【LINE】「LINEアカウントメディア プラットフォーム」を発表

2015.12.01 LINE

大手新聞社、通信社、TV局など24メディアを第一弾パートナーとし、

集客と収益を生み出す新たなエコシステムの構築を目指す

 

LINE株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:出澤 剛)は、同社が運営するコミュニケーションアプリ「LINE(ライン)」における新たな取り組みとして、本日、LINEの公式アカウントを利用したニュース配信機能を外部メディア向けに開放する「LINEアカウントメディア プラットフォーム」を発表いたしました。第一弾として、大手新聞社、通信社、TV局など24メディアをパートナーとし、本日より公式アカウントの提供を開始いたしましたので、お知らせいたします。

 

LINEでは、「LINE」の豊富なユーザー基盤・高いアクティブ率を背景にしたプラットフォーム戦略の一環として、2013年7月よりスマートフォンニュースアプリ「LINE NEWS」を公開。その後、2014年4月には「LINE NEWS」公式アカウント(LINE ID: @linenews )を通じ、ニュースを1日3回ダイジェスト形式で配信する「LINE NEWS DIGEST」の提供を開始いたしました。「LINE NEWS DIGEST」では、①別のアプリやブラウザを立ち上げることなく、日常的に利用するLINEアプリ上からプッシュ配信でニュースを受け取ることができる点、②イメージ画像とシンプルな記事タイトルで、編集部が厳選した話題のニュースを視覚的に把握できる点などが評価され、ニュース・情報収集に積極的な層はもちろん、日常的にニュースに触れていない層にも利用を拡大してまいりました。

 

さらに、2015年4月には、「LINE NEWS DIGEST」で培ったノウハウを活かし、より細分化された情報の提供を行うべく、スマートフォン時代における雑誌の役割を担うサービスとして「LINE NEWS マガジン」を新設。「LINE NEWS マガジン」では、『東京トレンド』『野郎メシ』『動物萌え』等、ユーザーが自身の好みに応じて選択したマガジンを週1~2回程度、公式アカウントからダイジェスト形式でプッシュ配信を行うサービスとして、現在までに26マガジンを展開しています。

 

これらの取り組みの結果、さらなる利用者層の拡大に繋がり、2014年4月の「LINE NEWS」公式アカウント開設から13ヶ月となる2015年5月時点で、月間アクティブユーザー数(MAU)は1,200万人を記録、国内有数のニュースサービスとして成長しています。

 

/linecorp/ja/pr/account01.png

 

このたび発表した「LINEアカウントメディア プラットフォーム」は、これまで培った「LINE NEWS DIGEST」および「LINE NEWS マガジン」のノウハウを活かし、LINEの公式アカウントを使ったニュース配信機能を外部メディア向けに開放するものです。

 

これにより、参画メディアは自社の公式アカウント(LINEアカウントメディア)を開設後、当社より提供されるニュース配信CMS(コンテンツマネジメントシステム)を通じ、独自の視点で厳選したニュース記事をダイジェスト形式にパッケージングし、当該公式アカウントをフォローしているLINEユーザーに対してプッシュ配信することができるようになります。

 

また、当社側では、LINEアプリおよび「LINE NEWS」公式アカウントを通じ、参画メディアのアカウントへの集客(フォロワー増加)支援を行うほか、各メディアが配信するダイジェスト記事内に広告掲載スペースを提供することにより、収益化支援も行ってまいります(原則、発生した売上の50%をメディア側に分配)。

 

なお、第一弾として、大手新聞社、通信社、TV局など24メディアが参画、本日より公式アカウントの提供を開始しており、今後も順次、参画メディア数およびメディアジャンルの拡大を予定しております*。

*:参画に関するお問合せは、下記メールアドレス宛にご連絡をお願いいたします。

dl_linenews_oa_application@linecorp.com

 

昨今、インターネットにおけるニュース記事の消費チャネルとして、ポータルサイト(キュレーションアプリを含む)とソーシャルメディアが主流となっています。ポータルサイトにおいては、各メディアから配信されたニュース記事がポータルサイト単独の視点で選別され、ポータルサイトのブランドネームの下で提供されるため、ユーザーの手元に届く過程で、配信元メディアの存在や視点が削ぎ落とされてしまっているのが実情です。かたや、ソーシャルメディアにおいては、ユーザーがフォローしている友人・知人によって選別・共有された記事のみがタイムライン上で流通する形式となっており、視点の多様性が欠如している実態があります。

 

このたび発表した「LINEアカウントメディア プラットフォーム」の取り組みは、現在ポータルサイトに委譲されている、個々のメディアが持つ独自の視点・観点を、再度メディア側に回帰させると共に、ユーザーに対しては、各メディアアカウントによって独自の視点で配信されるニュースを気軽に受信し、見比べることができる機会を提供することにより、(従来のポータルサイト・ソーシャルメディアによる単一な視点に拠らない)多様な選択肢・観点を提供することを意図したものです。

 

LINEでは、「LINEアカウントメディア プラットフォーム」の展開により、メディア各社との連携を強化し、プラットフォームとしての更なる成長・拡大を図ってまいります。

 

<スタンププレゼントキャンペーン>

このたび「LINEアカウントメディア プラットフォーム」の展開開始を記念して、参画メディアのアカウントの中から計3メディアを友だち登録したユーザーに「選べるニュースX大長編ドラえもん」スタンプをプレゼントいたします。

―対象期間:2015年12月1日(火)~2015年12月28日(月)

/linecorp/ja/pr/account02.png

 

<参考>

■配信ニュース画面例

 

/linecorp/ja/pr/account03.png

 

■各メディアの購読方法

(1)「LINEアカウントメディア」特設ページ内から友だち追加

   1)「LINE」アプリ内、その他>「LINE NEWS」内の「第1弾ラインナップはこちら」をタップし、特設ページに遷移。もしくは、下記URLより直接遷移。

      「LINE メディアアカウント」特設ページURL: http://line.me/R/ch/1391620050/channel/campaign/151201/

     *LINEアプリがインストールされているスマートフォンからアクセスが可能です。

 

   2)「LINE メディアアカウント」特設ページ内で、購読したいメディアの「追加」ボタンをタップすると友だち追加。

 

/linecorp/ja/pr/account04.png

 

(2)公式アカウント一覧から友だち追加

   1)「LINE」アプリ内、その他>「公式アカウント」内“ニュース”カテゴリーから購読したいメディアを友だち追加。

 

■第一弾参画メディア

媒体名 LINE ID
朝日新聞デジタル  @oa-asahishimbun 
毎日新聞  @oa-mainichi 
産経ニュース  @oa-sankeinews 
時事通信ニュース  @oa-jiji 
BBC News  @oa-bbcnewsjapan 
AFPBB News  @oa-afpbb 
テレビ朝日  @oa-tvasahi-geinou 
スポーツニッポン  @oa-sponichi 
日刊スポーツ  @oa-nikkansports 
サンスポコム  @oa-sanspocom 
スポーツ報知  @oa-sportshochi 
デイリースポーツ  @oa-dailysports 
ORICON STYLE  @oa-oriconstyle 
ダイヤモンド・オンライン  @oa-diamondonline 
ニューズウィーク日本版  @oa-newsweekjapan 
PRESIDENT  @oa-president 
現代ビジネス  @oa-gendaibusiness 
映画.com  @oa-eigacom 
サッカーキング  @oa-soccerking 
TechCrunch Japan  @oa-techcrunchjapan 
アスキー  @oa-ascii 
クックパッドニュース  @oa-cookpadnews 
Fashionsnap.com  @oa-fashionsnap 
All About  @oa-allabout