ENTRY

BUSINESS

Yuki.T
ビジネス企画職 / 2014年度新卒入社

何でも言い合えるお客さまとの強い信頼関係で過去最高売上げも獲得
コミットメントを達成するプロセスがコンサルティングの醍醐味です

LINEユーザーを対象とした広告やサービスは、金融機関からエンターテイメントまで、さまざまな企業に利用されています。その中のひとつであるLINE Ads Platformは、LINEの各サービスに広告を配信する運用型の広告配信プラットフォームです。LINEユーザーに広告を届けたい企業や広告代理店へのセールスとコンサルティングを担当するYukiさんにお話を伺いました。

Yukiさんが担当されているのはどんなお仕事ですか?
LINE Ads Platformを利用するクライアントと広告代理店への営業を担当しています。広告の使い方やデザインを企画、提案し、広告配信がスタートしたら結果を見ながら、コミットメントした目標を達成できるよう、コンサルティングをしています。
LINE Ads Platformに出稿される広告の多くは、広告を企画・製作して掲載するだけではなく、CPA(Cost Per Action、顧客獲得単価。ひとりの顧客を獲得するのにかかったコスト)やCPI(Cost Per Install、アプリケーションをダウンロード、インストールして起動するまでの単価)をコミットメントするため、広告配信がスタートしてからのコンサルティングがむしろ重要です。
企業向けの広告のコンサルティングとは、どのようなことをしますか。やりがいやおもしろさ、大変さはありますか?
配信した広告に対するユーザーの反応や成果を分析し、どう改善するかを提案していきます。クライアントや代理店と一緒に考えた改善策が良い結果となって表れたときはもちろん嬉しいですし、LINE Ads Platformは分析と実践を繰り返して目標を達成していくサービスなので、そのプロセスが非常におもしろいし、手応えがあります。
仕事を通じて、ゲーム、アパレル、コスメなどいろいろな業種を知ることもできます。それほどゲームには興味がなかったのですが、クライアントのゲームを試すうちに楽しさを知り、広告やテレビCMも関心を持って見るようになりました。
LINEでのビジネス企画という仕事について教えてください。
LINEユーザーに広告やサービスを届けたい企業を顧客とするのが「ビジネス企画」の仕事です。大きく分けて「営業」と「プロダクト企画」があり、プロダクトは、BtoBでどういった機能があればよいサービスになるかを考えます。
私が所属している営業部門は、広告代理店やクライアントと向き合って、LINEの広告やサービスを紹介し、提供しています。LINE Ads Platformの利用を拡大させるために、サービス企画の部門と連携して動くこともありますね。
サービス企画はサービスをつくる役割ですが、代理店やクライアントの反応を見る機会がありません。ですから、私たちが営業するなかで、そうした反応まで含めて持ち帰って共有することで、より良いサービスができると思います。
Yukiさんは最年少のチーフということですが、若手が活躍できる環境なのでしょうか?
私がLINEに入社した理由に、1年目でもやりたいことを見つけて声をあげられる人は、バリバリ働ける、チャレンジできるということがありました。
現に私も入社2年目でLINE Ads Platformの立ちあげに関わることができました。それは上司や先輩にやってみたいことを相談すると一緒に考えて、後押ししてくれる環境があるから。自分の意志をもって発言できる人は、早いうちからチャレンジできる機会に恵まれると思います。
現在は20人以上がチームに分かれ、LINE Ads Platformのセールスに携わっています。営業の各チーム共通の目標が設定されていますが、競い合うというよりは、互いにカバーしあって目標達成をめざそうという空気がありますね。
代理店担当者と何でも言い合える関係に!分岐点になった仕事とは?
現在、担当している広告代理店のひとつに、就職活動中に志望していた企業があります。そのため個人的に思い入れもあり、ずっと担当させていただいていたのですが、好調だった数字が、ある時期から大幅に数字が落ちこんでしまいました。
何とか回復させようと、毎日電話したり、週1~2回の打ち合わせを重ねたりしました。お互い真剣になるあまり、打ち合わせの席で言い合いになったこともありますが、その甲斐もあって数字は持ち直し、ついには月間最高売上げとなる結果を出すことができました。
いま、その会社ではLINE専門の部署を立ち上げ、本格的に取り組んでくださっています。しかも、社内の人間ではないはずの私のチーフ昇格を、その会社の社内報に載せて祝ってくださいました。さすがに、これには驚きましたが、同時に嬉しくもありました。
仕事を通じて、ここまでの関係をつくれたのははじめてでしたし、自分にとって、大きな分岐点となる経験だったと思っています。
どんな新入社員と一緒に働きたいですか?何を期待しますか?
これだけは持っていてほしいと思うのは「ポジティブさ」と「素直さ」ですね。素直さは特に大切だと思っていて、「何で?」と、思ったことを率直に聞ける人がいいです。先輩や上司のいうことすべてが正しいわけではないと思いますが、自分でそれを判断するのは経験を積んでからでいいと思います。指示されたことに疑問を感じたら、素直に尋ねることが大切です。
新入社員からの質問は、先輩にとっても勉強になるはずなので、自分なりの分析や考えを持って、オープンにコミュニケーションをとってほしいです。
これからチャレンジしたいことや、つくりたいチームはありますか?
運用型広告の営業、コンサルを通してプロダクト寄りの仕事もしてみたいと考えています。そしてもうひとつは、私が携わっているLINE Ads Platformよりも大きい広告プラットフォームが世の中にあるので、No.1を目指してやっていきたいという想いもあります。
自分が代理店さんに必要とされるのも大事ですが、チーム全体が必要とされていて、誰かひとりがいなくても皆がサポートできるチームをつくりたいと思います。
Yukiさんは、いまのチームがすごく好きなんですね!
はい!人間関係については私がいる組織に限らず、LINEという会社全体、「人」はメチャクチャいいです。私が何かの理由で「会社を辞めたい」と思うことがあったとしても、「でも、会社の皆が好きだから辞められない」のではと思っています(笑)。
チームの仲間に相談できたり、逆に相談してもらえたりすることが嬉しいですし、そういう環境だからこそ忙しい時期でも助け合って楽しく頑張れます。

他のインタビュー