Interview/

Koei Tsukahara

自己紹介をお願いします
2019年に新卒として入社した広告事業本部の塚原光映です。

大学時代は、ITや広告領域にすごく馴染みがあったり勉強してたりしていたわけではなくて、比較的アナログな環境にいました。プロサッカークラブで学生スタッフとして集客にまつわるイベントの企画や運営業務など、肉体労働も多い環境でサポーターの皆さんや地域の方に喜んでもらえるように活動していました。

プロサッカークラブの学生スタッフとして色々な経験をさせていただいたのですが、スポーツビジネス以外の領域でも自分の世界を広げたい想いが強くなって、それまで関わりのなかったデジタルマーケティングという領域と、LINEという会社に強く興味を持ちました。自分や会社といった範囲の利益だけではなく、多くの人に強い影響を与えられる場所がいいなと思い、それにはLINEが最適な環境だと感じて入社を決めました。

入社してからは業界問わず十数社ほどの企業の営業を担当し、LINEを活用したマーケティングの提案を中心に、時には事業部の垣根を超えてLINE PayやLINE CLOVAなどの導入提案も行います。あとは、外部向けのオンラインセミナーに登壇したり、広告領域における新メニューを企画側と掛け合ったり、より多くの企業により深くLINEの様々なソリューションを活用してもらうための業務を幅広く経験させていただいています。
業務内容や具体的な流れを教えて下さい
私が現在所属している部署が扱ういわゆる広告事業は、LINE全体の売上の半分以上を作り出しているコア事業です。クライアント企業の目指すゴールや抱える課題を、LINEアプリや関連サービスに出てくる広告、LINE公式アカウント、プロモーションを目的としたLINEスタンプなどの様々なマーケティングソリューションでサポートし解決する事業です。

私は今、金融・EC・インフラ・食品など幅広い業種でそれぞれマーケットシェアの大きい企業を担当しています。LINE自体が多くの幅広いユーザーに日常的に使われていることもあって、日本でtoCビジネスを行っている企業の多くに、LINEをユーザーとの接点として既にご利用いただいてます。各企業のマーケティング担当の方々や広告代理店・パートナーの皆さんと日々コミュニケーションを重ね、既に活用いただいてる部分に対しての発展提案や議論を行い、まだ活用いただいていない領域への提案も常に考えています。特に各社の需要期やプロモーションタイミングなどは、早め早めにそもそもの目的などをヒアリングして、効果的な施策が実行できるように努めています。

営業と言うと、学生皆さんの中にはあまり良くないイメージを持っている人や、正直営業はやりたくないと思っている人もいると思います(笑)。たぶんですが、朝から晩まで働いて、クライアント企業の言うことを聞き続けるみたいなイメージもあるのかなと。もちろんクライアント企業にはLINEを使ってもらって費用を頂戴するのが仕事なのですが、ただLINEでの営業の仕事はあくまで対等な姿勢が必要だと思っています。担当する企業や商品の発展に向けて、LINEを最大限活かしてもらう、そのためには企業のオーダーをそのまま聞いて施策を実行できるだけではいけない。目的や課題の本質を理解して、共に新たなビジネスチャンスを作り出すというスタンスで業務に取り組んでいます。新規で営業をする場合もLINEに何かしらの期待を感じていただいている方々へのコミュニケーションになりますし、その期待を上回るために何ができるかを考えて提案することが営業の役割です。なので、ビジネスパートナーとしての対等なスタンスで臨むことは変わらない部分だと思います。

LINEには国内だけでも2020年6月時点で8,400万人のユーザーがいますし、コミュニケーションプラットフォームとして企業アカウントのビジネス化に成功している世界でも数少ないサービスです。他にも新しいソリューションを充実させながら、様々な企業が目指すユーザーとの接点づくりや体験提供を実現できることが非常に多いです。様々な業界の動向をインプットすること、しっかりとクライアント企業と向き合い理解すること、そしてLINEが提供できる価値や手段を考え続けることで、役に立てることが必ずあります。場合によって、LINEを活用することが必ずしも正解とは限らないこともあって、他の媒体と掛け合わせた提案で効果を最大化を目指すものもあります。LINE公式アカウントをはじめ、独自性の強いソリューションが多く、活用や提案できる幅が広い部分も働く上で楽しい理由の1つです。
仕事を進める上で、意識していることはありますか
日々意識していることは色々あるのですが、テクニック的なところよりも根幹となる取り組む姿勢を特に気をつけています。仕事は上手くいくとき・いかないときが当たり前にあるので意識の持ち方は大事ですね。

まずは、「やりたいこととやるべきことを整理し、優先順位を決めて最速で全力でやりきること」です。やらない理由やできない理由を探すのはとても簡単ですが、本質的にやりたかったことややるべき理由に意識を持ち、どこからどうやるべきかを整理する、そして決めたら全力でやる。働いていると多くのことを同時に進めることが求められます。ただ、瞬間瞬間で考えると同時に複数のことを進めるのは限度があるので、しっかり優先順位を整理して集中して取り組んでいくことが大事だなと思っています。一つ一つのことに全力で取り組めるようにしていると、自然と自分自身のできることが増えていき、自分の世界が広がっていくと思います。なりたい姿やなるべき姿を常に見つめ直して、自分自身をまだまだもっともっと伸ばしていきたいです。

似たようなことかもしれませんが、次に「自分の気持ちを常に高い位置でコントロールすること」です。私が業務で向き合っている方は、トップクラスのマーケターばかりです。その方々と共通言語で話す上で、もちろん謙虚さも必要なのですが気後れせずにいることはとても大事だと感じています。そのために日々の情報・知識の収集や入念な準備は不可欠なのですが、信頼される相手になり続ける意識が必要です。各社のLINEへの期待値も高いので、どんな時でもその名に恥じないように、常に最高のアウトプットが出せるようにしていきたいと思っています。

最後は「その行動が組織のためになっているかの視点を常に持つこと」です。最初のうちは自分自身にいっぱいだった時期もありました。ただ、フィールドに立てば年次など関係ないですし、若手だからこそ発信できることもあると思うので、現場で感じたことや一次情報として自分だから発信できることは組織全体にフィードバックして次の行動に生かしたり、社内のメンバー、特に同じ世代のメンバーがそれぞれのオリジナティを発揮できるような雰囲気作りを意識しています。組織の価値を最大化することで、最終的に自分が得られるものや成果も大きくなっていくはずなので。上司も先輩後輩も他の部門の方々もそれぞれに日々刺激を与え合える関係でありたいですね。
おもしろいことや難しいことなど、働く中でこれまでに得た感触を教えて下さい
入社時に思い描いている以上の経験ができているなと感じています。入社前には今の自分ができていることは想像できなかったですし、常に自分が見えている世界が変わってきている感覚があって成長を感じます。とても楽しくやりがいを持って過ごせています。

最初は正直言うと興味のない業界や領域も沢山ありました。ただ、どんな仕事であっても、それぞれ特徴があって自分が工夫すべきことや課題解決の鍵も違う、それぞれに真剣に取り組むことや営業として価値を発揮することが本当に面白く感じるようになりました。興味のないことを食わず嫌いしていたそれまでの自分はもったいなかったなと思って、働き始めてから好奇心や新しいことへのチャレンジ意欲が強まっています(笑)。

あと、LINEのマーケティングソリューションが実はまだまだ発展途上なこともおもしろいポイントです。人々の情報接点が変わり、世の中のマーケティングも進化・成長を続けている業界です。その中で生活インフラとして定着しつつあるLINEが何ができるか、今以上に常に選ばれる続ける存在になれるか、そこに貢献できるのは働く上での大きな価値だと思っています。現に、入社してからの期間でもかなり風向きが変わってきたなと感じることが多いので、日本でマーケティングするならLINEということを強い当たり前にするためには自分ができることを見つけて取り組んでいきたいですね。

最後に、約1年半LINEの営業担当として働いてみて、気持ちの強さと多くの人とコミュニケーションを取れることが結果を残していく上で力になっていると感じています。私自身大学時代やプロサッカークラブの経験を通して得た強みだと思っていますが、これからやることが変わっても続けていきたいです。もちろん経験やスキルも必要なのですが、正直まだまだ足りないので、気持ちの面では絶対に負けないようにと思っています。
LINEに入社して良かったと感じることはなんですか
繰り返しになりますが新しい世界と言うか、大学生時代では感じることのなかった刺激を受けている実感があることです。1年目から沢山チャレンジさせてもらいましたし、今も上長に常に伝えていることもあって、かなり伸び伸びやらせてもらってます。もちろん責任が伴ってきますが、その上でチャレンジさせてもらっています。本当に上長と先輩たちには感謝の気持ちでいっぱいです。裁量の大きさって新卒採用でよく語られる部分だと思いますし、裁量を持って働きたいという学生も沢山いると思います。LINEでは、自分から意志と行動を示していけば、責任の伴った裁量がしっかりと与えられます。いかに自分の力で現状より改善していくか、推し進めていくか、生み出していくかということを自分の責任で広げていける環境です。意欲を持っている人には、とてもやりがいのある会社だと思いますし、私はLINEの広告事業や営業の仕事には社内外の沢山のチャンスがあることを実感しています。

そしてとにかく尊敬できる人が本当に多く、勉強させていただいています。新卒の同期や年次の近い先輩がたは向き合っているクライアント企業やパートナーが異なっていて、常に情報を共有しあったり教えてもらうことも多く、互いに足りないところを補えていると実感しています。中途の先輩たちは、LINEの以外からの見え方や競合の知識も深いので、わからないことを沢山質問しています。役割の異なるサービス企画やエンジニアの同期とも最初の研修で一緒になってから今でも互いの仕事の話もしますし、様々な特徴を持った人たちが様々な事業領域で働いているため、様々な刺激があることも入って良かったなと。

社外からも一緒かもしれません。多種多様なクライアント企業の皆さんやたくさんの知見・経験を持つパートナーの皆さんとも多く関わらせていただくので、各業界の考え方や動向など生の声を聞けています。その積み重ねが考え方や提案する施策など様々な部分の質の向上につながっていると感じます。知識や興味が増えていくと、どんどんもっと欲しくなると言うか、興味のないもの自体が減っていく感じがして、今後さらに色々身につけていきたいですね。刺激が多いことその幅が広いことはとても良いことだと思います。
最後にメッセージを
就職活動で大事なのは、どういうマインド持ち働く中で何を実現したいのか、そしてそれがマッチしている会社を見つけることだと思います。自分と向き合って目指すビジョンを持ち、しっかり言語化して面接の場で表現すること、そして入ったあとに自分がそれを実現できるかが大切です。ただ会社に選ばれるのではなく、自分も会社を選ぶ立場という意識を持っていただけると良いと思います。

一人ひとりがどの環境を選んだとしても、ご自身が決めた場所で輝けるように願っています。その中でLINE、そして営業の仕事を選んでチャレンジしてくれたら嬉しいですし、同じ目線で働ける日を楽しみにしています。