ENTRY

PLANNER

Shunsuke.S
サービス企画職 / 2015年度中途入社

LINEの新機能の企画からプロジェクトのマネジメントまで、
すべてのプロセスにかかわり、LINEの魅力を高める

常に進化を続けるLINE。なかでも、LINEの新機能や機能改善等に関する企画から完成までのすべてのプロセスに関わり、推進していく要となるのがサービス企画です。今回は、LINEの新機能の企画を担当しているShunsukeさんに、実際に仕事のなかで気づいたことや、サービス企画に向いている人などを具体的に聞いてみました。

LINEにはさまざまな企画部門があり、多くの若手人材が企画の最前線で活躍している印象があります。まず、サービス企画とビジネス企画の役割の違いを教えてください。
LINEの企画職には、大きく分けてサービス企画と、ビジネス企画という職種があります。サービス企画は、LINEを含む各サービスをつくる仕事です。そして、私たちがつくったサービスを収益化するため、事業企画や提携先獲得などビジネスマターで事業を展開するのがビジネス企画です。ビジネス企画からクライアントのニーズや事業化のアイデアにあわせた新機能の要望が出てくることもあり、お互いが異なる視点から連携することもあります。
それではサービス企画についてお聞きします。Shunsukeさんが担当されているのはどんなお仕事ですか?
私は、サービス企画の中でも、プロダクトの機能や構成を企画するプロダクト企画を担当しています。サービス企画には、プロダクト企画の他に、サービス内のコンテンツの企画をするコンテンツ企画や、サービスの成長施策を担当するグロース企画等の役割があります。サービス企画には、私のように一つの役割に特化している者もいますし、複数を兼務する人もいます。
私はLINEのプロダクト企画者として、プロフィールBGM、公式アカウント向けの自動再生ビデオメッセージ機能、LINE内でLINE LIVEを表示する機能、LINEのiPad対応などを手がけてきました。
具体的にありがとうございます。プロダクト企画としてLINEに新機能を加えるときは、どのような仕事の流れになるのでしょうか?
ユーザーリサーチや統計データなどから得られたニーズや課題に基づいて、どのような機能が必要か考えるところから始めます。他部門からの要望を受けてスタートする場合などもあり、企画が立ち上がるパターンはいくつかあります。しかし、ユーザーにとって「便利」で「快適」なコミュニケーションを提供するという目的は一貫しています。
機能の仕様や画面フローを作って、ある程度まで企画した段階で、開発者やデザイナー、QA(Quality Assurance、品質保証の担当)などで構成されるプロジェクトチームが立ち上がります。そして、チーム内で議論を重ねながら、企画内容を詰め、デザイン、開発、QA、リリースと進めていきます。このプロジェクトチームのマネジメントもプロダクト企画者が担当します。
企画を立てるだけなく、プロジェクト進行管理、関連部署との調整など、新機能をリリースするまでのすべてのプロセスに関わるのがプロダクト企画の仕事です
プロジェクトをマネジメントするとき、心がけていることはありますか?
プロジェクトでは、開発者やデザイナーなどのプロフェッショナルなメンバーがそれぞれの視点をもって議論を重ねます。その過程で、企画がブラッシュアップされていくと同時に、全員が企画への理解を深めていくことができます。そのような継続的かつ密接なコミュニケーションスタイルを心がけて、機能をつくりあげていきます。
Shunsukeさんにとって、思い出に残っているプロジェクトはありますか?
特に思い出深いのは、iPhoneだけに最適化されたLINEをiPadでも利用できるようにするプロジェクトでした。LINEの全機能を対象にしたため、どこにどんな機能が存在するか、各機能がどのように連携しているかなど、LINE全体の構造を理解することができました。
これがLINEというプロダクトを理解するきっかけになったと同時に、自分を成長させてくれた仕事だと思っています。入社して間もない時に担当したこともあり、プロジェクトのメンバーからたくさん指摘を受けたり、助けられたりしました。これも、プロジェクト内の密接なコミュニケーションがあったからこそだと思っています。このように企画についてプロジェクト内で話しあって決めるスタイルはLINE独特のものだと思います。
企画者がすべてのプロセスに関わるのもLINE独特のスタイルですか?
必ずしもLINE独特とは言いきれませんが、自分が経験してきた中では、研究部門は研究だけ、企画部門は企画だけという組織はありました。しかし、そのスタイルに戻りたいとは思いません。企画だけを担当して、実際につくる部分を誰かに完全に任せるだけだと、企画した機能が最終的にどこか違うものになることがあります。すべてのプロセスに関わって、話しあい、企画した機能をつくりあげていくことに非常にやりがいを感じています。
企画立案からリリースまで関わるのは、仕事の本質を理解するには適した環境ですね。しかし、それぞれの段階で多様な人たちとの接点が生じるので、正直なところ、大変ではないですか?
はい。プロジェクトでは、かなり真剣に、タフなコミュニケーションが繰り返されます。視点の違いやさまざまな個性をもつ人をとりまとめるのは、本当に大変だと感じるときもあります。
ですが、職種や視点が異なるメンバーも、それぞれの立場でUX(User Experience、ユーザーがサービスを利用して獲得できる体験、サービスの質)を優先して考える習慣があります。純粋に“UXファースト”が定着していることも、LINE独特の風通しの良さが関係しているかもしれません。
プロジェクト内のコミュニケーションもありますし、関連する機能の担当者とも必ずコミュニケーションしなければなりません。セキュリティや法律、広告など留意しなければいけないこともたくさんあります。できるだけスピーディに進めつつ、周辺の状況や経緯まで広く意識しておく必要があります。
意識すべき点が多いからこそ、コミュニケーションは重要ですね。LINE独特の風通しの良さは、どのようなときに感じますか。
コミュニケーションに関して、メンバーの距離感が近いことに驚きました。海外にいる開発者やデザイナーも多く、物理的にはむしろ遠いのですが、遠慮なく意見を言いますし、議論も交わします。距離や言語の壁があるからこそ、どうしたら相手に伝わるかということには、互いに気を遣っています。母国語が異なるメンバーとは翻訳Bot付きのLINEで常にコミュニケーションをとり、文字で伝わりづらい部分は図や映像を使ったり、論点を選択肢形式で説明したり、などの配慮をしています。
普段は顔をあわせない人でも、こうした積み重ねで人となりがわかってきて、コミュニケーションの取り方を工夫すれば、ノッてきてもらえますし、遠慮なく議論するから、裏表なく付き合えますね。そのおかげで、あるプロジェクトでやりづらいと感じていた人でも別の件で再会したときには、親近感がわいて話しやすかったこともあります。そうした雰囲気があるのは、LINEでは誰もがコミュニケーションを大事だと思っているからではないでしょうか。
ここまでの話をふまえて、LINEでのサービス企画の仕事に向いているのはどんな人だと思いますか?
いろいろなタイプがいると思いますが、根底には3つのポイントがあると思います。
第一に、企画だけ、プロジェクトマネジメントだけをやりたいのではなく、全部に関わってつくりあげたい人が向いていると思います。
第二に、どんな仕事でも自分なりに目的意識を見出して取り組めること。「企画」に華やかなイメージを抱く人もいるかもしれませんが、企画もプロジェクトマネジメントも実際には地味な仕事がものすごく多いです。例えば、リリースする新機能の紹介文を考える場合、その伝え方によって、ユーザーの印象は変わってきます。地味な作業の一例ですが、こういうことも意味のある仕事と思える人なら、苦にならないと思います。
第三には、広い視野・視点を持つこと。機能を企画していく中では、あらゆる側面から検討することが必要になります。UI/UXのトレンド、技術的な実現可否、消費通信データ量、いくつものエラーケースでの処理方法、通信環境の地域差、ユーザー属性の違い、法律やセキュリティなど本当に様々です。こうした幅広い要素に目を配ることができ、興味を持って最新の情報や知識を取り入れていける人が向いていると思います。
企画だからこそ仕事の目的意識や、知識の習得、広い視野が必要なのですね。日々意識していることや、現在の仕事で達成すべき目標はありますか?
事業の根幹であるLINEを担当する立場としては、ユーザーにより長く、より多くの機会でLINEを使っていただき、他のサービスにも関心を持ってもらいたい、利用される可能性を増やしていきたいと意識しています。
担当しているLINEについて言うと、アクティブユーザーの増加をめざしています。さらに私の担当プロジェクトに関しては、画像や動画の送信数が指標のひとつとして設定されています。こうした指標値の増加につながる新機能の企画を立てていくことが必要です。
それでは新企画に期待しましょう。ずばり、Shunsukeさんが今後の仕事でやってみたいこと、提案していきたいことはありますか?
画像や動画を通したコミュニケーションは、会社の方針というだけでなく、個人としても興味が強い分野です。InstagramやSnapchatでコミュニケーションは変わりましたし、LINEでもテキストやスタンプに加えて、新しくておもしろいコミュニケーションの形を提案できたらと思っています。

他のインタビュー