LINEファミリーサービス

開発センター

参考情報一覧

LINEファミリーサービス開発組織について

 

LINEでは、LINEプラットフォームを通じた「スマートポータル」の実現を目指し、LINEプラットフォーム上で動作する様々な分野でのサービス事業を展開しており、それらのサービスをファミリーサービスと呼んでいます。

*ファミリーサービス例:LINE LIVE(LINE LIVE-VIEWING含む)、LINE MUSIC、LIVEBUY(LIVEコマースサービス)、出前館、LINE NEWS、LINEギフト、LINE BLOGなど。

 

これらのファミリーサービスは、それぞれ50人前後のエンジニアが所属する開発3センター、開発5センター、出前館開発センターという3つの組織を中心に開発されています。

LINE LIVE

 

About LINE LIVE

LINE LIVE」は、LINEが提供するライブ動画配信プラットフォームです。

 

RedisのPub/Subを使って設定情報を高速配布する。「LINE LIVE」が取り組んだアーキテクチャ改善(2022.02.07 LINE Engineering Blog)

 

5年間Pivotを続けたLINE LIVEのアーキテクチャ刷新。業界No.1の動画配信サービスを目指して(2021.10.05 LINE Engineering Blog)

 

RedisのPub/Subを活用してユーザー情報をリアルタイムに反映 -「同時」にこだわったLINE LIVEの同期システム-(LINE DEVELOPER DAY 2021)

 

開発のスペシャリスト、onevcatが思い描くエンジニア像 (2021.7.28 LINE Engineering Blog)

 

応援したいアーティストを技術でバックアップする、LINEのエンタメ事業が大切にしているファンの価値が高まるサービス(2021.06.10 採用説明会)

 

LINE LIVE's Development Challenge - 2021 early(2021.05.14 社外イベント)

 

【Product Story #2】スマホ画面をそのまま配信できる「スクリーン配信機能」がリリース! LINEのライブ配信サービス「LINE LIVE」開発秘話を聞いてみた(2019.06.07 LINE Engineering Blog)

 

LINE LIVEサーバーサイドの設計思想と技術スタック 開発マネージャーが語る歴史と変遷(2019.03.27 Streaming Conference #6)

 

LINE LIVEクライアントアプリを支える配信技術 社内製ライブラリ「Yuki」の仕組み(2019.03.27 Streaming Conference #6)

募集ポジション

 

LINEでは、ファミリーサービスの開発に携わっていただける方を募集しています。ファミリーサービス開発組織では、各チームが1つ以上のサービスを担当し、事業やサービスの責任者たちと日々コミュニケーションしながら、開発に携わっています。


それぞれのサービス規模が大きいため、高トラフィックな状況でもユーザーにサービスを提供し続けることは簡単ではありませんが、技術的に非常にチャレンジングでやりがいも大きいです。

 

募集中のポジションは以下の通りです。応募前のカジュアル面談のご相談も承っておりますので、是非ご応募ください。

 

 

■サーバーサイドエンジニア

シニアサーバーサイドエンジニア / LINEファミリーサービス

サーバーサイドエンジニア / LINEファミリーサービス

Perlエンジニア / ファミリーサービス

サーバーサイドエンジニア / 出前館 / 京都開発室

 

 

■クライアント開発エンジニア

クライアント開発エンジニア / iOS/Android / LINEファミリーサービス

クライアント開発エンジニア / iOS / Android / 出前館

 

 

■その他

テクニカルプロダクトマネージャー / LINEファミリーサービス

システムディレクター / 出前館

© LINE Corporation