Interview/

Ayuko Suzuki

自己紹介をお願いします
LINE企画室のLINE企画2チームの鈴木亜由子です。LINEには2019年に新卒入社で入りました。

就職活動の軸は2つ、成長できる環境とアイデアが活かせる仕事という点でした。成長できる環境というのは、いかに同じ方向を同じ温度で目指せるか、が重要だと思っています。大学時代に所属していたよさこいサークルでは、メンバーと同じ熱量・方向性で切磋琢磨することに、楽しさや成長を実感していました。そして、そういう環境で自分が生き生きすると自覚していたので、就活の際も大事にしていました。

アイデアを活かせる仕事を希望したのは、高校時代に「踊ってみた」動画の制作・投稿をする中で、再生回数を伸ばすためにアイデアを練ったり、そのアイディアを形にしたりする過程が楽しかったからです。その工夫が実際に再生回数となって返ってくることは嬉しかったですし、時々寄せられるアンチコメントも改善のきっかけになるため有り難かったです。何かを公開し、その反応をもとに改善、再度公開するというサイクルはIT業界などにも当てはまると思い、自身の経験が生かせるのではないかなと考えていました。そのため、メガベンチャーも視野に入れて就職活動をしていました。

LINEにエントリーを決めたのは、TwitterでLINE新卒採用の広告を見つけ、「職種別採用珍しいな!企画いいやん!」と思ったからでした(笑)。アイデアを活かすという意味でサービス企画の仕事は純度が高そうで、何となくですがきっと熱量も高い成長できる環境であろうと(笑)。就活初期で一番最初に内定をもらったのがLINEだったのも、就活慣れしていないありのままの自分を評価してもらえたと感じ、入社の決め手になりました。入社した今だから言えますが、ミスマッチが少なくて良かったと思っています!
業務内容や具体的な流れを教えて下さい
LINE企画室ではLINEアプリのサービス企画を担当していて、その中で私の所属するLINE企画2チームでは、現在LINEアプリの一番右端にあるウォレットタブを担当しています。チームのミッションは、ウォレットタブの利用を活性化し、LINEのファミリーサービスへの送客や連携効果を最大化することです。LINEでは、日本国内MAU8,400万人超のLINEアプリユーザーに対し、いわゆるメッセンジャーの機能だけでなく、LINE PayやLINE証券、LINE MUSICやLINEギフトなどなど、様々なサービスも使ってもらうにはどうしたらいいのか、常に試行錯誤しています。中でも私たちのチームでは、そのミッションを達成するために、金融やお得にまつわる様々なコンテンツを掲載することで、各サービスや全体の利用増加を目指しています。

私個人としては、ウォレットタブ内にある「Promotion Module」と呼んでいるバナー領域の企画・運用・改善を担当しています。この領域では、LINEのファミリーサービスの様々なキャンペーン情報やユーザーへのお知らせを配信しています。一般的にバナー領域と言えば、宣伝ばかりが表示される「鬱陶しい」というイメージが強く、読み飛ばされてしまう場合がほとんどだと思います。このような課題を解決しながらも、 ファミリーサービスへ効果的な送客を実現するために、Promotion Moduleでは、個人の興味に合わせてコンテンツをレコメンドする機能をつけています。配信される内容はキャンペーン情報がメインですが、より自分の興味にあったキャンペーンが表示されるという強みを生かし、「ユーザーにとっても嬉しい情報が得られる」機能になることを目標に、日々改善を繰り返しているところです。

この案件が始まったのは、2019年の12月頃でしたが、当時のウォレットタブは「お得」をコンセプトにしていたものの、ユーザーにお得な情報などを届ける機能がありませんでした。そこで、プロモーション領域を作ってみてはという担当役員からの検討依頼があって、私が実現性や効果の検討、企画と実行を担当することになりました。

どこに枠を設けてどのようなデザインにするのか、どういった情報をどのように制御して出すのか、他にも様々な観点で具体化していきます。具体化のために会話する相手は、ウォレットタブを担当するUIデザイナー・エンジニアはもちろん、LINEアプリ上で既に取り組まれていたプロモーション枠の先行事例であるSmart Channelの企画やエンジニアの皆さん、実際にその枠を利用することになる各サービスのマーケティング担当の方々、データ開発・分析の専門組織のData Labsなどなど、多岐に渡ります。データや使い手のニーズを元に仕様のタタキを作り、エンジニアやデザイナーなどからレビューを受けながら何をどう形にするのか決めていきました。

このプロジェクトの中で大変だったことややりがいもたくさんありました。例えば担当のデザイナーさんとのコミュニケーションは良い経験でした。企画側としては、この機能はユーザーにとって有益なパーソナライズされた情報を流す機能という考えでしたが、デザイン側は表示するコンテンツが広告である時点でノイズとなる要素が強いと考えていました。有益な情報なのでより見られる位置にという企画側と、ノイズなので邪魔にならない位置に配置すべきというデザイン側の認識の違いがありました。そこで、少しでも似た要素を持った他アプリをベンチマークして共有したり、情報表示のロジックやデータを示して情報が本当に有益であることを説明したり、丁寧にコミュニケーションを重ねました。この時にチーム全員が納得して同じ方向を向くことが大事だと感じましたね。もちろんデザイナーさんの意見も取り入れつつ、最終的には双方が納得する形で企画を進めることができ、プロジェクトが始まってから約3ヶ月で機能をリリースすることができました。

機能のリリース後の改善も企画の大事な仕事です。どんなコンテンツを配信するかポリシーを策定したり、ファミリーサービスから集まったコンテンツをレビューして入稿したり、運用の担当もしています。特にリリース直後は、ミスが無く効率的な運用方法を探るべく、入稿作業も自分で行って改善点を入念に洗い出していました。リリースした機能がすぐにうまく行くことなんてほとんどないので、配信結果を振り返って「どんなコンテンツならウォレットのユーザーに刺さるだろうか?」と毎日考えていました。LINEのFintechサービスのマーケティング担当者と協力してコンテンツを考えたり、配信の効果が悪かったらテキストを少し変えてみたり、かなり地道な作業です(笑)。結果的に、機能の企画から運用までトータルで任せてもらえたので、改善のためのアクションも取りやすく、課題に対する解決策まである程度自由にやらせてもらえたと思っています。今はまだまだ効果が低い領域なので、これからもUIやレコメンドロジックの改善に取り組んでいきたいです。
仕事を進める上で、意識していることはありますか
まず、「わからないことを隠さない・わかるまで質問するようにしたこと」。Promotion Moduleの案件は、自分のチーム内に詳しい人がいない社内の別のチームのレコメンドロジックを利用した機能だったため、開発スタイルの違いなど前提が噛み合わずたくさん苦労したんですよね。そこで大事にしたのが、わからないことをうやむやにせず、わからないと正直に伝えて理解できるまで認識合わせをしました。新卒だからという部分もあったとは思うのですが、ちゃんと聞けばちゃんと理解に至るまで付き合ってくれます。企画の先輩も聞き上手な人が多い気がします。

次に、「データを元にプロジェクト進行すること」です。効果向上のための追加施策を考える際に、日頃の配信の効果やA/Bテストの実施など、実際の数値に重きを置いて企画を考えていきました。データ・数値は客観的なものなので、それを起点に話すとたくさんいる関係者の目線合わせと合意が得やすく、プロジェクト進行が早くできると思っています。

最後に、「目先の利益・楽さよりも、プロダクトの理想状態を大事にすること」ですね。一つの機能をがっつり最初から企画したのは、実は始めてだったのですが、企画者の意志によってプロダクトを生かすも殺しもできるんだなと今回痛感しました。この機能はプロモーション枠なので、もっとド派手なUIで、たくさんのユーザーにたくさん配信して、目先の効果と利益を上げることも可能、ちょっとそういう方向に傾いてしまったことがありました。ただ、それではこの枠を企画した本来の目的とズレてしまうなと考えて、方針を立て直したことがありました。もし、この時自分が立ち止まらずに判断を間違っていたらと思うとちょっと怖いですね。常に本来追うべき理想の姿をイメージしていることは、とても大事だと思います。
おもしろいことや難しいことなど、働く中でこれまでに得た感触を教えて下さい
おもしろいことは、本人が望めば、いくらでも面白い仕事ができる点ですね。新卒だからといって、やる気を制限されたりすることは少ないと思います。難しい部分としては、自分自身まだまだ開発知識など足りない部分が自分にたくさんあります。個人的には、同期の中で最もスキルを持たずに入社したと思っていて、英語もデザインも開発もわかりませんという状態でした。逆に全部成長していると実感できて楽しい部分でもあるのですが、貪欲に色んな知識や経験を足していかなきゃという思いがあります。

なので、必要なスキルはこれです!勉強しておきましょう!とは口が裂けても言えませんが、受け身ではなく自走するスタンスがある人は活躍できるのではないかと思います。残念ながら、口先だけの人にチャンスをくれる会社ではありません。これは自戒の念を込めてでもありますが、自由にやれない楽しい仕事が来ないと言ってるだけでは、いつまでたっても成長も経験も得られない。これがやりたいです、こうやりたいですと自分から言えて、自分の意志を通すために躊躇なく周りをどんどん巻き込めるような人、そんな人はLINEでの仕事が楽しくできると思います。

ただ、企画者の仕事って、もちろん発案したり意思決定をしたりという要素もあるのですが、いかに周囲の皆さんの力や知見を引き出して最終的に良いものに導くか、そのために必要なことを何でもやるのが役割かなと思っています。特にLINEで働いている人たちは企画の先輩も開発やデザインなどの皆さんもとにかくすごい、知識もスキルも経験もあるのに柔軟で早いみたいな感じです。自分を出す部分も意識するのですが、周囲への意識も常に大事にしています。企画の部分だけではなくて、周辺の皆さんから観点を学ぶこともできていると思います。
LINEに入社して良かったと感じることはなんですか
LINEの良いところは、若手でも意志を持つことが良しとされる環境であることだと思います。新卒で入社して間もない頃から、 「亜由子さんの意見はどう?」と上司が聞いてくれる環境だったので、なんでも自分事化して考える癖がつきました。特に私の所属するチームは、すごくラフな雰囲気なので、良い意味で上司に気を使う事なく、自分が考えた意見を発信できる点も良いと思いますし、私にはとても合っていました。

ロールモデルになるような先輩もいっぱい居ます。中途入社が多い会社なので、キャリアも考え方もバラバラで、本当に色んな生き方があるなと思っています。私自身、今後のキャリアとか具体的なステップとかあんまり考えてないので、今後周りを参考にしながら自分にとって良い方向を考えていきたいです、誰か相談乗ってください!
最後にメッセージを
ファーストキャリアって、とても大切なものだと思います。これは自分や友人を見ての感想ですが、良い意味でも悪い意味でも新卒は会社に染まりやすいです。

最初は内定をもらうことに必死になっている人も多いと思いますが、内定をもらった後は一旦落ち着いて、「自分はどんな環境に染まりたいのか」とことん考えて意思決定することをおすすめします。コロナの影響で、情報インプットの機会はオンライン上で一元化されたものが多いと思いますが、なるべく自分で一次情報を稼ぐこと心がけて。さらに、その情報を元に自分の頭でたくさん考えて行動できると、良い就活・良いファーストキャリアをスタートできるのではないかと思います。

もし、たくさん考えた上で、ファーストキャリアの環境としてLINEを選んでもらえたら嬉しいです!