Origin
& Progress/

LINEの今と今後

LINEの企業理念

CLOSING THE DISTANCE

私たちのミッションは、世界中の人と人、人と情報・サービスとの距離を縮めることです。

LINEは、2011年3月11日に日本で発生した震災をきっかけに、モバイルメッセンジャーとして生まれました。家族や友人・恋人など、身近な大切な人との関係性を深め、絆を強くするコミュニケーション手段こそが日本のみならず、世界中で求められていると考え、2011年6月にサービスを開始しました。

いまや、LINEは日本を始め、力強い成長を続けるアジア地域を中心に、世界で数億人に利用されるモバイルメッセンジャーへと成長を続けています。私たちは、単に世界共通に画一化されたグローバルサービスではなく、各国毎の多種多様な文化・慣習を尊重し、「サービスをカルチャライズ(文化化)」していくことこそがその国で、その土地で、サービスを真に根付かせ、 成長させていくために大切なことだと強く信じています。

これから、モバイルメッセンジャーとして誕生したLINEは、モバイル上のユーザーニーズを統合的に解決していく、スマートポータルへと進化していきます。人や情報/コンテンツ、オンライン/オフラインサービスなどあらゆるものとユーザーがいつでも、どこでも、最適な距離でシームレスに繋がっていく、LINEを入り口として生活の全てが完結する世界の実現を目指していきます。

LINEは、あなたと世界をつなぎ、毎日を共に過ごしてくれる、そんな、家族や友人のような存在になりたいと思っています。

LINEは、2011年3月11日に日本で発生した震災をきっかけに、モバイルメッセンジャーとして生まれました。家族や友人・恋人など、身近な大切な人との関係性を深め、絆を強くするコミュニケーション手段こそが日本のみならず、世界中で求められていると考え、2011年6月にサービスを開始しました。

いまや、LINEは日本を始め、力強い成長を続けるアジア地域を中心に、世界で数億人に利用されるモバイルメッセンジャーへと成長を続けています。私たちは、単に世界共通に画一化されたグローバルサービスではなく、各国毎の多種多様な文化・慣習を尊重し、「サービスをカルチャライズ(文化化)」していくことこそがその国で、その土地で、サービスを真に根付かせ、 成長させていくために大切なことだと強く信じています。

これから、モバイルメッセンジャーとして誕生したLINEは、モバイル上のユーザーニーズを統合的に解決していく、スマートポータルへと進化していきます。人や情報/コンテンツ、オンライン/オフラインサービスなどあらゆるものとユーザーがいつでも、どこでも、最適な距離でシームレスに繋がっていく、LINEを入り口として生活の全てが完結する世界の実現を目指していきます。

LINEは、あなたと世界をつなぎ、毎日を共に過ごしてくれる、そんな、家族や友人のような存在になりたいと思っています。

Life on LINE

私たちのビジョンは、24時間365日生活のすべてを支えるライフインフラになることです。

人と人を近づけるメッセンジャーアプリとしてスタートしたLINEは、次第にサービスの幅を広げ、人 ・情報・サービス等あらゆるものをつなぐスマートポータルとして、ユーザーの生活をより便利にしてきました。
そしてこれからは、ユーザーの生活すべてをサポートするライフインフラとして、個人に最適化されたFintech・AIテクノロジーを通し、オンライン・オフラインが融合した新しい

インフラ体験をひとりひとりに届けていきます。メッセンジャーアプリを超え、ユーザーの毎日に寄り添うプラットフォームになることを目指していきます。

LINEはいつもあなたのそばに。

人と人を近づけるメッセンジャーアプリとしてスタートしたLINEは、次第にサービスの幅を広げ、人 ・情報・サービス等あらゆるものをつなぐスマートポータルとして、ユーザーの生活をより便利にしてきました。
そしてこれからは、ユーザーの生活すべてをサポートするライフインフラとして、個人に最適化されたFintech・AIテクノロジーを通し、オンライン・オフラインが融合した新しいインフラ体験をひとりひとりに届けていきます。メッセンジャーアプリを超え、ユーザーの毎日に寄り添うプラットフォームになることを目指していきます。

LINEはいつもあなたのそばに。

LINEのサービス

サービス展開/事業

LINE株式会社は、日本での月間アクティブユーザー数8,900万人を誇り、アジアを中心に世界で約2億人が利用する「LINE」アプリをプラットフォームの中核とし、ユーザーの生活をより便利で豊かにするべく様々なサービスを提供しています。

多くの人々の生活で日々高頻度に行われる”コミュニケーション”を入り口に、LINEスタンプや着せかえなどのコンテンツ事業、企業やサービスとユーザを繋ぐLINE公式アカウントやLINE広告を中心としたマーケティングソリューション事業、あらゆる情報・コンテンツとユーザーとの接点をつくるLINE NEWSなどのメディア事業、ユーザーの充実したライフスタイルを実現するLINE LIVE・LINE MUSIC・LINEマンガといったエンターテインメント事業など、多様な事業を展開し急速な成長を遂げてきました。

また近年、戦略事業として新しい領域へのチャレンジや強化も続けています。テクノロジーにより生活やビジネスに潜む煩わしさを解消する「AI」、オフラインやコミュニケーションとの融合で新たな購買体験を提供する「コマース」、人と金融の距離を縮めユーザーにとって身近で安全な金融サービスを提供する「Fintech」などの領域に投資を行い、プラットフォームとしての進化を図っています。

LINE株式会社は、日本での月間アクティブユーザー数8,900万人を誇り、アジアを中心に世界で約2億人が利用する「LINE」アプリをプラットフォームの中核とし、ユーザーの生活をより便利で豊かにするべく様々なサービスを提供しています。

多くの人々の生活で日々高頻度に行われる”コミュニケーション”を入り口に、LINEスタンプや着せかえなどのコンテンツ事業、企業やサービスとユーザを繋ぐLINE公式アカウントやLINE広告を中心としたマーケティングソリューション事業、あらゆる情報・コンテンツとユーザーとの接点をつくるLINE NEWSなどのメディア事業、ユーザーの充実したライフスタイルを実現するLINE LIVE・LINE MUSIC・LINEマンガといったエンターテインメント事業など、多様な事業を展開し急速な成長を遂げてきました。

また近年、戦略事業として新しい領域へのチャレンジや強化も続けています。テクノロジーにより生活やビジネスに潜む煩わしさを解消する「AI」、オフラインやコミュニケーションとの融合で新たな購買体験を提供する「コマース」、人と金融の距離を縮めユーザーにとって身近で安全な金融サービスを提供する「Fintech」などの領域に投資を行い、プラットフォームとしての進化を図っています。

Zホールディングスとの
経営統合

LINEは2021年3月1日に、Zホールディングスとの経営統合を完了しました。この統合によりLINEは、国内最大規模のインターネットサービス企業グループの一員となりました。

今回の経営統合により、これまでLINEがあまり展開できていなかった領域や今後さらに伸ばしていくべきサービスを強化することができます。さらに両社の技術陣が結集することで、ユーザーにより高いベネフィットを提供していくためのAIやデータ解析の

テクノロジーも格段に強化できるはず、サービスや技術の面で相互補完できる部分も多く、これからさまざまな分野でシナジーを発揮できるはずです。

Zホールディングスグループ、そしてLINEは世界で戦える企業に必ず進化していけるはずです。

LINEは2021年3月1日に、Zホールディングスとの経営統合を完了しました。この統合によりLINEは、国内最大規模のインターネットサービス企業グループの一員となりました。

今回の経営統合により、これまでLINEがあまり展開できていなかった領域や今後さらに伸ばしていくべきサービスを強化することができます。さらに両社の技術陣が結集することで、ユーザーにより高いベネフィットを提供していくためのAIやデータ解析のテクノロジーも格段に強化できるはず、サービスや技術の面で相互補完できる部分も多く、これからさまざまな分野でシナジーを発揮できるはずです。

Zホールディングスグループ、そしてLINEは世界で戦える企業に必ず進化していけるはずです。

LINEの未来

オンラインとオフラインの垣根を超えた新サービスを

経営統合後、私たちがぜひ開拓したいと考えているのは、インターネットや情報技術がまだ「便利にしきれていない領域」です。

それは「オンライン」と「オフライン」の間に垣根があり、互いがうまく溶け合っていない、まだまだ「便利になりきっていない」、すなわち「もっともっと便利にできる」ことが数多くあります。統合後の私たちは既存ビジネスの強化と同時に、そうした領域への

挑戦を、スピード感をもって進めていこうと思います。

LINEは今後も、さまざまな社会課題の解決に取り組むことで新たな価値を創出し、その国や地域に住む一人ひとりの課題解決に寄り添い、より豊かで便利な暮らしの実現に貢献していきます。

経営統合後、私たちがぜひ開拓したいと考えているのは、インターネットや情報技術がまだ「便利にしきれていない領域」です。

それは「オンライン」と「オフライン」の間に垣根があり、互いがうまく溶け合っていない、まだまだ「便利になりきっていない」、すなわち「もっともっと便利にできる」ことが数多くあります。統合後の私たちは既存ビジネスの強化と同時に、そうした領域への挑戦を、スピード感をもって進めていこうと思います。

LINEは今後も、さまざまな社会課題の解決に取り組むことで新たな価値を創出し、その国や地域に住む一人ひとりの課題解決に寄り添い、より豊かで便利な暮らしの実現に貢献していきます。