクオリティの向上

■具体的な業務
立ち上げフェーズのマーケティングチームに参加いただき、下記業務にプロジェクトリードとして従事いただきます。

< 業務の一例 >
・プロダクトのロードマップに基づく、マーケティング戦略の策定
・定量・定性のリサーチやデータに基づくプロダクトの課題やユーザーインサイトの発見
・ユーザー・プロダクト双方のニーズを満たすコンセプト立案とコミュニケーション設計
・様々な立場の関係者を巻き込み、プロジェクトの精度を高めながら実現するためのプロジェクト設計と推進
・各施策の成果を実現するために、LINEが抱えるオウンドメディアの強化や新たなメディアの開拓
・マーケティング課題を解決するためのプロダクト要件の定義と、プロダクトチームへのフィードバック


< 社員インタビューも併せてご確認ください >
LINEの企画者同士がノウハウ共有、社内限定トークイベントの中身を公開します(一部)
http://line-hr.jp/archives/53499899.html
賛否両論を経て。「LINEメッセージ取り消し機能」実装の真相
https://careerhack.en-japan.com/report/detail/1038
プロジェクト開始時は「潰そうと思った」
LINEのプロジェクトマネージャーが明かす、Smart Channelがはじまるまで
https://logmi.jp/tech/articles/322275
ユーザーが多いがゆえのやりがいと苦労とは?LINEプロダクトマネージャーの下地と資質
https://logmi.jp/business/articles/323355
世の中にインパクトを与える仕事ができる LINEのプロダクトマネージャーたちが明かす、現場の本音と体験談
https://logmi.jp/business/articles/323356
応募資格 / Qualifications
■必須の経験・スキル
・Webサービス/スマートフォンアプリのプロジェクトマネジメントの経験(3年以上)
・マーケティング上の課題解決、複数のチャネルを横断したマーケティングプロジェクトの実施経験(3年以上)
・自ら課題を発見・定義し実現可能なプロジェクト・スコープへと落とし込み、周囲を巻き込みながら実行できる自走力
・論理的思考力と、クリエイティブ領域に対する関心・感度
・国籍や文化、考え方が異なる多彩なメンバーの主張を理解して、合意形成をするアレンジ力をお持ちの方

■歓迎する経験・スキル
・語学力(英語・韓国語)

※以下のいずれの経験を持つ方※
・スマートフォンアプリの企画や運営経験のある方
・UX分野に関する知識と経験を持ち、画面設計、要件定義から制作ディレクションを推進できる方
・仕事/趣味を問わず、スマートフォンアプリやサーバーサイドの開発経験をお持ちの方

■求める人物像
・立ち上げフェーズのチームにおいて、不確実性や変化を楽しみつつ、チームとしての先行事例が乏しい中でやり抜くコミットメントできる方
・プロジェクト全体が速く前進するように、必要なアクションを取捨選択して行動できる方
・安定よりも成長を求めポジティブに課題に向き合える方
・想像力があり、それを実現できる実行力のある方

(参考) LINE STYLE https://linecorp.com/ja/company/mission?id=linestyle
勤務地 / Location
-
雇用形態 / Employment type
正社員
勤務時間 / Working hours
-
待遇・福利厚生 / Benefits
-