インフラ開発エンジニア(Kubernetes Platform)

雇用形態
正社員
業務内容
English follows Japanese


LINEではオンプレミスのインフラ拠点を国内外に複数持ち、物理サーバー数3万台超、インターネットトラフィックで1Tbpsを超える規模のインフラを運用しています。
サービスの成長と多角化により毎年30%程度のペースでインフラの拡大が続いています。 

そのインフラ上に、日々多種多様なアプリケーションのデプロイがなされており、アプリケーションを開発・デプロイするエンジニアは世界10拠点以上にまたがり、総勢2100名を超えています。
このようなインフラ・開発エンジニアの規模では、開発エンジニアがインフラ構成を意識したデプロイをすることは、学習コストと運用コストが極めて高くなります。

インフラ開発エンジニアはアプリケーションとその動作環境であるインフラをシームレスにつなぐために、ソフトウェアの技術と手法を用いて、インフラのプロビジョニングとオペレーションの自動化とそれらを可能にするためのプラットフォームに責任を持ちます。

このポジションで採用された方はKubernetes as a serviceやKnativeを利用したfunction as a serviceなどKubernetes Platform全体に携わっていただきます。



We have multiple on-premise IT infrastructure sites with over 30,000 servers and 1Tbps internet traffic worldwide.
Our infrastructure is growing by 30% annually due to service growth and diversification.

A wide variety of applications are being deployed on the infrastructure everyday and there are more than 2,100 developers in over 10 locations worldwide.
With this scale of infrastructure and developers, Learning and operating cost is too high for developers to deploy their applications with awareness of the infrastructure and its configuration.

We, infrastructure software engineers, are responsible for building and operating the platform which enables it to connect applications and infrastructure seamlessly using software techniques and methods.

In this position, you’ll be responsible for Kubernetes platform such as "Kubernetes as a service" and "Knative (function as a service)".



【サーバーサイド開発】
・APIをやスケジューラなどのKubernetesクラスタ管理ソフトウェアのサーバーサイドアプリケーション開発
 ・Kubernetesクラスタ管理ソフトウェアのPrivate Cloudへのインテグレーション (例:プロジェクトとクラスタのマッピング、クラスタに対するRBAC、複数あるバックエンドソフトウェアの抽象化)
・関連するOSS(Knative,Rancher,Kubernetes)の解析
・Kubernetesでは提供されていない機能の開発(例: k8s yaml editor, skeleton k8s template, helm chart catalog)
・Kubernets Platformを通じてLINE内部のサービスデベロッパーに提供する機能の検討
・Kubernetes as a serviceのデプロイのためのインテグレーションテスト及びシステムテストコード作成
・Kubernetes as a serviceのデプロイメントツールの開発
・開発・デプロイメントプロセスの改善
・Private Cloud Platformを通じてLINEサービスデベロッパーがコア業務に集中できる環境の提供

【OSS デベロッパー/メンテナー】
・LINEのサービスデベロッパーにクラウドネイティブなプラットフォームを提供するためのOSS運用 (Kubernetes as a service, Function as a service)
・依存しているOSSに対するコードレベルのトラブルシューティング (OSS例: Rancher, Kubernetes, Etcd, Knative)
・要件に合わせてKubernetes Platformをスケールさせる (1000クラスタ以上)
・Function as a serviceをスケールさせる方法の検討および実装
・OSSの拡張によるKubernetesオペレーションの自動化
・依存しているOSSの最新及び試験的機能の検証
・自社の要件に合わせるためのOSSのバグフィックスおよびカスタマイズ
 ・バグフィックス・カスタマイズはできるだけアップストリームにコントリビュート
・OSSのカスタマイズの開発・テスト・パッケージングのプロセスに対する好ましい方法の検討
・Private Cloud Platformを通じてLINEサービスデベロッパーがコア業務に集中できる環境の提供


【Server Side Developer】
・Write Server Side Application which perform api service, scheduler service working with management software for Kubernetes like Rancher.
 ・Integrate management software for Kubernetes into our Private Cloud (e.g. project cluster mapping, rbac for operation of cluster itself, make multiple backend software abstract...)
・Understand overview of depended OSS(Knative/Rancher/Kubernetes...)
・Develop feature k8s doesn't provide directly but be useful for user (e.g. k8s yaml editor, skeleton k8s template, helm chart catalog....)
・Consider what additional service we should provide to internal developer in Kubernetes Platform
・Write Integration/System Test for Kubernets as a service deployment
・Write deployment tool to automate Kubernetes as a service deployment
・Improve development/deployment process
・Obsess the developer experience in private cloud

【OSS Developer/Maintainer】
・Operate OSS based system so that we can provide cloud native functionality to internal developers (Kubernetes as a service, Function as a Service)
・Code level troubleshooting for OSS we depended on like Rancher, Kubernetes, Etcd, Knative
・Scale our Kubernetes Platform based on our requirement (more than 1000 clusters)
・Consider/Implement the way to scale our Function as a Service
・Automate k8s related operation by enhancing OSS
・Evaluate latest feature and some other experiment features of depended OSS
・Bug Fix/Customize to meet our requirements
 ・contribute to upstream as much as possible
・Consider the good way for developing/testing/packaging process for our customization of OSS
・Obsess the developer experience in private cloud
応募資格
■必要な経験・スキル | Minimum Qualifications
・3年以上のアプリケーション開発経験(C, Go, Python)
・ソフトウェアのトラブルシューティング経験
・クラウドサービスを取り巻く基本的なネットワーク、ストレージ、仮想化に対する知識
・最新技術を積極的に学んでいくマインド
・日常会話以上の英語力(英語での業務になります)
・OpenStack/Kubernetesに関する導入・運用経験
・オープンソースソフトウェアのコードレベルでのトラブルシューティング

・3+ years of experience of server-side software engineering (C or Go or Python)
・Experience of software trouble shooting
・Knowledge of cloud service (network and storage and virtualization).
・Mind to learn new technologies positively
・Ability to use English (most of communications are done in English)
・Experience operating or integrating OpenStack or Kubernetes
・Ability to troubleshoot OSS with code-level


■歓迎する経験・スキル | Preferred Qualifications
・オープンソースソフトウェアを自社向けにカスタマイズした経験
・オープンソースソフトウェアに対するコントリビュート経験
・分散システムの開発/運用経験
・国内/海外カンファレンスでの登壇経験

・Experience customizing OSS for company business requirements
・Experience of contributing OSS
・Experience operating or developing a distributed system
・Experience making presentations in tech conferences
勤務地
新宿オフィス
〒160-0022 東京都新宿区4-1-6 JR新宿ミライナタワー23F
勤務時間
10:00~18:30(実働7時間30分)
待遇 / 福利厚生
【休日/休暇】
完全週休2日制(土・日)、祝日、年次有給休暇、年末年始休暇、慶弔休暇、
リフレッシュ休暇制度(勤続5年で10日間)

【給与】
年俸制
-保有されるスキル・経験・能力により優遇、相談の上で決定
-別途、インセンティブプラン有

・諸手当:交通費全額支給、LINE Pay Card Benefit Plan(※)
・給与改定:年2回
・インセンティブプラン:年2回
※社員の「健康維持増進」「自己啓発」「次世代育成」を目的として給与とは別に支給する手当です。

【福利厚生】
◆各種保険
雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金保険

◆福利厚生
定期健康診断、各種社内イベント他

その他詳細は面談の際にお伝えします。
リスト