Interview/

Shoma Sato

自己紹介をお願いします
2020年に新卒入社した佐藤彰真です。現在はLINE証券やLINE FXなどの金融系サービスを担当するデザインチームに所属しています。学生時代、もともと工学部の情報系だったのですが、カリキュラムの中で情報デザインに触れる機会があり以来ずっと傾倒していまして、インターンシップやスタートアップで働きながらデザインを学んでいました。

就職活動では、IT系の事業会社を志望していたので、LINEは自然と選択肢に入っていました。デザイナーの採用枠がある企業のうち、BX領域とUI領域を分けて募集していたのが珍しくて、印象に残りましたね。LINEを含めたいくつかの企業の選考を進んでいくうちに、その企業が求めるデザイナー像について考えるようになって、企業によってデザイナーの姿勢や担当する領域は異なるのですが、自分のなりたいデザイナー像に近いところはどこだろう、と。面接でもそのあたりのことを根掘り葉掘り聞いていました。そんな中で、一番自分に合っているなと感じたのがLINEでした。「UIデザイナーとしての専門性を追求したい」という私の希望にマッチする環境、業務体制が整っていたのが何よりでした。また、LINEのデザイン組織自体も魅力的でした。クリエイティブセンターという自社のデザインを統括する部署があり、そこで様々な領域の専門家たちが働いている。視座を高めつつ、自分の専門性も磨いていけるという点で、ファーストキャリアはここしかないと思えました。

入社後は事前に聞いていた以上の裁量で業務をさせてもらっていると思います。新規サービスのUIデザインや、既存サービスの機能改善など、入社1年目で重要なデザインを任せられることも少なくありません。ユーザーが直接見て触る部分をつくっている、その分の責任や難しさも感じますが、成長を実感しながら日々の業務を行っています。
業務内容や具体的な流れを教えて下さい
UIデザイナーは、LINEが提供するアプリケーションやWebにおける様々なサービスのオンラインクリエイティブ全般を担当しています。例えば既存サービスであれば、現行版デザインの修正や新機能追加時のUIデザイン、サービス内外で使用するマーケティング用バナーなどの作成がメインですね。

業務の流れを説明します。多くの場合、業務は事業部からデザインの依頼が来るところからスタートします。マネージャーがチームのデザイナーにタスクを振り分け、各々が処理していく流れです。依頼の内容はサービスや所属するチームによってまちまちで、じっくりと腰を据えたプロジェクトの場合もあれば、スピードが求められる場合もあります。依頼される人によってはいくつものデザインを並行して行っています。担当するプロジェクトの規模や担当者によりますが、2~3程度のプロジェクトを同時進行する人が多いですかね。これは、多くのサービスを抱えるLINEらしい点と言えるかもしれません。

直近では、私はLINE FXのPC版アプリのUIデザインを先輩と一緒に担当しています。事業部側の担当者から、サービスの仕様や要件、各画面のワイヤーフレームなどを共有してもらい、それをもとにUIを作成していきます。今回は最初にラフデザインを作成し、それを逐一マネージャーにレビューしてもらっていきました。様々なフィードバックの内容を反映し、少しづつ完成度を上げていくイメージです。レビューでは、具体的に修正すべきポイントの指示をもらうこともあるのですが、どちらかというとデザインの意図の確認や、目的の解釈やそれに対して適切なアプローチができているのかなど、主体的に考えてデザインすることを促してくれるようなフィードバックを多くいただきます。話しながら進めていくことで自分のデザインの言語化にも役立ちますし、認識を共有できるのでスムーズに業務を進行することができていると思います。

LINE FXのPC版デザインを担当する中、一番こだわったというか苦労して学びがあったことが、余白の打ち方でした。デザインをする際に、フォントのサイズと文字間やコンポーネント同士の間隔について、何度も何度も修正しました。マネージャーからのレビューでも、間隔やサイズ感についてのフィードバックが多かったですね。一つひとつのパーツの見え方や、全体を俯瞰した時の見え方など、色々な視点からフィードバックをもらえたので、非常に勉強になりました。このやり取りをするまでは、実装を考慮した統一されたマージンシステムが正義だと思っていまして。作り手目線だけではなく、ユーザーの目線に立ち自分の目で見て細部を調整することを意識するキッカケになりました。この考えは、もしかしたら企業によって違うというところもあると思いますが、ユーザーにとってどうか、という視点を大事にするのもLINEらしい部分だと思っています。

また、実は複数のデザイナーで大規模なサービスをつくるは初めての経験でした。先輩方がどのようにデザインしているかをよく見ていて、コンポーネントの作り方や事業部とのコミュニケーションの仕方など、一緒にプロジェクトを進めていく上で必要なことを体感しながら学んでいきました。デザインは、既にある程度詰められたスタイルを元に各画面をつくっていく段階だったので、日々共有される先輩のスタイルを真似つつ、より使い勝手の良いデザインになるように意識しながら進めていました。ここはコロナウイルスの影響もあって、ほとんどの作業を自宅で行っていたので、ちょっとした質問などを口頭でできなかったのは大変でしたね。細かな会話からデザインの方向性のヒントが得られることもあるので、今後もっと上手く周りの方との会話を増やしてデザインに還元していきたいと思っています。

あと、この案件を担当するまで金融系のサービスに触れることが少なかったので、サービスの仕様や挙動なども、一つひとつ調べながらデザインに反映させていきました。アサインされた当初はサービスの理解のため、デザインよりも金融の勉強をしていた時期もあるくらいです。担当するサービスの市場や業界について詳しく知ることが、良いデザインをつくるためには重要です。デザインに限らず、インプットの時間を上手く確保するようにしています。
仕事を進める上で、意識していることはありますか
業務の中で意識しているポイントとしては、まず「デザインに説得力を持たせる」ようにすること。デザインの意図を事業部の担当者などに説明する機会も多く、自分たちのデザインが事業側の課題解決や目的達成のための要点を抑えていることが伝わる、説得力のあるデザインに仕上げるを心がけています。例えばボタンやアイコン一つを取っても、位置・形・色などの設計意図を論理立てて話せるのが理想的です。

次に、シンプルですが「自分で考える」ことです。UIをつくる際は、あらかじめ事業部側の担当者が、サービス画面のベースとなるワイヤーフレームなどを作っている場合があります。しかし、それをただ綺麗に、見栄えをよくすることがデザイナーの仕事ではありません。本来の目的や事業課題の解決へのアプローチを自身なりに考えて解釈し、その結果の最善のアウトプットになるよう意識して業務をしています。作業者にならず、デザインという成果物に対して常に主体的でいるようにしています。

また、「細部にこだわる」ことです。LINEに入社して一番驚いたのは、徹底的な細部へのこだわりでした。業務でのマネージャーからのフィードバックでは、マージンやフォントのサイズなど、ちょっとした部分と思える指摘をもらうことが特に多かったです。これは説得力の話と共通する部分でもありますが、良いデザインは細部まで理由があります。とにかく何故そうしたのか、何故そのデザインなのかを細部まで言語化できるくらい突き詰められていることが大切だと思います。今でも油断すると細かな部分への指摘をいただくことがあるので、個人的に特に課題にしていることでもあります。

最後にクオリティの高いデザインを目指すために、「ユーザーのことを考え抜く」ことが本当に大切だと思います。オンラインサービスが私たちの生活に密着するようになって久しく、技術の進歩によって様々な恩恵を得ている一方で、その機能や複雑性が増してきていきます。そんな中でユーザーを第一に考え、よりシンプルに使いやすく、そしてより楽しくしていくことがデザインの役割だと思っています。これからもLINEで様々なことを学んで、たくさんの人の日常を彩るサービスをつくっていきたいですね。
おもしろいことや難しいことなど、働く中でこれまでに得た感触を教えて下さい
感覚と思考の両方を駆使していく仕事なので、それが難しくもあり、楽しくもありますね。オンラインサービスのデザインには、実装上の制約や既存システムとの連携といった、視覚的な部分とはまた違った知見も求められます。一方で、使いやすい画面設計や美しくシンプルな外観など、体験設計の知識や美的センスも必要になってきます。いろいろな領域を横断しながらデザインする仕事なので、毎日が勉強です。その点、LINEのUIデザイナーは専門性が高く、様々な引き出しを持っています。私も早く先輩たちに追いつけるように頑張りたいですし、皆さんにも刺激を与えられるようになっていきたいですね。

また、入社した当社に比べて、より組織でのデザインを意識するようになりました。現在担当している業務では、私を含め3人のデザイナーが共同で働いていますが、同じサービスなので一貫したスタイルが求められます。全員でスタイルを共有、確認することで、画面ごとに差が出ないようにしています。また、デザイナー同士や事業部とのコミュニケーションも多いので、スムーズな業務進行ができるよう意識しています。

デザインの観点で言うと、デザイナーとしての判断力は磨けていると思います。先輩方のデザインの仕方をそばで見ていて、あるいは一緒に仕事をしてきて、細部の判断が早く的確になってきました。もちろん学生の頃に比べてなので、以前まだまだ修行中なのですが、学生の頃のデザインを見直してみると、色々と反省点が出てきます(笑)。ただ、それが成長している証でもあると思います。

個人的にですが、学生の頃から就業型のインターンやスタートアップでのデザイン業務など、実際の現場でデザインの仕事をしていた経験は生かせていると感じています。事業やそれに伴うデザインがどのような流れで進んでいくのか、業務イメージがある程度入社前からあったので、スムーズに業務に入っていけたように思いますね。

最後にですが、デザイン以外への興味や理解する姿勢の大切さを痛感しています。自分の担当するサービスの業界やユーザーの特徴を知らなければ、適切な良いデザインは絶対にできません。デザインをもちろん主軸に、他にも色々なことに興味が持てる人が活躍できるデザイナーなのではないでしょうか。
LINEに入社して良かったと感じることはなんですか
何より学びの機会が多いのが嬉しいです。部署にはオンライン、オフラインを問わず様々なデザイン領域の専門家たちが働いています。週に一度共有されるデザインレポートでは他チームの業務の様子なども知ることができ、非常に勉強になります。デザインが好きな人にとっては、とても良い環境だと思います。

そういう環境なので、よりUIデザイナーとしての専門性を高めていきたいという思いが強く持てます。前述したように、オンラインサービスのデザインには様々な知識、センスが求められます。時流による変化も早いです。その中で、まずは一人前のデザイナーとして成長できればと思います。これからも精進します。
最後にメッセージを
同期の新卒デザイナーは僕を含めて3人でしたが、いずれもLINEに強く惹かれ、デザインへの姿勢も似ているように思います。

企業によってデザインのあり方は違うものです。ぜひ自分が共感できる企業を見つけてください。もしもそれがLINEであれば、とても嬉しいです。

みなさんと一緒に切磋琢磨できることを楽しみにしています。