ENTRY

ENGINEER

Takuya.Y
技術職・開発エンジニア / 2016年度中途入社

仕事だから、自分が興味をもって楽しいと思えることをしたい。
同じ部署にいながら様々なプロジェクトに関わるサーバーサイドエンジニア。

Takuyaさんがやられている「サーバーサイドエンジニア」について教えてください。
LINEのプラットフォーム上で動作するアプリケーションのサービス開発や運用業務を担当しています。中でも私が所属している組織は、LINEの基本機能とゲームを除いたLINEファミリーサービスと呼ばれるLINE NEWSやLINE LIVEなどの様々なサービスに携わります。
現在は、LINEデリマというLINEアプリ上から手軽に注文できるフードデリバリーサービスの開発を担当しています。LINEデリマの立ちあげから参加していますので、開発からリリースするところまで関わり、現在は新規ユーザーを獲得するための新しいキャンペーン機能の追加や、より便利に使ってもらえるような機能改善を行っています。
LINEデリマは外部のパートナー企業と業務提携を行っているので、システム面の提携先とのやりとりに気をつけなければならない部分が多少ありました。既に動いているパートナーのシステムをLINEにリプレイスするだけでなく、LINE独自の機能を追加し、ユーザーにとって使いやすいサービスをつくるために、標準の機能をカスタマイズするなど、試行錯誤の末、企画からの要望を満たすサービスを作ることができました。
インフラサイドとサーバーサイドはどのように切り分けられているのでしょうか?
「誰かに使ってもらえるサービスをつくりたい」という人にはサーバーサイドエンジニアが合っていると思います。サービスよりも「サーバーのしくみや構成を突き詰めたい」という人は、インフラエンジニアをめざすべきでしょう。私自身、ユーザーが利用するサービスにより近いところで開発したいという想いがあって今の仕事をしています。
インフラエンジニアがいてくれるからこそ、私たちサーバーサイドエンジニアはサービス開発に集中できます。どちらが欠けてもサービスは成り立ちません。
昔はサーバーサイドエンジニアがすべてのWEBページを作っていたのですが、最近はサービスの作り方が大きく変わっていて分業化が進み、サーバーサイドエンジニアはAPIを作り、それをUIチームの人に提供するという流れになっています。
なので、UIチームの人から意見を聞いて使いやすいAPIを作ることもサーバーサイドエンジニアの大切な仕事になっています。
そのような組織の形だから、次々に新しいプロジェクトに参画できるわけですね。案件によって部署移動になったりするのでしょうか?
開発組織には100人以上のエンジニアが所属していますが、各チームはフラットな構成になっていています。
新たな事業が立ち上がると拠点や所属組織の違いを超えて必要なスキルや経験を持ったエンジニアがアサインされます。状況に応じて、急きょタスクフォースを組んで事業の立ち上げを行うこともあります。
そのため、ずっとひとつのプロジェクトに携わるということではなく、同じ部署にいながらさまざまなサービスの開発を経験することができます。現在担当しているLINEデリマでは、所属部署約30名のうち5名が開発に携わっていて、他の人は別のサービスを担当しています。
これまで関わった案件で一番大きな案件は何ですか?
これまでに関わったなかでもっとも大きかったのは、「LINE LIVE」で開発プロジェクトマネージャーを務めたことです。誰でも簡単にライブ動画を配信・視聴できるライブ動画配信サービスで、その直前に担当していたLINEバイトがリリースして落ち着いたところで、このプロジェクトにアサインされたという経緯があります。
開発プロジェクトマネージャーとしての最初の仕事は、開発メンバーを集めることでした。あちこちのプロジェクトにいるエンジニアから、スキルや仕事の状況をふまえてピックアップし、チームやエンジニア本人と調整しながら、十数人のエンジニアを確保しました。急に新しいプロジェクトに移ることになって喜ぶ人ばかりではないので、コミュニケーションやモチベーションの維持に気を配り、人をアサインする難しさを経験しました。
LINE LIVEのプロジェクトは企画、開発などをあわせると総勢50人にもなりました。韓国のLINE Plusとの共同開発でしたので、テレビ会議でコミュニケーションをとったり、韓国に出張するためにあわててパスポートを用意したり、とにかく規模の大きい案件でした。
開発プロジェクトマネージャーとしての難しさや達成感はどんなときに感じましたか?
プロジェクト発足からリリースまで約5ヵ月という短納期でしたが、PRイベントも含めた事業上のスケジュールもあって、リリース日はどうしても変更することができませんでした。正直、メンバーからは「無理じゃないか」という意見も出ていました。
そこで、開発プロジェクトマネージャーとして、最低限必要な機能を企画担当者と一緒に洗い出し、開発工数がかからない機能をピックアップし実装を進めました。中でも工数はかかるけれど外したくない機能についての調整は難しかったですね。企画の要望には応えたいのですが、リリース日は厳守しなければなりません。場合によってはお断りすることも、プロジェクトマネージャーの仕事だと思います。ものすごく緊張感のある仕事で、無事にリリースできたときの達成感は大きかったです。
現在はLINE LIVEには関わってはいませんが、日々バージョンアップされているのを見ていて、担当を離れてもサービスが進化しているのを感じます。有名人がライブ配信するので、影響力の大きさを実感できるのも嬉しいです。アクセスが集中するときはトラフィックが急激に伸びてサーバー側の対応が大変だったりするんですが、事業としてはそれも嬉しい悲鳴でしょうね。
仕事の過程でやりがいを感じるのはどんなことですか? 今後、してみたい仕事はありますか?
LINEは日本以外の国も含めて、多くのユーザーがいるので、大規模なサービスをつくれるというのはやりがいに繋がります。私自身、より影響力の大きいWebサービスに関わりたいと思いLINEに入社しましたので。
また、自分たちが日常的に使うサービスについて、意見を出しながら開発できたりするのも大きいですね。「こんなことができたら」という機能を入れることができるのも醍醐味です。
たとえばLINEデリマでは、将来的にはチャットで注文できるようになったり、「Clova WAVE」というAIスピーカーから音声で注文ができたりするようになるなど、LINEならではの機能やサービスを追加していく構想があります。実現するのは少し先の話ですが、そういった先進的なサービスの開発に自分たちが関わっていけるのはモチベーションが上がりますね。
世の中が変わっていくなかで、いままでは思いつかないような新しいサービス、LINEで実現できていないようなサービスでに着手していけたらな、と思います。もっと生活が楽しくなるようなサービスをつくっていけたらなと考えています。
最前線で開発されてきたからこそわかると思うのですが、開発エンジニアにはどんな人が向いていると思いますか?
ひとつは、自分の技術力を向上させることにチャレンジングな気持ちがある人ですね。指示を受けて動くのではなくて、自分がやりたいと思って参加する意識がある人が向いています。
また、社内では先輩エンジニアがフォローしてくれるので、焦ったり、失敗をおそれたりせず、声をあげてチャレンジできる人がいいですね。先輩たちにどんどん相談できる雰囲気の会社なので、自分ひとりで悩まないことが大切です。
LINEデリマのプロジェクトでも、サーバー側の経験が浅いメンバーのために、勉強会を開いて細かい質問にも答えていきました。事前に教える時間を設けたことで即戦力になり、開発に着手したときにはマスターした状態で入ることができました。
学ぶ人を採用し、人を育てるという文化は必要だと思います。経験がなくても主体的に勉強会に参加して、質問すればいい。そういう若手の育成に積極的に取り組める組織にしていきたいですね。

他のインタビュー