ENTRY

CROSSTALK
♯3

Ayaka Imaki
新卒 / LINE企画2室
Ayumi Inagaki
上司 / 執行役員

サービス企画職って何? LINEのサービスの核に迫る

LINEの核ともいえるサービス企画職。新規サービスの企画だけでなく、より使いやすく面白いサービスになるように、既存サービスの見直しも細かく行っています。AyumiさんとAyakaさんが所属する、サービス企画職の実態に迫ります。

Ayumi
サービス企画職について説明をすると、まずはスタッフが書いた企画書を私がレビューして、これでいけそうだなと判断したら、次はデザイナーや開発に持って行って、一緒に議論する。そのあとでキックオフ会議をして、関係部署からフィードバックをもらう。そうやって企画をブラッシュアップしてから、どれぐらいのスケジュールで、どういう風に進行しようかっていうのをまとめて、ひとつのプロジェクトにする。それを引っ張っていくのがサービス企画の仕事だよね。
Ayaka
そうですね。私は今、「LINEバイト」のサービス企画担当をしています。企画書を書くのはサービスが立ち上がる時だけじゃないんですよね。既存サービスの中の、ちょっとした機能変更でも企画書を書いています。
Ayumi
私のほうから、「こういう改善を目的とした企画」っていうお題を出して、考えてきてもらってるよね。その企画書に対して、こうじゃない、ああじゃないって意見をフィードバックして。
Ayaka
サービスを任されてもいるんですけど、最近ちょっとトラブってしまったことがあって……。
Ayumi
わりとうちのチームでは「キラキラ女子」って言われてたのに、最近キラキラが消えたって言われてね(笑)。
Ayaka
枯れましたね(笑)。
Ayumi
プロジェクトは基本任せてるけど、それはちょっと大変そうだったから私も入ったんだよね。「ちょっとその(LINE)グループ私も入れなさい」って。
Ayaka
Ayumiさんがグループに入った瞬間に、ざわっとしましたね。あれはヤバかったです。何かを召喚したみたいな……。
Ayumi
サッと鎮圧したりして(笑)。やっぱり人間同士だから色々と問題も起こるけど、サービス企画の私たちが大切にしないといけないのは、ちゃんと説明をすること。企画職って、みんなの真ん中にいると思うんだよね。上とかじゃなくて、真ん中。真ん中にいると、プロジェクトってよく回るんだよ。だって、私はデザインが出来るわけでもないし、開発のコードだって書けない。でも、色んなタイプの人と話せて、その人に合わせた説明やその人にわかりやすい言い方ならできる。それだけは長けてると思うんだ。企画職に大切なのはそういうところだから、学んでほしいなって思うんだよね。
Ayaka
そうですね、あゆみさんにちょっとずつ近づけるようになりたいです。
Ayumi
おっ!
Ayaka
なんか、ヨイショするみたいで恥ずかしいですけど……。でも、あゆみさんはデザイナーとか開発とか、それぞれに合わせた言語で喋れてるなと思って。そういう部分を見習わないとなと思ってます。

面接で試されるのは、スキルよりも"素質"

二人が初めて会ったのは、新卒の採用面接会場でした。Ayumiさん曰く「キラキラ感」溢れるAyakaさんに対して、Ayumiさんがとった行動とは?

Ayumi
私、Ayakaさんの面接の時、けっこういじめたんだよね。「お前、どーなんだ?」みたいな感じで(笑)。
Ayaka
はい、いじめられました(笑)。
Ayumi
あえて感情を揺さぶるような話を振って様子を見ることがあるんだけど、それは短時間で相手の性格だったり、特徴だったり、飾ってない素の部分を見たいからなんだよね。やっぱりみんな、かっちりした返答を持って面接に来るから、想定外の状況にどう対応するかを見たいというのがあって。
Ayaka
でも最後の10分ぐらい、ちょっと恋愛の話をしましたよね。あれも面白かったです。なかなかそんな面接ないじゃないですか。
Ayumi
したした(笑)。やっぱり最初ちょっといじめちゃったからね。フォローしたりして(笑)。で、一連の面接が終ったあとに人事から連絡が来て、「最終でこの子たちが残っていますけど誰を採りますか?」と聞かれた時にAyakaさんがいて。さらに私のチームに入りたいと言っていると。「ほほう、いじめたはずなのに……」と思いながら採用したんだけど、どうして私のチームに入ろうと思ったの?
Ayaka
実は私、すでに別の会社で内定が出ていて、ほぼその会社に行こうという気持ちでLINEの面接を受けたんです。でもあゆみさんの面接を受けて、別にいじめるっていうんじゃなくて、私が考えるサービス像みたいなものを話した時に「その考え方はダメだよ」みたいに、教えてくれるような話し方だったんですね。それで、「こういうことを的確に言ってくれる女性っていないなあ」と思ったんです。この人と働きたいなって。それで最終面接まで進んだ時に、「あゆみさんのチームだったらこの会社に入りたいし、そうじゃなければ、内定が出ている会社のほうに行きます」と伝えたんです。
Ayumi
そうなんだ!知らなかった、そんなエピソードがあったとは(笑)。なんか、面接で見たいのは素質の部分なんだよね。スキルは入社してから身に付くし、新卒の時点ではあんまり大差ないじゃない。だから、ベースの部分がどういう子なのかを見たかった。Ayakaさんは負けず嫌いっぽい印象があったから、わざとキツいことを聞いて「違います!」って言わせたかったんだけど、わりと素直に聞き入れたから、ああ、素直な子なんだなって。
Ayaka
負けず嫌いではありますけど、そこまで頑固ではないと思います。
Ayumi
それってすごく大事なことだと思っていて。社会に出れば、自分と違う価値観の人はたくさんいるし、自分の論理が通らないことも多い。そういう中で、どれだけいろんな人の意見を聞いて、コミュニケーションがとれるかだから。
Ayaka
入社してからの私はどうですか?
Ayumi
実際、負けず嫌いだよね(笑)。そこは間違いない。わりとよく周りからは、キャラが似てるって言われるよ。
Ayaka
恐縮です……。

仕事=ゲーム!? まずは「信頼ポイント」を貯めるべし

Ayaka
あゆみさんがLINEで仕事する上で大切にしてることって何ですか?
Ayumi
う〜ん、「信頼ポイント」かなあ。私は仕事って、いかに速く的確に問題解決するかっていうゲームだと思っていて、クリアすればするほど自分の「信頼ポイント」が溜まっていくって考えてるのね。それは新人でも、マネージャーでも、シニアマネージャーでも、誰もが持っている共通ポイント。そして私はそのポイントのパワーが圧倒的に強いんです(笑)。新人の頃から役員相手に「決めてください!速く速く!」ってガンガン言ってたぐらい(笑)。でも結果的に話が動いたのは、「あゆみだったらこの問題をすぐに解決するだろう」という「信頼ポイント」をたくさん持ってたってことだと思うんだよね。
Ayaka
もはや「あゆみポイント」ですよね(笑)。でもそれはすごくわかります。
Ayumi
これは上に対しても下に対しても、そして横に対しても、開発やデザイナーという職種にも限らず言えることかなと思う。やっぱり仕事は人間関係だし、信頼し合えるかどうかだから。仕事や課題をひとつずつクリアして、ポイントを貯める。そうすることで関係が深まっていくんだよね。
Ayaka
やっぱりまだ私はポイントが少ないから、例えばデザイナーと仕様のやりとりをしていても、なかなかスムーズにいかないことがあるんです。そういう時に「あゆみポイント」を使うとすんなり通るんですよね。
Ayumi
あ、でもうまくいかない時はポイントは減るからね。「あー、さっきの連絡しておけばよかった!マイナス1」って(笑)。

サービス企画職、こんな人に来てほしい!

日夜様々なサービスの企画に携わる企画職という部門では、どんな人がいるのでしょうか。部署に欲しい人材や部署にいる人の共通点について、現場のおふたりのリアルな考えを聞いてみました。

Ayumi
Ayakaさんは4月入社で、もうひとり10月入社の子がいるんだけど、2人ともすごく素直。自分から一生懸命に仕事をしていこうとする気持ちがあるから、これから新卒を採用する時のモデルケースになっているのかなとは思う。この2人と比べて優秀だったら採りたいかな。
Ayaka
そんな優秀な子が入ってきたら、かなり頑張らないといけないですよね……。負けないように頑張ります(笑)。
Ayumi
あと、私はLINEにいることが当たり前過ぎて、あんまり気づかなかったんだけど、中途で入ってきた人たちに言われたのは「同僚を蹴落とそうとする人がいない」ってこと。他の会社だと、自分がいちばんになるために相手をライバル視して、足を引っ張るようなこともあるらしいんだよね。でも、うちの会社も、うちのチームもそれが全くない。新卒の子も、みんなと協力して仲良くやっていける人がいちばんかな。

他のクロストーク

はたらく新卒社員の本音とリアル