Interview/

Otsuka/ Kawakami/ Takishima/

※役職・数値などを含む全ての掲載内容は、2019年のインタビュー当時のものです。

ーー自己紹介をお願いします。

瀧嶋

2017年の新卒入社で、マーケティングソリューションカンパニーに所属しています。2019年度の3月から発足したゲームを中心とするアプリ業界のクライアントさんを直接担当するチームで営業をしています。

大塚

同じく2017年の入社で、LINE Payの営業担当として福岡で働いています。中規模もしくは大手チェーンにダイレクト営業をしたり、個店をターゲットにしているパートナーさんの管理や営業推進もしています。

川上

私は2019年に入社したばかりで、O2Oカンパニーのテイクアウトサービス「LINEポケオ」の営業を担当しています。今は新規営業・加盟店開拓がほとんどで、大手チェーン店はもちろん、国内のあらゆる飲食店を対象にドアノックしてサービスの提案をしています。

ーーLINEに入社したキッカケを教えて下さい。

瀧嶋

私は当時、一つの会社にずっといるというイメージが沸かず、具体的に何かやりたいことが見つかったときに、それが実現できるようなスキルを持っていたいと考えていました。そのために目先の何年間はがっつり働ける企業が良かったんです。他にもいくつか内定はありましたが、LINEを選んだのは今が勝負な感じというか、この瞬間に本気出さないといけないベンチャーっぽいチャレンジが一番感じられたからですね。

職種として営業を選んだのは、一人ひとりが裁量を持ちつつ一丸となって数値目標を追うのが合いそうだなと感じたからです。学生時代に打ち込んでいたスポーツやイベントサークル活動などが考えの背景にあったんだと思います。

川上

私も瀧嶋さんと同じです。まずは今後に活きるスキルが身に付く環境に身を置きたいと考えて、就職活動では、自分が成長できるところを探していました。漠然としたスキルアップ・成長というワードを自分なりに因数分解して、勉強と経験それぞれの量と効率が必要だと思っています。その中で、勉強の量と効率については自分次第だけど、経験の量と効率は特に環境による部分が大きいと思ったんです。スピード感やチャンスや裁量のある会社、そういう会社が良いと思って、LINEを選びました。

大塚

私は体育会でサッカー部に所属していたんですが、正直サッカー以外やりたいと思うことがなくて(笑)。たまたま友人から勧められLINE Payの採用イベントに参加しました。当時LINE Payは店舗向けのLINEアカウントをメインに事業をしていたんですけど、現在取締役を務める長福さんが「今の固定電話に代わって、LINE@が各店舗にある世界を目指します」というのを熱く語っていました。想像もつかない新しい当たり前の世界を本気で創ろうと考えているんだと感じ、正直、そこに惚れました。仕事を通し、いろんな人に自慢できる成果を残したいと漠然と思っていたんですけど、その世界に携われたら誇らしいだろうなと思ったのがきっかけです。

左:大塚 / 中央:川上 / 右:瀧嶋

ーー入社してからのギャップはありましたか?

瀧嶋

入社するまでは服装がラフで、終電まで働いて、深夜まで飲んで、と勝手なイメージを持っていました(笑)。実際は我々は営業なので、もちろんスーツを着る機会もありますし、会社としても組織としても真面目でコンプラ意識が高いと感じました。あと、プライベートとのオンオフもしっかりしていて、業務量もちゃんとコントロールできている人が多いです。

裁量が大きいというところに関しては期待通りでした。僕は配属されてすぐにゲーム業界で一番大きい会社の担当になったんですけど、先輩にサポートしてもらいながら自分がフロントに立って提案させてもらえました。当時実感は無かったですが、今思うとこのアサインは他の会社さんではあり得ないことだと感じています。もちろん、自分がやりたいことと事業部や会社にとっての利益が両立していることが前提ですが、手を上げたら何でもできる文化はあります。

大塚

僕も入社前のイメージは、「LINEです(キラキラ)」という営業を想像していた(笑)。でも実際には、LINE Payの営業は個店も重要なターゲットなので、朝から晩まで飛び込み営業という日もあります。福岡だと屋台にLINE Payを導入して頂いてますが、屋台の営業時間ってもちろん夜からですなので、18時くらいから屋台を回って営業したり、導入後はLINE Payを使ってもらえるように観光客や地元の方に街頭でビラを配ったりもしました。けっこう泥臭い仕事に思えるかもしれませんが、このような地道な活動を通して、加盟店や利用者が確実に増えているので、やりがいのある仕事だと感じています。あと入社する前に期待していた通り、優秀な人というか考え方の目線を一気に上げてくれる人がたくさんいます。隣にいる同期の瀧嶋さんもその一人ですね(笑)。

川上

LINEは大きい企業なので、もっと営業体制が成熟されてると思ってたのですが、カンパニー制ということもあり、それはサービスごとやサービスの成長フェーズによって異なります。したがって、より効率的に営業ができる仕組みや体制を自分自身で作っていきたいと思っています。例えば、異なる組織が同じ店舗に営業に行っちゃったり、ナレッジの横展開ができていなかったりするので、そういったことももっと上手くやっていかないといけないと思っています。また、私が入社前に一番期待していたのも、手を上げれば何でもできるということだったのですが、瀧嶋さんも言っていたとおり、手を上げれば本当に何でもという感じです。

ーー入社して大変だったこと、仕事を始めて苦労したことはありますか。

瀧嶋

私は1年目の夏にチーム異動した当日に配信事故を起こしたことがあります。発注のメールを頂いていたんですけど、それを受けとったら行うべき次の工程を把握しておらず、なんとなく見守ってしまって。結果、社内で配信準備が進行しておらず、配信が出なかったんです。

当時、社内進行の引き継ぎが無かったこともあり、自分の責任という感覚が薄かったのですが、当時の上長から「全て自責で考えろ」という文脈で叱られたことを覚えています。 この事をきっかけに、自分のミッション内外問わずどんどん業務ができるようになってきて、周りから信頼もしてもらえて仕事がより楽しくなっていきました。

大塚

どの範囲にどこまで関わるかって難しいですよね。入社当初、僕は感情的に動いてしまうタイプだったので、クライアントにやってほしいと言われたら全部叶えてあげたいという思いで働いていました。例えば、クライアントから「ポスターの作り方がわかんないんだけど?」と問い合わせがあれば、自分で作成して持っていくということをしていました。

その瞬間は感謝もされるし役に立ててるような気もするのですが、当時の上長から言われた「それは本当の意味でクライアントのためになっているのか」という言葉にハッとさせられました。本質的にはポスターの作り方をわかりやすく教え、私がいなくてもクライアント自身で作成できるようにしてあげたほうが効率的だし、その後のクライアントのためにもなります。自分が持っている時間も有限なのでちゃんと効率・効果も考えて、クライアントだけでなく会社や事業に貢献できることを選んでいかないといけないと感じています。

川上

私も自分がやっているタスクの中で、何が事業に直結するかインパクトがあるのか優先順位を考えるようにと上司に言われています。クライアントの希望を言われたままに全部叶えることが営業じゃない、タスクの取捨選択が大切だと教えてもらいました。

瀧嶋

あと、入社したばかりの頃は、自分の意図してることがなかなか伝わらないなと強く感じました。学生のときは、同じ年代の友人や家族、近しい属性の人を中心に話せば良かったので自然と主語や前後の文脈を省略して会話することが多いです。ただ、これが仕事だと、同じ業界のクライアントでも持っている知識や課題感や大事にしていることが違う。それは社内でもそうで、事業部が違うとKPIも違うし、中途の方は様々なキャリアや経験を持っている。学生から社会人になって一番苦労したことは、相手の立場やバックグラウンドを理解した上で、誰とでもちゃんと伝わるように話すことかも知れないです。

川上

コミュニケーションという意味だと、人を巻き込むって大変ですよね。私の上長は、周囲の人を巻き込むタイミングが上手いんです。いざというときにカンパニーCEOの藤井さんに同行してもらい営業先の決済者をその場に引き出して大きな話をまとめたり、そこに無駄がなくて。藤井さん含め上の方も上手く使えって言ってくれてますし、もちろん上の方だけでないですが、もっと周囲の力を上手く使えるようにしていきたいです。

瀧嶋

私はもう3年目なのでしっかり自分の数値目標やミッションに向き合ってがむしゃらにやれば、個人数値目標は達成できるようになってきました。ただ、周囲に働きかけて、個人だけではなく他メンバーの数字や事業部全体の数字を上げていく事は、また別の難しさと楽しさがあると感じています。

大塚

私も最近はパートナーさんとの関わりが多いのですが、いかにLINE Payの営業に前向きなマインドになってもらえるかということに苦心しながら工夫を続けています。上長を見ていると、その時の状況や接するメンバーに応じて伝え方や振る舞いを使い分けていて、参考になる部分は多いです。周囲をを巻き込んで成果を最大化するために、どのような働きかけが最適なのかは常に考え続けていく必要があると感じています。

ーー具体的な業務内容を教えてください。

川上

今は、飲食店の加盟店獲得をメインに動いているので、それに関わる業務としてクライアントとアポイントがある日は外出し、アポイントが無い時間はテレアポをしたり、足を運んでドアノックしたりしています。具体的な1日の流れとしては、朝10時に出社し、1日のスケジュールとタスクの確認をします。その日のスケジュールに従い、往訪やテレアポやミーティングをします。夕方頃になると、クライアントの営業時間外となるため、営業以外に取り組んているプロジェクトを進めたり、1日の振り返りなどを行い、次の日のタスクとスケジュールをまとめ、19:00頃に帰宅します。また、業務する上で、可能な限り定時の時間内にタスクを終わらせるよう努力し、時間当たりの生産性を高めるよう意識しています。

大塚

私は出社が基本9時半で、終業は業務量やプライベートの予定によってコントロールしています。
私のチームでは水曜と金曜の週2回定例のMTGを実施しています。水曜は、業界やクライアントのトピックスや良い提案事例、読書で得た知見など、チームにとってプラスになることを持ち寄り共有する場にしています。金曜は、チーム・個人の目標数値に対する進捗確認や次のアクションについて議論をします。その他の曜日は、テレアポや提案書作成、クライアント訪問などがメインです。

毎週上長との1on1も行っています。業務上の相談やフィードバックを通し、自身の学びや課題を整理する場として活用しています。

瀧嶋

私は、出社する時間が大体10時で終業は日によって変わります。曜日ごとでいくと、月曜はチームの売上最大化やアクション整理などを目的とした社内MTGが多く、15〜30分のMTGがいくつかあります。火曜〜金曜日は外出でクライアントさんの元に行くことが多く、一日2〜3件の訪問があります。訪問の内容は、一方的な提案というよりクライアントさんとの対話の中で、両社共通のゴールを作り、どう達成するかを模索する形が多いですね。

ーーノルマや目標、それ以外にも意識して取り組んでいることはありますか?

瀧嶋

もちろん売り上げ目標はあります。僕たちのチームはゲームを中心とするアプリ業界担当なので、その領域に対する目標数値と、その中で国内・海外クライアントさんごとの目標数値があります。
そのためにも目標数値を疑わないこと、目標達成する為に常識を取っ払うことを意識しています。

我々の競合はグローバルプラットフォーマーばかりなので、その分事業部や個人におりてくる数値目標は凄く高いです。だからといって、この数値妥当じゃないのではと目標数値に疑いを持ってしまうと、できない理由を探す時間が増えてしまい、アクションの質が圧倒的に落ちるので控えています。目標数値は確定した瞬間から全員が全力で取り組めば必ず達成できるものという前提の元、全力でアクションに集中しています。

ただ、これまでと同じことを単純にやっていても達成はできないので、常識を取っ払って物事を考えるよう意識しています。クライアントさんや代理店さん、社内のチームメンバー・上長・他事業部の方々とどう協力して新しい価値をつくるかを日々考えています。結果的に、他事業部と連携した新しい取り組みをいくつか生み出し、それに伴い担当領域取扱高も伸ばすことができています。

大塚

僕はLINE Payの加盟店舗数が目標です。一個人で目標数値を追いかけていた時期もありましたが、今はパートナーさんを介した数値が私の目標数値になっています。

目標以外の部分では、自分が新卒入社ということもあり、同じ新卒の後輩は気にかけるようにしています。自分が入社当時は、日報に返信をもらえるだけでも嬉しかったので、逆に自分も返信をまめにしたり新卒ならではのコミュニケーションは意識するようにしています。

あとは、急速に組織が拡大したこともあり、地方拠点の状況がなかなか伝わってないなという感覚がありました。そのため、自チームのトピックスを集めた社内報を独自に作成して展開するという、拠点ならではの取り組みも実施しています。

川上

私も加盟店数ですね。全体としての目標数があり、いわゆる有名飲食店という基準での目標値もあります。あとは、新卒の自分が提供できる価値ってなんだろうって考えた時に、若い目線というかユーザーに近い目線を伝えられることだと思っていて。そういう部分はできるだけ積極的に伝えたり、提案に入れ込んだりするようにしています。

ーーLINEで営業して働くやりがいは何でしょうか。

川上

成長したい人にとっては、非常に良い環境だと思います。リソースがあって、職種問わず大きなことに挑戦ができる。営業という側面では、新卒が少ないこともあり、新卒同士の競争とかもなくて大手のクライアントとか大きなプロジェクトとかを任せてもらえます。

大塚

LINE Payに関しては大手チェーンから個店までクライアントの規模や業種が幅広く、多岐にわたります。さらに、グルメ系・音楽系のイベントなども対象になるため、色々な経験ができています。スマホ決済やキャッシュレスの業界は国の後押しもあり、今とても注目を集めています。これまで当たり前だったものが大きく変わりつつあるフェーズで、その最前線に居れることは貴重な経験だと感じています。会社としてもサービスとしても、今が勝負なのでプレッシャーもありますが、その分やりがいも大きいです。

瀧嶋

先程と重複しますが、LINEはグローバルのプラットフォーマーを目標に戦っています。当たり前のことを当たり前にやっているだけではダメです。会社が前例のない新しいことに挑戦していて、手を上げればチャンスがある環境です。実際に私は2年目の終わりに、今のチームの立ち上げの必要性を上長に伝えて、偶然タイミングが合ったこともありそれが叶いました。また、LINE GAMEの事業部と連携するなど、新しい売上創出モデルをつくる話にも関われています。

川上

前例がないという意味では誰も正解を持っているわけではないので、新卒であってもちゃんと筋の通った提案ができれば、ちゃんと評価されるしチャンスが巡ってくる環境ですよね。O2Oカンパニーでも意識的に若手にチャンスをと考えてくれている感覚はありますし、それは全社的にそうなのかなと思います。

瀧嶋

当初入社前に期待していた社会人としてのスキルや経験は本当に得られます。僕はこの2年半で、総合・専門代理店、クライアントの直接担当、運用型・予約型の広告など幅広く営業を経験できました。なかなかない環境だと思います。特に、前例がないことへの意思決定を自分がすること、ものごとを前に進める力は養われていると思います。

大塚

あと意外というか、ちゃんとしている会社なので、社会人としてのマナーも身につきます(笑)。先ほども話がありましたが、社内外の色んな立場の人とフラットに話せることは、着実に自分の中で経験とか引き出しが溜まっていっている気がしますね。

ーー最後に学生の皆さんにメッセージを。

大塚

私は体育会系出身でビジネスやITとは無縁の人間でした。「ブレストってどういう意味?」というレベルです。苦労した時期ももちろんありましたが、同期や先輩方の支えもあり、充実した日々を過ごしています。自分の可能性を信じ、キャッシュレス戦国時代の最前線で新しい「当たり前の世界」を創るために挑戦したいという方はぜひ。共に戦える日を楽しみにしています!

川上

どの企業においても言えることですが、オーナーシップを持って行動できる人材は非常に重宝されると思います。LINEもまさに、自発的に行動していける人を求めていると感じています。また、行動する中で失敗もたくさんあると思いますが、それを許容して背中を押してくれる会社がLINEです。会社が大きくなるにつれて失敗しないことが重要視され、維持することが増える企業もあると思いますが、LINEは会社が大きくなっていってもサービスを良くしようと前傾姿勢で挑戦し続ける会社です。新卒の方には、LINEに入って教わりたいではなく、「LINEを変えたい」「LINEでやりたい」という方にエントリーしてきて頂きたいと思います。そんな方にはとても向いている会社です。

瀧嶋

過去の自分を振り返って、自分はこうしたいという意思表示が多かった方や好きな方。または、将来の自分のために自分で責任をもって意思決定をすることができる人に育っていきたい方にはとても向いている環境だと思います。少しでも興味を持っていただけたなら、是非エントリーしてみてください!