インフラ開発エンジニア(SRE)

雇用形態
正社員
業務内容
LINEではオンプレミスのインフラ拠点を国内外に複数持ち、物理サーバー数3万台超、インターネットトラフィックで1Tbpsを超える規模のインフラを運用しています。
サービスの成長と多角化により毎年30%程度のペースでインフラの拡大が続いています。

そのインフラ上に、日々多種多様なアプリケーションのデプロイがなされており、アプリケーションを開発・デプロイするエンジニアは世界10拠点以上にまたがり、総勢1700名を超えています。
このようなインフラ・開発エンジニアの規模では、開発エンジニアがインフラ構成を意識したデプロイをすることは、学習コストと運用コストが極めて高くなります。

インフラ開発エンジニアはアプリケーションとその動作環境であるインフラをシームレスにつなぐために、ソフトウェアの技術と手法を用いて、インフラのプロビジョニングとオペレーションの自動化とそれらを可能にするためのプラットフォームに責任を持ちます。

【業務内容】
インフラプラットフォーム上ではVirtual MachineやStorage, Load Balancerなど様々なIaaSコンポーネント、DatabaseやPub/Subシステム、KubernetesなどのマネージドサービスやPaaSが動作しています。
このポジションで採用された方は、LINEの全事業で採用されているインフラプラットフォームに対するモニタリング・リリースエンジニアリング・運用自動化・トラブルシューティング・ポストモーテム分析を通じた信頼性向上のための以下のSRE業務を担当していただきます。

・プライベートクラウドの複数コンポーネントに対し、サービスレベル指標・目標(SLI/SLO)の設計、視覚化及び分析
・SLOに基づいたサービスモニタリング、インシデントの管理・対応、ポストモーテムを通した根本原因分析
・サービス拡大に伴うサービスのスケールボトルネックの発見及びキャパシティプランニング
・プライベートクラウドを使用するユーザーへのサポート対応

LINEのインフラプラットフォームと信頼性向上の取り組みの詳細については下記URLを参照してください。
https://speakerdeck.com/line_developers/introduction-of-private-cloud-in-line
応募資格
【必要な経験・スキル】
・ITインフラストラクチャ全般(サーバー、ネットワーク、ストレージ、セキュリティ等)に関する基礎知識
・インフラ基盤のモニタリング・アラートシステムの開発、運用経験
・運用の自動化、ツール作成等が問題なく行えるプログラミング能力
・オープンソースソフトウェアの設定値の与える影響を理解した上でのチューニング経験

【歓迎する経験・スキル】
・Python、Goを用いたソフトウェアの開発経験
・OpenStack/Kubernetesに関する導入、運用経験
・大規模クラウドインフラの構築、運用経験
・DevOpsの実践経験
・多国籍環境におけるコミュニケーションと折衝経験
・読み書き可能な英語能力
勤務地
新宿オフィス
〒160-0022 東京都新宿区4-1-6 JR新宿ミライナタワー23F
勤務時間
専門業務型裁量労働制(1日の労働時間に関わらず1日9.5時間労働したものとみなします。)、フレックスタイム制(コアタイム 11:00〜16:00)、10:00~18:30(実働7時間30分)のいずれか適用 ※面接後に決定
待遇 / 福利厚生
■休日/休暇

・完全週休2日制(土・日)、祝日、年次有給休暇、年末年始休暇、慶弔休暇、リフレッシュ休暇制度(勤続5年で10日間)

■給与

・年俸制(保有されるスキル・経験・能力により優遇、相談の上で決定)
 ・年俸の12分の1を毎月支給。
 ・別途、インセンティブプラン有(※1)
・給与改定:年2回
・諸手当:交通費全額支給、LINE Pay Card Benefit Plan(※2)

(※1)年俸額の他に、会社・本人の業績、評価に応じ、年2回インセンティブを支給することがあります。
(必ず支給されるものではありません。また、支給日に在籍している場合に限り支給対象となります。)
(※2)社員の「健康維持増進」「自己啓発」「次世代育成」を目的として給与とは別に支給する手当です。

■各種保険

・雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金保険

■福利厚生

・定期健康診断
・各種社内イベント他

その他詳細は面談の際にお伝えします。
リスト